モーハワイ☆コム

カテゴリー:ラスベガス

ラスベガスでショウ



ハワイは楽園リゾートのテーマ・パークですが、ラスベガスは大人のテーマ・パークです。夜のショウも数々あって退屈させません。ニューヨークのブロードウェイがそのままラスベガスに引っ越してきたようでワクワクします。

私が滞在している間には、すでにロングランの「ライオンキング」「オペラ座の怪人」の他、カナダの人気サーカス団シルク・ドゥ・ソレイユによるアクロバットショーもありました。私が楽しんだのはパラッツォホテルのミュージカル「ジャージー・ボーイズ」。このミュージカルは、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、オールディーズが好きな人なら鳥肌ものです。

2004年に初演された「ジャージー・ボーイズ」は、翌年の2005年にブロードウェイに進出。同年にはトニー賞を受賞した、現在も大人気のミュージカルです。この作品は、1960年代に正統派アメリカン・ポップのグループとして大活躍した「ザ・フォー・シーズンズ」のメンバー、フランキー・ヴァリの実話を描いたストーリーです。4人がニュー・ジャージー出身から「ジャージー・ボーイーズ」。音楽に詳しくない方も、彼らの代表作のメロディーは一度は聞いたことがあるはずです。「シェリー」「バイ・バイ・ベイビー」など34曲を聞かせてくれました。「バイ・バイ・ベイビー」は、英国ではベイ・シティー・ローラーズがカバーしています。「アップタウン・ガール」は、ビリー・ジョエルがカバーしています。

ステージセットの無駄のなさ、そして驚くべきことが役者がすべて完璧に近いショウを見せてくれることです。アメリカのタレントの豊富さを思い知らされます。4人の背格好もオリジナルに近く、そして全員が楽器を弾いて歌を聞かせてくれたりで、ステージの世界に引き込まれていきます。全員が実力派の役者であり歌手です。私が見たフランキー・ヴァリを演じていた travis Cloer はブロードウェイでも演じています。すてきな2時間半の時間があっという間に過ぎました。時代背景が60年代〜70年代だけに年配の観客が多く、昔を懐かしむ人が多いようでした。でも、若い人も楽しめるショウです。

カジノや買い物だけでなく、世界の超一流のショウを楽しむことができるのもラスベガスの楽しみです。やはり、ラスベガスは大人のテーマ・パークで、また行きたいと思わせる魅力を持っています。


私の大好きなバラード「 Can't Take My Eyes Off You 」



1261

ハワイとラスベガス



ラスベガスでハワイからの旅行者がジャックポットで150万ドル(約1.3億円)の大金を当てたと先週20日ニュースになっていました。

ホノルル在住の、日系のジェームス・ハラダさんは、ハワイ人がよく利用する私も今月泊まったカリフォルニア・ホテルに滞在して、19日同系列のお隣のフリーモント・ホテルで150万ドルを当てたのです。ウィール・オブ・フォーチュンのスロットなので、基本は1ドルですが、きっと複数の3ドルを賭けて本当にフォーチュンを獲得されたのでしょう。羨ましい限りです。

ラスベガスのそれぞれのカジノでは、顧客の囲い込みにポイントカードを発行してくれます。ポイントによって景品がもらえたり、優待を受けたりすることができます。私も今回、MGMミラージュ・グループを始め5枚ほどカードを作ってきました。ゲームを始める前に、マシーンにこのカードを通すと、「ようこそ、○○さん」とメッセージが出てきてスロットなどができます。そして入金ごとにポイントが貯まるようになっています。ラスベガスはリピーターが多いので、こんなシステムも存在するのでしょう。

ホノルルの新聞の日曜版のトラベル紙面には、ラスベガスで大金を当てたハワイ市民が写真入りで載っていたりします。「ミリラニの鈴木さん、200万円獲得!」大金になると必ずニュースになります。ウクレレ演奏者のジェイク・シマブクロのおばあちゃんも大金を当てています。

一般ハワイ人には、とても近いラスベガス。私も、近い将来、是非この新聞欄に幸運の笑顔を見せたいと思っています。





1167

どこのABCストア?



ハワイに来た者なら、一度はお世話になっているABCストア。ハワイのオアフ島に39店、マウイ島11店、ハワイ島5店、カウアイ島3店、グアム8店、サイパン2店を所有するABCストアは、メインランドのラスベガスにも開店しています。ラスベガスでは8店を開店しています。

ラスベガス1号店はハワイ住民の常宿ホテル、カリフォルニア・ホテルより1ブロックのダウンタウンの一等地で、店の雰囲気も従来のハワイ店舗とはガラリと変わり、明るい派手な照明のラスベガス・スタイルになっています。この店舗準備費は従来の支店の4倍以上かかったそうですが、ラスベガスではやはり派手な電飾にお金がかかっていそうです。

ラスベガス観光の中心は、ストリップと呼ばれるラスベガス・ブルーバード(Las Vegas Blvd)沿いの約6kmに立ち並ぶホテルカジノ街。そのストリップの沿道沿いにもABCストアがあります。ワイキキのように1ブロック行けば、また別のABCストアを見つけることができるわけではありませんが、このストリップのABCストアはかなり人気がありそうです。お店の中は、ハワイグッズがラスベガスに変わっただけで、ワイキキのお店の品揃えとあまり変わりません。でも、ハワイのコナコーヒーやマウナ・ロアがあったりして、なぜかほっとしたりします。

ハワイ生まれの企業で米本土進出に成功した企業はクレイジー・シャツ等がありますがが、ABCストアもそのグループに入れるのでしょうか?ラスベガスでは、おらが郷土のABCストアと妙に親近感を感じてしまいます。きっと、私もこの8年間でしっかりハワイ人になっているからでしょう。ABCストア、がんばれ!





1209

ハワイ人が泊るホテル



「ホテル・カリフォルニア」はイーグルスの名曲ですが、ラスベガスでハワイ人が宿泊するホテルが「カリフォルニア・ホテル」です。予備知識として80%がハワイ人の宿泊客と聞いていましたが、実際はほぼ100%ハワイ人でした。

このホテルを所有するBOYD社がハワイと密接に関係があるため、ハワイからの客が多くなったようです。場所が、日本のツアーが組まれるホテルがあるストリップ地区になくダウンタウンに位置しているため、日本からの旅行客が泊ることはほとんどないでしょう。

一般ハワイ人にとって、パッケージ料金が安いだけでなく、1日3食の食事代が含まれているのが、ストリップ地区のホテルにはない魅力です。また、このホテルはダウンタウンの中心街近くにあり、不便を感じる場所でもありません。ハワイからやって来る人は、総じてお年寄りが多く、ラスベガスではどのホテルにもカジノが付いているので、カジノで遊んで過ごすという人には外にも出る必要がありません。1ブロック行けば、ABCストアもあります。

2008年に、オアフ島ワイパフ在住の24歳の女性が、カリフォルニア・ホテル内のカジノにあるスロット・マシンで、約240万ドル(約22億円)の大当たりを当てています。数年前、ウクレレのジェイク島袋のおばあさんが数千万円のスロットを当てたのもニュースになっています。一般に、ダウンタウンはストリップ地区より還元率も少しいいようです。

ホテル内はまるでハワイにいるようです。ハワイのローカル100%ですので、聞こえてくる英語はピジン・イングリシュで、着ている服装はアロハだったりハワイのロゴのTシャツだったりします。ディーラーを始めとする従業員たちも、アロハのようなラフな服装です。ラスベガスを感じさせません。ストリップ地区のホテルとは別世界です。

ツアーに付いてくる食事クーポンは、ダウンタウンのBOYD社が経営するホテルカジノ3店で利用できるようになっていて、15食分のバリーエーションも飽きません。カリフォルニア・ホテルでは、サイミンやオックス・テールスープを食べている人がたくさんいました。まるで、カリヒのケニーズ・レストランにいるような気になります。もちろん、各テーブルにはアロハしょう油が置いてあります。

隣のフリーモント・ホテルで食事をしていてびっくり。何年か前にダウンタウンのフォート・ストリート・モールのファーマーズ・マーケットで野菜を売っていた顔見知りの人が給仕をしていました。ラスベガスに引っ越すと聞いていましたが、こんな所で会うとは、お互いびっくりです。ハワイは狭い世界です。

カリフォルニア・ホテルのロビー入り口には、大きな布袋さんがシャカのサインをして皆さんの幸運を祈っています。シャカのサインをしている大きな布袋さんがあるのは、世界でもここだけでしょう?そして、そこを通りかかる人は、ご利益があるようにと布袋さんのお腹をなでていきます。布袋さんのお腹は、長年にわたり人が触れるので擦れて色がはげています。ハワイ人が宿泊するネバダ州ラスベガスのカリフォルニア・ホテル、確かにそこにはハワイが存在します。







1273

ハワイ人のパッケージツアー



ハワイのローカルのテレビでよく目にするラスベガス・ツアーのコマーシャル。ハワイ人がラスベガスに行くのに利用するのはVacations Hawaii 社の5泊6日のツアーが一般的になっています。

航空機は、オムニ・エア・インターナショナル(Omni Air International)の中型航空機194人乗りのボーイング757を利用します。この航空会社は、オクラホマを拠点にしているチャーター便専門の運航会社です。ホノルル-ラスベガス間のチャーター便のほか夏季、冬季などには日本の地方空港からチャーター便も運航しているようです。また、自衛隊のイラク派遣チャーターや、アメリカ軍のチャーター便も運航しています。

航空機の中は、ハワイ人100%のチャーター便のパッケージツアーですので、さながらホノルルのThe Bus に乗車しているのかと錯覚します。機内は満員。客室乗務員は、レストランのジッピーズのお店で働いているおばちゃんやお姉ちゃん、お兄さんのようです。乗務員だけでなく、乗客もジッピーズの客層そのものです。ハワイがそのまま、空間を移動しているかのようです。

5泊6日のパッケージには宿泊代だけでなく、朝昼晩15食が付いています。もちろん空港とホテルの送り迎えも含まれていますので、これで日本円で6万ちょとでラスベガスの5泊6日の旅行ができまるのですからとてもお得です。ラスベガスはホテルも食事もハワイと比べたらとてもお値打ちになっています。先日のピラミッド・ホテルの「ルクソール」でも、今だったら一泊36ドルから泊れます。

カリフォルニアに住んでいたので、ラスベガスへは車で行く感覚でした。久しぶりにラスベガスを5時間のフライトで訪れ、とても新鮮でした。ラスベガスのマッキャラン国際空港に到着して、自分はハワイの住人なのだと改め感じました。これからもラスベガスのハワイを紹介していきます。




先日紹介したピラミッド、ニューヨークの摩天楼が空港から見えます
1005

ニューヨークの空は青かった



5時間のフライトで時差3時間のニューヨークへ行ってきました。砂漠のニューヨークには自由の女神、マッハッタンの高層ビル群、ブルックリン橋もあります。ショッピング街やレストラン街にはグリニッジビレッジ、タイムズスクエアなどもあります。

昨日のエジプトのルクソールもこのニューヨーク・ニューヨークもMGMミラージュが経営してます。このグループは買収を繰り返し、ラスベガスのメインカジノの多くを経営してます。

ニューヨークの摩天楼のビルを取り巻くようにローラーコースターを走らせる発想は、ラスベガスでしか考えられません。面白いことに、このローラーコースターの設計はなんと東京浅草の 「花やしき」 の会社が担当したそうです。ホテルの窓をかすめるように走るため、宿泊者に対する騒音問題などにも十分配慮する必要があり、そこで振動や騒音問題に対する日本の繊細な技術が役に立ったわけです。浅草「花やしき」のコースターの兄弟分がラスベガスで走っているのはうれしいことです。今回は乗りませんでしたが、次回の楽しみにしておきます。

砂漠にあるニューヨークの空はハワイの空とは違い、どこまでも限りなく青く澄んでいました。このニューヨークの通りの向かいには、ある有名なお店があります。さてそのお店は?





728

エジプトに行ってきました



エジプトの砂漠にある街ルクソールは、古代エジプトの都があった所で、今もたくさんの遺跡が残っています。

ネバダ州の砂漠にあるルクソールには、石のピラミッドではなく巨大な黒光りするガラス張りのピラミッド・カジノホテルとスフィンクスがあります。ピラミッド内部は1階から30階まで巨大な吹き抜けの空間になっています。客室は外壁に張り付くように作られていて、エレベータも39度斜めに上がっていきます。

ピラミッドの高さは106メートルあり、かなり存在感があります。夜にはピラミッドパワーのビーム光線が頂上から空に向けられます。世界でもっとも明るい光線だと言われていて、400km離れたロサンゼルスでも確認できると言いますが、それは少し言いすぎでしょう。

このホテル内をうろうろしていると、テレビの視聴者調査をしている人から声をかけられました。これから放映される予定のNBCの新作番組を45分観てアンケートに答えるものです。報酬は、無料のランチ・バッフェ&10ドルの現金です。アメリカンアイドル出身のキャサリン・マクフィー主演の、カリフォルニア・マンハッタンビーチ「ピンクハウス」で展開される若者の番組です。あわてる理由もなかったので、無料のランチを食べ10ドルをもらってきました。面白い経験ができました。

このルクソール辺りは、ラスベガスの中心から少し離れていて、ハワイの匂いが一番しないエリアですが、これから少しずつ、ラスベガスのハワイに近づいていきます。

ハワイの空気に長く慣れ親しんだ肌が悲鳴をあげました。たった6日間なのに、砂漠の乾燥したラスベガスの空気に、乾燥肌になり全身が痒くなってしまいました。今日のハワイの空からのミストは乾燥肌には、まさに天の恵みでした。ハワイの海から運ばれる空気は肌にやさしく、改めてハワイのよさを思い知らせれます。





823

パリから帰ってきました



5時間のフライトで時差3時間のパリから夕べ遅く、ホノルルに帰ってきました。

ハワイの海のある空気と、のんびりした生活に慣れてしまった体には、乾いた空気と眩しい日差しに少々戸惑ってしまいました。ハワイでは見られない、どこまでも澄んだ青い空。一年で一番いい季節にこの街を訪れることができて幸運でした。

この街にはハワイがいっぱいありました。これからたくさん撮ってきた写真を見ながら記憶を甦らせていきます。ハワイと関係の深いこの街について紹介していきます。
エッフェル塔、凱旋門、パリの街並みに働く従業員のフランス語の挨拶を聞くと、一瞬本当にパリにいるような気がしてしまうから不思議です。そんなマジックパワーを持つ街がラスベガスです。





929

ハワイ流バケーション



観光客にとってはストレス・フリーの楽園ハワイ。ゴールデンウィークには、日本からはバケーションでハワイへ向う人がたくさんいることでしょう。それでは、ハワイの人はバケーションにはどこへ行くのでしょう?

小さな島国ハワイ人は、メインランドのラスベガスにバケーションに行くのが長く一つのパターンになっています。楽園ハワイで溜めたストレスをカジノで発散させるのでしょうか?ハワイの自然に恵まれた楽園から、なぜ自然環境の厳しい砂漠の人工の街に行くのでしょう?本当にハワイの人はラスベガスが大好きです。知人は2ヶ月に一度はベガスに行きます。

カリフォルニアからは車で隣のネバダ州のラスベガスには簡単に行けましたが、ハワイからは異国に行く感覚です。時差が3時間あります。砂漠の人工都市ラスベガスは今が気候的に一番いいということで、午後からバケーションでラスベガスに向かいます。

宿はベラッジオと言いたいところですが、ハワイから行くのでしたら、この宿は外せません。日本人はあまり泊らないダウンタウンにあるホテルです。ハワイ人御用達の宿といったらここしかありません。ローカル率80%と言われるカリフォルニア・ホテルです。違ったハワイを知るために、一度はこのホテルに泊りたいと思っていました。久しぶりのメインランドです。のんびりラスベガスのハワイを味わってきます。



778