モーハワイ☆コム

カテゴリー:住

ハワイ電力が売却



DSC05234

一昨日発表されたニュースにはハワイの誰もが驚きました。大ニュースは、今朝の朝刊の一面になっています。1891年にカラカウア王によって設立された歴史ある電力会社が、フロリダ州のエネルギー会社(NextEra Energy) に買収されます。

ハワイ電力は電力の86%を化石燃料(石油と石炭)に頼ってきました。原油価格が下がったといえ、ハワイの電気料金の高さは異常です。アメリカ一高いハワイの電気料金は、全米の平均と比べて3倍以上になっています。毎年ハワイを訪れる人は、ハワイの物価が年々上がっているのに気づくでしょう。すべては、毎年高くなる電気料金に大きな原因があるのです。

フロリダの新会社は、難しと言われる太陽光や風を利用したクリーンエネルギーに特化した全米一の会社です。86%の化石燃料に頼るハワイの発電を減らし、再生可能エネルギーの太陽光発電や風力発電を増やすことによって、15年後には電気料金を20%下げることを目標にしています。

2011年に、オアフ島北部のノースショアに12基の風車が導入されました。この風力発電によって、7千世帯以上の電力が生み出されています。新会社は、現在14%の再生可能エネルギーの電力比率を、将来は65%までに増やすことを計画しています。

ハワイは太陽、風、地熱など、自然エネルギーに恵まれています。自然を利用した再生可能なクリーンエネルギー社会の実現に向けて、新会社には大きな期待をしたいと思います。

参考:日本の再生可能エネルギー電力の比率はハワイの10分の1で1.6%(日本経済産業省公表)

**アロハストリートのランキングが2位、北アメリカのブログランキングも2位、 年末までに再度1位を目指していきたいと思います。
引き続きみなさんの応援をよろしくお願いいたします。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。 是非こちらもクリックしてください。
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

DSC05191

line-52

ブログアドレスの変更



本日ブログシステムの改良により次の時間、アクセスできなくなります。

日本時間:8日(水)午前9:00〜午後9:00
ハワイ時間:7日(火)午後2:00〜午前2:00

アドレスが変更になるようですので、お気に入りのアドレスの変更をよろしくお願いいたします。(しばらくは旧アドレスでもアクセスできます)
今後も「楽園ハワイと私」をよろしくお願いいたします。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

ハワイで今話題の人



フットボールはアメリカ文化の一つにもなっています。ニューヨークで木曜日からプロフットボール(NFL)のドラフトが始まりました。木曜のドラフト1巡目のトータル視聴者数は計2,000万人にも上り、ケーブルテレビ番組の最多視聴者数だったようです。

今年のドラフトは地元ハワイでも、とても注目されたドラフトでした。オアフ島ライエ出身のマンタイ・テオ(Manti Te'o)選手がオアフ島の自宅からドラフトの電話を待っていました。テオ選手はドラフト前にベスト17位にランク付けされ、木曜の第一巡で選ばれると誰もが思っていました。自宅に詰めかけていた地元のテレビ局がテオ選手の落胆した姿を映しだしていました。第一巡でドラフトされなかったのです。

テオ選手は、オバマ大統領出身のプナホウ高校時代からその実力が注目され、2008年には全米高校生のスポーツ選手の最高賞を受賞し、全米オールアメリカンの選手にも選ばれました。大学進学には全米トップテンのリストに入り、30以上の大学からスカウトがありました。

インディアナ州の名門ノートルダム大学ではキャプテンとして大活躍をしました。今年1月の全米チャンピョン戦では準優勝をして、その実力を世界に示しました。全米決勝カレッジ・フットボール(大学の選手権)は、プロのNFLに負けない人気があって、アメリカ国民の多くが観戦するものです。シーズン後は8つに及ぶさまざまな賞を受賞、大学フットボールの最優秀選手に贈られるハイズマン賞は惜しくも次点で逃しましたが、その実力からドラフトが注目されました。

木曜の第一巡を終え、翌日の昨日金曜のドラフト第二巡の38位でNFLサンディエゴ・チャージャーにドラフトが決まりました。ドラフトの第一巡で選ばれる実力がありながら、第二巡で選ばれたのは、一つのスキャンダルが原因だったようです。

ポリネシアンの血を引くハワイのスポーツ史に名を残すマンタイ・テオ選手は、昨年9月11日に最愛の二人の女性を失いました。祖母とスタンフォード大学のガールフレンドです。白血病のガールフレンドと祖母を同時に亡くした悲しみの中にありながら、テオ選手は数日後の試合で12タックルという快挙を収め、チームを勝利に導きます。「どんな逆境にも挫けない青年」と、アメリカのスポーツファンやメディアは、こぞって彼を賞賛しました。

今年になって実はそのガールフレンドが実在しない事実が明らかになったのです。事実が明らかになる数週間は、アメリカのトップニュースにもなりハワイの親を巻き込むスキャンダルとなったのです。ガールフレンドとは、オンラインで3年にわたる繋がった関係で一度も会ったこともありませんでした。親や友人にその女性に会ったことがあると嘘を言ったことが問題を大きくしたようです。父親もメディアに女性に会ったことがあると発言しています。

女性になりすませていたのは、マンタイ・テオ選手に恋焦がれる同性愛の男性でした。最終的には、マンタイ・テオ選手と同性愛の男性がテレビカメラの前ですべてを告白して、スキャンダルは収束しました。同性愛の男性は、テレビカメラの前で女性の裏声を作ってテオ選手と電話会話をしていたと告白しています。

「私は、長きにわたってオンラインで出会った女性と真剣な交際関係を築いてきました。オンラインや電話による連絡を取り続け、れっきとしたお付き合いをしてきたつもりです。そして、私は本当に彼女のことを想っていました。事実は、本当に心痛むもので屈辱的です。」涙を流しながら、アメリカ全土のテレビにコメントするテオ選手には、同情する人も多かったようです。

なりすましも簡単にできるネットの今の時代、オンラインのやり取りだけで恋に落ちる人がたくさんいるようです。カレッジフットボールの一流選手の純粋な気持ちに同情すると同時に、不思議な感じがします。ドラフトで一区切りのついた今、マンタイ・テオ選手のプロの選手としての活躍を暖かく見守りたいと思います。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ







ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5249

お詫びと要望



昨日のブログのお知らせは、結局ブログ元(モーハワイ☆コム)の思いつきで実行されませんでした。翻弄されたモーハワイのブロガーは私一人ではないはずです。読者のみなさんにはご迷惑をおかけしました。


『 どうもどうも
編集長のへなちょこ・しゅんです。
すいません。以前、日本時間2013年4月24日(水) 09:00〜21:00に、モーハワイ☆コムのリニュアルを行うとお知らせしていたのですが、いろいろやってるうちに、どうぜなら5月8日のモーハワイ☆コムの誕生日に更新しようと思いついてしまいました。お騒がせしてすいません。連休明けにリニュアルさせていただきます。』(copy & paste)


実際は、昨日の日時に間に合わなく、告示が遅れたのでしょう。このように人に迷惑をかける大切なことを、変更予定時間に思いつきで決めることではありません。思いつきで決められた5月8日の予定も当てにならないことになります。

せっかく慣れ親しんだ使い勝手のいいブログですので、ブログサービスは長く継続してほしいものです。思いつきで突然「継続困難のためブログサービスを中止します」なんて云うことのないように、しっかりしてもらいたいところです。

今回の変更でモーハワイ☆コムのリニューアルが進化か退化か心配になるところですが、しばらく見守っていきたいと思います。(飲食業の難しいハワイのマーケットで先の見えないマンゴ売りなどを始めて大丈夫でしょうか?)

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ




ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5361

ブログアドレスの変更



本日ブログシステムの改良によりアクセスできなくなります。

日本時間:24日(水)午前9:00〜午後9:00
ハワイ時間:23日(火)午後2:00〜午前2:00

アドレスが変更になるようですので、お気に入りのアドレスの変更をよろしくお願いいたします。(しばらくは旧アドレスでもアクセスできます)

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5900

ボストン爆弾テロ事件に想う



この数日のアメリカ、ハワイの話題はボストン爆発テロ事件になっています。アメリカ史上最大規模の2万人以上の警官などによる逃走捜査も無事容疑者の身柄を拘束することができました。

同じコンドに住む日系人の知人のロイの孫が去年からボストンで大学生活をしています。エレベーターで乗り合わせた今朝のロイは、異常なボストンの状態に心配顔を見せていました。京都と姉妹都市にあるボストンは、アメリカでも最も歴史の古い保守的な街の一つです。私も学生時代に訪れたこともあるハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)など著名な大学がいくつもある学園都市です。

容疑者2人が26歳、19歳とまだ将来がある兄弟とは驚きです。2人の背景に大きな組織があるとは思えません。チェチェンで生まれ育った容疑者ですので、1994年から2009年のロシアとの戦争が背景にあることを無視するわけにはいけません。幼年時代に無慈悲な戦争を体験し、母国から離れアメリカに移民した2人の心情は複雑なものだったに違いありません。

テロ現場で血まみれで横たわる市民、平和な住宅地の路上で射殺され横たわる26歳の容疑者、どちらも歪んだ社会の象徴のようで目を背けたくなります。爆破テロ事件の責任は重いものがありますが、社会の歪みが引き起こした不幸な出来事だと言えます。容疑者の親と同じ世代の人間として、子供たちがなぜあのような事件を起こさなければならなかったのか心が痛みます。原因を突き止めて、二度と同じ事件が起きないようにしてほしいものです。

コンドに住むロイもボストンの事件が解決して、一安心していることでしょう。交差点で見つけたほのぼのした赤いハート。ボストンのあの2人も心に赤いハートを持っていることを忘れずいたならば、きっと今回のボストン事件は起きなかったでしょう。月曜からの事件の犠牲者の方たちの冥福をお祈りします。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4752

車の電球が切れたら



アメリカの車は日本の常識では考えられないほど走行距離が長く、車の所有期間も長いため、パーツを交換しながら長期間乗り続けるのが一般的です。DIY(Do it youself!)他人に頼らず自分でする人が多いアメリカでは、車のオイル缶などがどんなスーパーにも並びます。

立て続けに、私の車のナンバープレートとブレーキの電球が切れました。一昔前ならば「右ブレーキの電球切れているよ!」なんて人に教えてもらっていたのが、今時の車はコンピューター制御の賢い車です。すぐに「左ナンバープレート灯チェック」なんて云う表示がメーターに出ます。警告灯がでなければ、電球が切れたのに気が付かなかったでしょう。古い車が多いアメリカでは、ブレーキランプの切れた車を路上でよく見かけます。

日本ならさしずめ車アクサセサリーなどを販売しているカー用品店に出かけますが、アメリカではちょっとしたスーパーでも車の電球が買えます。歯ブラシや風邪薬のように日常必需品である車の電球は、ドンキホーテやロングスなどでも簡単に手に入ります。でも、ブレーキランプの切れた車をアメリカではよく路上で見かけます。

私の車はマニュアルに電球交換の仕方が示してあります。ナンバープレートの電気はドライバー一つで簡単に交換できました。ブレーキライトは、工具を使うことなく簡単に取替えができました。数ドルの出費ですが、ディーラーで交換してもらったら、きっと電球代の最低10倍は請求されるでしょう。

人間の体同様、車も定期的にメインテナンスをすれば、寿命を長くすることができます。自分の命を預ける車ですので、大切にメインテナンスを怠らないようにしたいと思います。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ











ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4179

天から運(ウン)の付くプレゼント



日本では桜が終わり、これから新緑が目に映える季節になることでしょう。ハワイの緑も真冬の緑と違って緑が輝いて見えるようになってきました。

暑い日差しの日には、緑のトンネルをぬけてドライブすると気持ちのいいものです。屋外で駐車する場合は涼しい木陰に止めたいところですが、「天からのウンのつくプレゼント」を考えると考えてしまいます。

鳥のフンは酸性が強く、長い間車に付着した状態にしておくと塗装膜まで浸透して、酸化&腐食してしまいます。特にハワイのような暑い炎天下では塗装膜への侵食が早い傾向にあるそうです。車の塗装のダメージとして厄介なのがこの鳥のフン害です。

緑のトンネルの続くダウンタウンからワイキキまでのカピオラニ通りは人の車でドライブするのには快適です。いつ上から落ちてくるのかいつもヒヤヒヤしながら、道路にあいた穴を避けドライブするのがカピオラニ通りです。一度はフロントガラスの目の前に落下してうろたえました。洗車した翌日によくフン害の被害に遭うのは、マーフィーの法則でしょうか。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

3903

寒いハワイの春



ホノルルの春がこんなに寒かったのは私の記憶にありません。寒いというのはもちろんハワイにしてはと言うことですが、今のホノルルのダウンタウンにはセーターだけでなくジャケットやコート姿の人も珍しくありません。特にこの1週間は北から冷たい空気が入り込んで、ハワイを震え上がらせています。

それにもかかわらず、バスの中は相変わらず冷凍庫のように冷房が効いてます。31日のイースターの特別の礼拝があったブレイズデール・アリーナでも冷房がよく効いて外に出ると、冬の外出から暖房の効いた暖かい部屋に戻った気がしました。普段は着ない少し厚手の長袖のシャツを着てきてよかったと、久しぶりに日本の寒い日を思い出したのでした。

4月になってさらに寒くなったと思っていたら、ホノルル空港の昨日4月2日の気温は、2002年の同日の最低気温62度(16.7℃)を切って61度(16.1℃)の同日の最低気温を記録しました。ホノルルの冬の最低気温は1969年1月20日につけた52度(11.1℃)でしたが、春にこんなに寒くなるとは珍しいことです。

メリー・モナークが開催されているハワイ島も、昨日火曜にヒロ空港では1953年の同日の60度(15.6℃)の最低気温を下回り、58度(14.4℃)まで下がりました。ヒロの冬の最低温度は1962年2月21日につけた53度(11.7℃)ですので、今の気温は真冬並みの寒さです。

天気予報によれば、通常の北東からの貿易風が戻ればだんだんと暖かくなるようです。昼間は80度(26.7℃)を越えることはあっても、しばらくは肌寒い朝晩になりそうです。近く日本からハワイを訪れる人は、いつもより少し肌寒いハワイだと心して来てください。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

3708

1歳の命の重さ



昨年6月イオラニ宮殿でノラだった子猫(キング・ティギィ)が我家にやってきて10ヶ月が過ぎようとしています。私の生活のリズムがずいぶん変わりました。今まで行かなかった場所、獣医やペットショップにも行くことになります。スーパーへ行けば、ペット用品売り場が気になります。

アメリカ全国に1075店舗をもつペット用品販売チェーン店「ペトコ・アニマル・サプライ社」は、ペット用品だけでなくペットのグルーミングのサービスなどを提供する大型ペットショップ「ペトコ」を展開しています。赤い犬と青い猫のロゴマークを持つ「ペトコ」は、1965年に創業された現在カリフォルニア州サンディエゴに本社があります。

オアフ島には、パールシティ店と昨年秋オープンしたホノルル店があります。ホノルル店はワイキキからも近く、海外からの訪問者も少なくないでしょう。大きな箱型専門店だけに犬と猫のペット用品を中心に品数はかなりありますが、値段は特別安くはありません。店頭価格はウォルマートなどの大型ディスカウント店の方がお得かもしれませんが、無料の会員になると割引券などが送られてきます。

子猫も大きくなりました。子猫専用のキャットフードから卒業する時期に来ました。子猫のキャットフードから1歳〜6歳用のキャットフードを割引券を利用して購入しました。

我家の「キング・ティギィ」は10ヶ月前のオドオドした様子もなく、我が物顔で部屋中を闊歩しています。寄り添って耳を澄ませば小さい心音が聞こえます。猫と云えど、何かを考えながらそれなりに毎日を生きています。縁あって我家にやって来た大切な命を大切にしたいと思います。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ




2012年6月





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4106