モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年2月

レストランでの飲み物(2)



みなさんは、レストランでどんなカクテルをオーダーされますか?
私は、アルコールも炭酸系のソフトドリンクも苦手なので、
画像の飲み物を頼みます。
Pina Colade(ピニャ・カラーダ)です。
ピニャ・カラーダはスペイン語で、パイナップル峠と言う意味です。

ピニャ・カラーダは、ラムベースのトロピカル・カクテルです。ラム、ココナッツミルク、シロップ、パインジュースをシェイクして、クラシュドアイスに注いだものです。ココナッツミルクにパイナップルジュースが調和して、とても飲みやすいカクテルです。ハワイが発祥の”チチ”は、ウォッカがベースです。

ビニャ・カラーダは50年代にカリブ海のプエルト・リコで産まれたとされています。その後、ラムベースをウォッカベースに変えられて、ハワイで”チチ”が産まれました。そう、ピニャ・カラーダとチチは兄弟カクテルなのです。どう違うのか、アルコールに強い方、飲み比べてみてください。

えっ、確かアルコールは苦手のはずでは?
そう、私はアルコールが苦手なので、ラム抜きでお願いします。
アルコール抜きを、英語では、”バージン”をカクテルの前につければいいのです。
だから、私が飲むカクテルは正確には、”バージン・ピニャ・カラーダ”です。
ハワイでは、たいていのレストランのメニューにあるはずです。
トロピカルな味がして、いかにもハワイという感じです。

一度試してください。おいしいですよ。

車のナンバー・プレート



ハワイの車のナンバー・プレート(アメリカではライセンス・プレートといいます)は、アルファベット3文字と数字3文字の6文字で構成されるのが基本です。

乗用の場合は、前半3文字がアルファベットで後半3が数字(例:ABC123)、
貨物の場合は、前半3文字が数字で後半3文字がアルファベット(例:456DEF)
という原則があります。この他に個人が希望するナンバー・プレートを作れるカスタム・ナンバー・プレートというものもあります。

カスタム・ナンバープレートの条件は意外と簡単なもので、
1) 6文字までのアルファベットまたは数字、又はそのコンビネーション。
2) 6文字に追加して、ハイフンを入れることも可。
3) 文字と文字の間にスペースも1文字として数えて入れることも可。
というもので、追加登録料25ドルが必要となります。

もちろん、既に登録されているものは登録できません。ホノルル市郡政府ホームページには、その場で希望するナンバー・プレートが可能かどうかを調べることが出来るサイトがあります。試してみましたが、私の名前はOKでしたが、PANDAは登録済です。

よく見るカスタム・ナンバー・プレートは、会社名や人の名前などですが、よく見かけるビールのバドワイザーを運ぶトラックのナンバー・プレートは、最初の3文字がBUDです。

また、役所関係の車両も固有の3文字を使っています。
ホノルルの市バスは、BUS
ホノルル警察は、はHPD(Honolulu Police Department)
消防署は、HFD(Honolulu Fire Department)
水道局は、BWS(Board of Water Supply)などと決まっています。

みなさんの希望するナンバー・プレートをホノルルで登録することができるかどうかを調べることができます。こちらで調べてみてください。色々試してみると面白いです。
TOKYO, OSAKAはもう登録済みですが、私の出身地NAGOYAはまだ未登録です。
やはり、名古屋はメジャーではないのですかね。なんか寂しいです。

画像のライセンス・プレートは、以前にスワップミートで手に入れたものです。すでに廃棄されたのか、IM−RICH は現在登録できるようです。このライセンス・プレートを付けていた車は、どんな車だったんでしょうか。ボロ車だったら微笑ましくなりますが、高級車だったら眉をしかめますね。

ランキング(オアフ島ホテル編)



地元ハワイのビジネス新聞に、パシッフィク・ビジネス・ニュースがあります。
そこが毎年ハワイの色々なランキングを紹介した雑誌を出しています。
「Book of Lists '09」$24.95からおもしろいランキングを紹介したいと思います。

オアフ島のホテルから客室数によるランキング・ベスト25(*客室数)

1. Hilton Hawaiian Village Beach Resort & Spa ( 2,860)
2. Sheraton Waikiki Hotel ( 1,695)
3. Waikiki Beach Marriott Resort & Spa ( 1,310)
4. Hyatt Regency Waikiki Resort & Spa ( 1,230)
5. Ala Moana Hotel ( 1,176)
6. Sheraton Princess Kaiulani ( 1,152)
7. ResortQuest at the Waikiki Banyan ( 876)
8. Pacific Beach Hotel ( 837)
9. Hale Koa Hotel ( 817)
10. Moana Surfrider, A Westin Resort ( 793)
11. Aqua Island Colony ( 740)
12. Ohana Waikiki West ( 661)
13. ResortQuest Waikiki Beach Hotel ( 644)
14. Outrigger Reef on the Beach ( 639)
15. Hilton Waikiki Prince Kuhio ( 601)
16. Mile Sky Court ( 596)
17. The Royal Hawaiian ( 526)
18. Outrigger Waikiki on the Beach ( 525)
19. Hawaii Prince Hotel & Gold Club ( 521)
20. Ohana Waikiki Beachcomber ( 493)
21. Turtle Bay Resort ( 464)
22. Halekulani ( 455)
23. Ocean Resort Hotel Waikiki ( 447)
24. Ohana East Hotel ( 441)
25. ResortQuest Waikiki Sunset ( 435)

ダントツのヒルトンは言うまでもないでしょう。
9位のハレコア・ホテルは、ヒルトンとハレクラニの中間点にあるホテルです。
フォート・デルシー公園の海沿いにある米軍専用保養施設で、米軍の関係者しか泊まれないホテルですので、あまり一般的なホテルではありません。

7位のバニヤン、11位のアイランド・コロニー、25位のサンセットは、コンド・ホテルで、賃貸・投資として人気のあるコンドです。1ベッド・1バス(17坪)で3,000万くらいで買えるようです。私も、ハワイに引越しする際には色々物件をみせてもらいましたが、住むとなるとやはり躊躇しました。投資目的の日本人のオーナーが多いようです。

25年前の初めてのハワイでの宿は、4位のハイアット・リージェンシ・ーワイキキでした。やはり、初めてのホテルは思い出に一番残ります。
さて、みなさんはどうでしょう?

歩行者も罰金



ダウンタウンで、画像のようなサインを見つけました。「時間をかけて、安全に渡りましょう!」 ジェイ・ウォーキングとは、横断歩道のない所や信号を無視して横断することです。

ここ2、3年前から、道路横断の取締りが厳しくなっています。歩行者の無断横断での交通事故が多かったことが原因のようです。

2007年の3月の新交通規則施行当時、警官がワイキキやダウンタウンの各所で、道路や横断歩道の状況を見張り違反者を取り締まっていました。交通違反は、車を運転している人だけが対象ではなく、歩行者にも適用されます。あの道幅が狭く、つい渡ってしまいがちなワイキキ・ビーチ・ウォーク(ルワーズ通り)で違反切符を切られたなんて話しも聞きました。

歩行者への罰金は違反の種類にもよりますが、130ドル+となっています。2年前は確か、80ドルだったのに、罰金も値上がりしたようです。

ワイキキは、ハイヤット・リージェンシー・ワイキキ周辺のカラカウア通りが要注意です。横断歩道でない所を軽い気持でひょいと渡って、罰金130ドル!泣くに泣けません。せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいます。

ちなみに自転車に乗る時も、車と同じように道路交通法を守らないと、チケットを切られてしまいます。特にワイキキは一方通行の道が多いので、自転車でも逆走しないように注意しなければいけません。

レンタカーの運転者のみなさんも気をつけてください。横断歩道に歩行者がいれば、運転者は止まらなければなりません。運転者の罰金は、初回が150ドル、一年以内に2回目の反則を起こした場合、300ドルの罰金と90日間の運転免許の取り消しになります。

誰だって、事故の被害者にも加害者にもなりたくありません。ルールを守ることは当然ですね。

チャイナタウンのバナナ



私は、朝食にバナナを1本食べます。同居人はバナナを食べないので、自ら一週間に一回、バナナの買出しに出かけます。

チャイナタウンにつるされているバナナの写真はよく見かけることでしょう。お店によって、いろいろ値段が違うのでおもしろいです。今の相場は、1ポンド/59セント〜99セントでしょうか。わかり易く言えば、大きめのバナナ6〜7本が、120円〜200円です。大きめと言いましたが、日本のバナナの倍近くある大きいバナナです。

お値打ちなバナナを探すわけですが、いつも5〜6軒をチェックしています。もちろん、高いバナナはパス。だから、いつも違うお店で購入しています。昨日安く買えたお店が、次の日に安いとは限りません。

野菜やフルーツは、ほとんどチャイナタウンで仕入れています。セーフウェイより安く新鮮で、消費税も払わなくてもいいので。でも、カリフォルニアの物価と比べると、ハワイは特別高いです。ハワイの物価の高さは、アメリカではよく知られたことです。日本並みです。物によっては、日本以上でしょう。

ハワイでは、以前より仕事を2つ持たないと生活できないと言われています。旅行で訪れるのにはパラダイスですが、生活するとなると違う世界になります。最近私の周りでも、本土に引っ越す人が増えています。オバマさん、早くチェンジしてください。


親切なバス The Bus



思いやりのあるハワイの Kneeling Bus 「ひざまずくバス」。

ハワイのバスは、とてもやさしい。バス停に止まると、乗客が乗り降りやすいように、通路側に傾いてくれます。まるで、バスが乗客にお辞儀するみたい。

Kneeling Busと表示のあるバスは、矢印↓のように、「ピーピーピー」と音を立てて傾いてくれます。まさに「ひざまずくバス」 私のように足の悪い人間にはありがたいバスです。

料金の2ドルに慣れっこになってしまったけれど、75セントで乗れた時代があったんだよね。そうそう、2ドルに値上げの前にバスが1ヶ月以上もストライキして、2003年には大きな問題になった。ストライキ後の5日間は、タダで乗り放題なんてこともあった。

値上げ後、乗り換えのトランスファー・チケットのチェックが甘くなったような気がする。基本は2時間だけれど、渡されたチケットを見ると3〜4時間だったりする。
トランスファー・チケットで乗車する場合も、運転手は全然チェックしていない。

記念25セント硬貨



つり銭をもらうと、25セント硬貨のデザインが時々違うことに気づきます。

1999年からアメリカ合衆国50州記念25セント硬貨が、毎年5種類ずつ、州として認められた順に10年かけて発行されました。
そして、去年ハワイが最後の50州として発行されました。

日本にいる友人の一人が収集しています。彼女は、7年前にアメリカ旅行してから、収集を始めたのですが、昨年に収集が完結しました。どうしても集まらない州のリストをもらったので、記念コインホルダーと共に私が足らない州を集めてプレゼントしました。

思えば、1999年のデラウエア州のコインが発行された頃は、みなが収集を始めたものでした。私も、カリフォルニアにいたので、気にして集めだしたのでしたが、2年もすると収集熱も冷めてしまいました。当時は、どこにでもたくさんの種類の記念コインホルダーが販売されていました。ロングスでは、レジの近くにも置いてあったような記憶があります。今は、ホルダーの種類も少なく、捜すのに苦労します。

昨年、ハワイ州のコインが発行されて50州がそろったところで、私も収集を始めてみました。つり銭に記念硬貨があったりするとうれしいものです。まして、自分の持っていない州のコインだとさらにうれしくなるものです。完結に近づいてきました。

今からでも、すべての州を集めることは可能のようです。集め始めて気づいたことがあります。発行枚数が州によってバラつきがあるのです。今でも、古い1999年、2000年発行のコインが見つかります。2000年発行のバージニア州は15.9億枚で、2008年のオクラホマ州は4.1億枚。古い物より、最近発行の物のほうが、発行枚数が少ないようです。

50州のコインが揃ったところで、この完結コインセットの販売がTVショッピングや新聞のチラシに見られるようになりました。驚いたことに、未使用のセットが19ドル95セント。25セントが50枚で、12ドル50セント。しかも、このセットには2004年〜2006年に発行された、4枚の記念5セントが付いてきます。もう少しで、オーダーしそうになりました。

実はこの記念25セント、フィラデルフィア(Philadelphia)造幣所(東部)にて製造されたMint mark Pと、デンバー(Denver)造幣所(西部)で製造されたMint mark Dがあります。従って、合計100種類発行されています。ハワイやカリフォルニアは西部に位置しデンバーが近いので、ほとんどのコインがDです。ニューヨークのような東部ではPが多いのですが、マニアは2種類50州を集めるのでしょうね。
TVショッピングでは、PとDの100枚セットは、豪華特別ホルダー付きで、98ドル。

どうしても短時間に集めたい人は、銀行に行って10ドルで、25セント硬貨の一包みと交換してもらうといいでしょう。40枚の内、何枚かはお目当てのコインがあるはずです。買い物のたびに、おつりを記念コインがあったらほしいと伝えるのもいいかもしれません。コインショップで、インチキして購入する方法もあります。ショップでは、この記念25セントが1ドルで販売されています。テネシー州のように、2ドルする州もあります。

コインと切手に興味ある人は、ダウンタウンに切手&コインショップがあります。

レストランでの飲み物(1)



みなさんは、レストランでどんな飲み物をオーダーされますか?
私は、アルコールも炭酸系のソフトドリンクも苦手なので、
いつも画像の飲み物を頼んでいます。
いろいろ試してみましたが、これに落ち着きました。
プランテーション・ティです。

アイスティにパイナップルジュースを加えたものです。
ハワイでは、たいていのレストランのメニューにあるはずです。
トロピカルな味がして、いかにもハワイという感じです。
私は、パイナップルジュースを少し多めに入れてもらいます。

この飲み物のいい点は、コーヒーみたいにリフィル(お代わり)ができることです。
行きつけのレストランでは、残り少なくなると、新たにドリンクを持ってきてくれます。
でも、ワイキキあたりの、せこいレストランでは、リフィルはちゃんと加算するところも
あるので注意する必要があります。
The refill is free? と確かめた方がいいかもしれませんね。

ハワイでは、飲み物のコースターもいろいろな物があって面白いですね。
この Kona Brewing Co. のゲッコーのコースターもかわいいでしょう。
ハワイのコースターはちゃんと裏もプリントされているものもあります。
きっと、コースターのコレクターもいるんでしょうね。

初体験 スパムむすび



近くに、韓国系のおじちゃんとおばちゃんがヤッテいる小さな食品店がある。
お店にあるのは普通のアメリカのスナックにドリンク。
韓国の偽「かっぱえびせん」も置いてある。
お店のテレビは、4チャンネルの韓国放送が一日中付けっぱなし。
ダウンタウンの一角にあるだけに、近くに勤める人たちがよく出入りしている。
ホットドッグ、フライドチキンなどの簡単なパック売りもある。
レジの脇には、スパムむすびが山積みになっている。

もう、何十年もハワイと付き合っているのに、去年までスパムを食べたことがなかった。ただの食わず嫌いだった。

相方から、スパムのネガティブな情報ばかりを聞かされてきたから、つい食べないできた。アメリカでは、スパムは一般的な家庭では食べない。実際、アメリカ本土でスパムを食べたことがない。周りでスパムを食べる人もいなかった。法を破り南方の国境を越えてきた人が、食べる物みたいな認識しかなかった。

手ごろな値段で、賞味期限が長い製品なので、やはり消費者層は限られている。ハワイは、そういう意味では、本土とは少し文化が違う。スパムの消費量が、飛びぬけてハワイが一番からもわかる。炊いたご飯との相性がぴったりのスパムを海苔で巻いた「スパムむすび」を考えたのは、おにぎり文化を持っている日系人であることは間違いない。先人の英知の産物、日本人の自分も食べない理由は何もない。

自分の中では、おにぎりに缶詰の肉というミスマッチという先入観もあり、長く、このおいしい物を食べずにきた。

そして、先の韓国系のおばちゃんの手作り「スパムむすび」($1.50)を、ある日食べてみた。ブロガーのみなさんが、美味しいと言うのについ、手が伸びた。
お〜い〜し〜い!!!本当に、お〜い〜し〜い!!!
ここの「スパムむすび」は、ご飯にふりかけがまぶしてあり、焼き玉子がスパムの下に挟んである、これがお〜い〜し〜い!!!一晩、冷蔵庫に置いてもチンすれば、出来立ての「スパムむすび」みたいにおいしい。

ネットがなかったら、一生食べなかったかもしれない「スパムむすび」。
シマブクロさん、韓国のおばちゃん、マハロ&カムサハムニダ。

映画 C・イーストウッド 「グラン・トリノ」



Gran Torino(グラン・トリノ)を観てきました。

2004年度のアカデミー賞主要4部門を総なめにした「ミリオンダラー・ベイビー」など数々の傑作を世に送り出してきた名監督であり、長年にわたって俳優としてもハリウッドのトップで活躍してきたクリント・イーストウッドの作品です。

彼の監督最新作であり、俳優引退作と囁かれる「グラン・トリノ」が、公開されるや全米で興行収入1億1,000万ドル(2月3日付)を突破し、自身の監督作で過去最高となる興行成績を達成している。惜しくも今回は、アカデミー賞ノミネートとはなりませんでした。

この作品のイーストウッドは78歳、背筋がピーんと伸び、未だにカッコイイ。とても78歳とは思えません。彼は一貫して、正義に立ち向かう男を演じてきました。「グラン・トレノ」を観ても、彼の主義主張に一点のぶれも見られません。

全米の批評のとおり これは「ダーティハリー」のハリー・キャラハン刑事の後日談のようなストーリー展開に、あの時代を知る映画ファンは魅了されます。イーストウッドが、キャラハン刑事にオマージュを捧げている「グラン・トリノ」は、驚くほど女性客を集めたそうです。全体の52%が女性で、40%以上が50歳以上、25%が25歳以下だったという数字が出ています。

クリント・イーストウッドは、アメリカについての映画を撮り続けてきました。この映画で用いられている1972年製のフォード社のグラン・トリノも朝鮮戦争の思い出も、良きも悪きもアメリカを象徴している。先の監督作品「チェンジリング」もそうでした。

高校生の時に観た「荒野の用心棒」(1967)以来、ずっと彼の作品を観てきました。残念ながら、やはり、この作品は彼の最後の出演作品になりそうな気がしてなりません。棺に横たわる彼の姿は、まるでファンに最後だと知らせるのに十分なメッセージのように思えます。

「グラン・トレノ」 年を重ねた者にしか表現出来ない主人公の心描写には、本物の優しさがあり、老いたからこそ監督・主演が可能な、見る者の心にグッと迫る説得力のある秀作でした。

サンフランシスコからロサンゼルスに南下する途中に、カーメルと言うおとぎの国のような町があります。ハイウェイ101の海岸沿いにある小さな町です。人口5,000人の街に、年間800万人以上の観光客が訪れるカリフォルニアの観光スポットです。郊外に住むクリント・イーストウッドが、30年ほど前に市長になって一躍有名にした町です。

エンディングテーマの1st Verseのイーストウッドのヴォーカル・・・ 渋い。

いつも私は、映画をRegal Theatres Dole Cannery 18 で観ます。隣のコスコで、ここの安いチケットを買って観ています。コスコ、マハロ。

「Go ahead, Make my day!」
「ダーティ・ハリー」で演じたキャラハン刑事の名台詞