モーハワイ☆コム

カテゴリー:カネオヘ

チャイナマンズハット



ワイキキからパリハイウェイの2つのトンネルを抜け、コウラウの峠を越えると目の前に見えてくるのがカイルアの青い海。いつ見てもワクワクする光景です。視線を少し左に移すと、カネオヘ湾の北の海の中にぽっかり浮かぶ島が見えます。

通称チャイナマンズ・ハットと呼ばれるクアロアビーチ沖に浮かぶ島は、ハワイ語ではモコリイ島と呼ばれています。(日本語の「もっこり」と覚えると二度と忘れません) もちろん通称のチャイナマンズ・ハットは、中国人が被っている帽子に似ていることからそう呼ばれています。

チャイナタウンでは、この帽子を被って歩いている人物をよく見かけます。この格好が似合うのはやはりチャイナタウンです。残念ながら、チャイナマンではありません。白人ですが、立派なあごひげが帽子によく似合っています。1997年にディーン・ハウエルが絵本「チャイナマンズ・ハット物語」を刊行しています。

中国に美しい小さな村がありました。その村には、リックビーンという男の子とメイメイという女の子の仲のいい子供がいました。リックビーンのお気に入りはメイメイが作ってくれた帽子です。

リックビーンには、大きな悩みがありました。彼の体はとても小さく、メイメイとはつり合わないのではないかと考えていました。ある日、リックビーンは漢方薬のお店を訪ねました。体が大きくなる薬を調合してくれるよう頼みます。

漢方薬のお店を出ると、注意されたのにもかかわらず、薬を一度に全て飲んでしまいました。リックビーンの体は、あっという間に大きくなっていきました。今度は大きくなりすぎて、メイメイとつり合うどころではありません。メイメイにこんな体を見られたくはありません。

リックビーンは、村を後に海に出ました。彼はメイメイが作ってくれた大好きな帽子をもう被ることができません。悲しくなり、リックビーンは暗く深い海に飛び込みました。そして、深い眠りにつきました。潮の流れに乗って、リックビーンは南の島に流れ着きました。

オアフ島を一周するドライブでは、クアロアビーチパークで休憩して写真を撮る人もいることでしょう。干潮時には海水が腰くらいにまで引き、浜から歩いても渡れるチャイナマンズハットのモコリイ島ですが、私はこのチャイナマンズハットを見ると、メイメイが作ってくれた大好きな帽子を被ってリックビーンがここで眠っているように思ってしまいます。

*なぜ今、月曜に花火が?

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

3250

マカダミアナッツ・ファームで一休み



オアフ島に10年も住みながら、まだ訪れていない場所がたくさんあります。オアフ島唯一のマカデミア・ナッツ農場もその一つ。

もともとは1987年に道路脇の小さいお店からスタートしたのが始まりだそうです。ワイキキからノースショアに行く場合、右回り、左回りでオアフ島をドライブすると必ずマカダミアナッツ・ファームの前を通ります。私は今までに、一度も足を止めたことがありません。ダウンタウンからパリハイウェイを経由してカイルア、カネオヘを通ってノースに車を進めます。クアロア牧場のすこし手前の海側に「トロピカル・ファーム」(マカダミアナッツ・ファーム)があります。ドライブの休憩にぴったりの場所です。

以前は立ち止まる人も少なかったでしょうが、今は大型バスが何台も駐車できるほど大きな観光スポットになっています。オアフ島一周ツアーの観光スポットの一つになっているようです。建物の中は、特産のマカダミアナッツはもちろん、ハワイの特産品がたくさん販売されています。休憩にいいのには、ここで商品が試食、試飲ができるのです。大型バスから降りてくる観光客がお店にどっと押し寄せる光景は、日本の観光地のお土産屋さんのようです。

大型観光バスが止まると、観光客でお店はいっぱいになります。まず、コーヒーの試飲コーナーが来客を迎えてくれます。 試食、試飲に人は群がり、商品がそれなりに売れているようです。マカダミアナッツは、シナモン、コーヒー、ハチミツ、ワサビなど何種類もの味付けがあります。商品の前にはサンプルが置かれていて、試食ができます。

ここには、また園内ツアー(15ドル)も毎日あるようです。モスグリーン色のバスに乗って、園内の熱帯植物やフルーツの説明が受けられる1時間のポリネシア体験ツアーです。まだまだ私の知らないハワイがたくさん存在しています。ワンダーランド、ハワイは決して私を飽きさせません。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ















ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

ハワイの平等院



世界遺産にも登録されている京都宇治市の平等院がハワイにもあります。日本の1万円札と10円硬貨のデザインになっている日本人にはとても馴染みのある寺院です。

カネオヘにある Valley of the Temples Memorial Park と言う公園墓地内の路を進んでいくと、一番奥に鮮やかな朱色の平等院が緑のコウラウ山脈を背景に見えてきます。1052年に建立された京都の平等院を模して、1968年にハワイへの日本人移民100周年を記念して、建立されたものです。この広大な墓地公園では、キリスト教から仏教までさまざな宗教のお墓を見ることができます。「仏の救済はすべてに平等」と平安時代に建立された平等院ですが、このハワイの平等院もさまざまな宗教のお墓が眠る場所になっています。

外国人観光客に人気のある場所のようです。私が訪れた日も大型観光バスから、たくさんの観光客が訪れていました。日本の歴史ある建造物のレプリカを観光する外国人観光客をハワイで見るのは、何か不思議な感じです。3ドルの入場料を払って、境内に入っていくと立派な鐘楼(鐘つき堂)があります。ここは誰でも自由に鐘をつくことができます。京都平等院の梵鐘は、日本三名鐘のひとつにも数えられているそうですが、このハワイの梵鐘もオリジナルとそっくりに鋳造されています。鳳凰、飛天、獅子、唐草などの模様までそっくりです。大阪で鋳造された梵鐘は5フィート(1・5m)、3トンある立派なものです。観光客のつく鐘の音が、コウラウの静かな裾野で厳かな気持ちにさせてくれます。

阿弥陀如来坐像が安置されている中堂は、日本のように土足では入れません。中央の扉を開放すると、柱間の格子は本尊の頭部の高さに円窓が設けられていて、建物外からも本尊阿弥陀如来の面相が拝めるようになっているのは、京都平等院と全く同じです。中堂の屋根の上には、1万円札のモデルの鳳凰像が据えられています。ハワイの平等院がコンクリート製であることを除けば、京都の平等院を見ているようです。

堂内の阿弥陀如来坐像も立派なものです。いぬい・ますぞう氏による、日本国外に存在する木造最大の阿弥陀如来像です。9フィート(3m近い)もある見事なものです。オリジナルの阿弥陀如来像と大きさも同じで、中途半端なものではありません。京都の国宝級の如来像にも負けない風格があります。

鳳凰堂や仏像が同じだけでなく、建物正面中央の石灯籠、鐘楼の位置、池の形まで模倣されています。もちろん、建物は京都と同じように東向きで、参拝者が阿弥陀如来像を拝むと西方浄土を向くことになります。模倣もここまで徹底されると、本当に見事としかいいようがありません。

京都の木造平等院は長い月日を経て色あせてしまいましたが、950年以上前の創建当時はハワイの平等院のように鮮やかな朱色に彩色されていたはずです。静寂の中、苔むす岩の合間を流れる小川のせせらぎは、ハワイのものとは思えません。竹林の葉が風に揺れ、擦れる音に耳をすますと、平安の京都にいるような錯覚さえします。今度またゆっくり訪れたいと思うハワイの平等院でした。

ハワイの金閣寺
 
*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
  応援クリックよろしくお願いします。マハロ

















 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

2373

カネオヘの人気パンケーキ



以前はローカルしか行かなかったレストランにもネットで情報が手に入る時代になり、こんな所まで旅行者が訪れるようになりました。バスでも行けますが、最近はレンタカーを利用する人が増えたのでしょう。

カネオヘのウインドワード・モールから歩いてもいけるローカルに人気の「コア・パンケーキ・ハウス」。中国系の夫婦が1988年に始めて、今でも家族経営されています。このカネオヘがオリジナル店で、今ではこのお店の看板を掲げているお店が他に5店ありますが、ホームページにはこのカネオヘ店が掲載されていません。また、目玉のパンケーキのメニューも少し違います。経営者が違うのでしょうか。

このカネオヘのお店は、週末の朝にもなると入店を待つ人の行列ができます。ローカルに人気なのは、安くておいしいに尽きます。メニューを見ても一番高いものでも、9ドル95セントで10ドルを超えるものはありません。以前来た時より、少し値が上がっていますが、依然としてお値打ちです。

パンケーキ、クレープ、ワッフル、ロコモコのブレックファースト・メニューは終日食べられ、ランチのコンボ・スペシャルは、カルビ・照り焼きビーフ・照り焼きチッキン・マヒマヒ・チキンカツ・フライド・シュリンプから2点を選んで、ライス・サラダが付いて8ドル95セント。

このお店の人気商品イチゴとウィップ・クリームのパンケーキがショート(3枚)で7ドル50セント、普通(5枚)で8ドル95セント。大食いでなければ、ショートでも十分です。ここのパンケーキには、普通シロップとココナッツシロップに加え、ハウスオリジナルの新鮮なマーマレード(オレンジ汁)が出てきます。シロップの甘さに負けて、妙にほろ苦かったりして、パンケーキとよく合っています。体にもやさしそうです。クリームやイチゴも見た目ほど甘くはなく、おいしくいただけます。

もちろん、ランチにはサンドイッチ&ハンガーガーも食べられます。注意しなければいけないのは、このお店、開店はは6:30オープンですが、閉店は午後2時になっています。午後2時に閉店しても、十分利益を上げられる人気レストランです。店内はあまり広くないので、いつ行ってもお客さんが入っています。

カイルアのブーツ&キモズほど旅行者はいませんが、日本からのお客さんが増えていくと、そのうち日本語メニューが出てくる日がくるのかもしれません。

KOA Pancake House
46-126 Kahuhipa St. Kaneohe,
235-5772
Mon – Sun 6:30am – 2:00




1131

ハレイワにないハレイワ・ジョーズ



ノースショア・ハレイワのにあるハレイワ・ジョーズは、いろんなブログでも紹介されていますが、カネオヘのハイク・ガーデンのハレイワ・ジョーズはローカルご用達で旅行者にはあまり知られていません。

場所は、リケリケ・ハイウェイからも近いカネオのハイク・ヴィレッジと呼ばれている緑に囲まれた住宅街の中にあるハイク・ガーデンにあります。大きな看板もなく、知らなければなかなか行けないところです。ディナーでは、ほぼ100%がローカル。週末のディナーでは、1時間近く待たされることもある人気レストランです。

窓の外にはハイク・ヴァレーの美しい緑が一面に広がり、この空間でウェディングをあげることもできます。ワイキキの喧騒はここになく、緑に囲まれたレストランです。以前はチャートハウスだったのが、5年ほど前にハレイワ・ジョーズに変わりました。

ハレイワにないハレイワ・ジョーズはカネオヘ、カリフォルニアのパーム・スプリングスにもあります。海を見ながら食事をするのもいいですが、たまには山を見ながら緑の中で食事するのもいいでしょう。





1216