モーハワイ☆コム

カテゴリー:ハワイカイ

ハワイカイのウォーター・フロントでランチ



ハワイカイのウォーターフロントでのんびり水とそよ風に癒されてきました。ハワイカイ・ショッピングセンターにある「ブルー・ウォーター・グリル(BluWater Grill ) 」でランチをするなら、自然と向かえるテラス席に限ります。

どのレストランでも、自分のお気に入りのテーブルがあるものです。運良く、いつものお気に入りのテラスのテーブルが空いていました。2005年にハレ・アイナ賞ベスト・ニューレストランに、ワイキキのチーズケーキ・ファクトリーと並んで選ばれました。テラス席の目の前はココマリーナが一望でき、ココヘッドにココヘッド・クレターが見えます。そんな開放感のあるレストランです。

テーブルに着くと、陸に上がったばかりの仲のいい鴨のツガイが私たちを迎えてくれました。カラマ・ヴァレーの渓谷から降りてくる風が水面を渡って、心地よいそよ風になります。そんなそよ風を感じながら、ランチと会話を楽しみました。今日はマヒマヒ(シイラ)とサーロインの2品を頼み、2人でシェアすると言うと、サーバーのお姉さんが気を利かせて、2皿にそれぞれを分けて出してくれました。ハワイのカジュアルなレストランではよくしてくれることです。

料理はそれぞれ、グリルでよく焼かれ美味しくいただくことができました。食事が終わる頃、テーブルに迎えてくれた鴨に代わって、今度は鴨の親子が現われました。11匹のコガモは必死に母親に遅れまいと泳いでいます。コガモの必死さがほほえましい、時間がゆっくり流れる午後のランチでした。

ハワイカイでのディナーはロイズ、ランチはブルー・ウォーター.グリルが最近の私のお決まりになっています。大自然の前にいるだけで癒されるますが、その上にお腹まで満たされると瞼が重くなってきます。満たされた後の帰りのドライブは、しっかり注意し、マカプウ岬経由の遠回りをしてダウンタウンに帰ってきました。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ













ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5092

ハワイ岬めぐり(マカプウ岬)



年末のプライベート・ツアー(東回り編)で、久しぶりにツアーの目玉「マカプウ岬めぐり」へ行ってきました。「岬めぐり」と言えば'70のヒット曲、山本コータローの歌が思い出される世代です。

7時半にワイキキのホテルピックアップの後は、カパフルのマラサダ屋さんで熱々のマラサダをいただいて出発です。まだ時間が早かったのか、駐車場も余裕があり、さほど並びませんでした。今日は歩いてカロリーを消費しますので、4人で1ダースをゆっくりいただきました。

年末年始の天気は、この数年では一番と思われる好天気が続いています。この数年は、雨の多い年末年始でしたが、この日はこれ以上の好天が望めないと言うハイキング日和でした。まだ時間も早かったのか、大晦日のマカプウは人出は、2日前のダイヤモンドヘッドのハイキング客の比ではありません。

マカプウ岬のあるオアフ島東部は、雨があまり降らないのですが、冬場は風が強い日があります。毎日のようにハイキングを日課にしている近所の人によると、数日前は風が強くて立っていられないくらいだったそうです。その話が信じられないくらい、この日はほとんど風のないハイキング日和でした。60才を優に超えたその婦人は、早足に「これが2往復目なのよ」と私たちを追い越していきました。

海からのそよ風に汗をかくこともありません。この時間なら登りの前半は日陰の坂道で、楽々のハイキングです。道中、おしゃべりをしながら、また記念写真を撮りながら岬の頂上までの4kmをゆっくり登ります。

標高およそ200mのマカプウ岬ですので、坂も勾配がゆるやかです。しかもアスファルトで舗装された歩きやすい道です。風景を楽しみながら、息を切らすこともなくハイキングができます。ココヘッドとココクレーターを見ながら登っていくと、目の前に海が大きく広がってきます。海を右手に見ながらさらに坂を進んでいくと、ザトウクジラが冬場にアラスカから出産と子育てのため南下するが見えるポイントにやってきます。ココまで来れば、頂上まであと一息。

およそ40分、頂上から見える絶景はハイキングした者でしか味わえないものです。少し霞んでいるもののモロカイ島、さらにマウイ島まで見渡せます。眼下にはガイドブックで見慣れた赤い屋根のマカプウの無人灯台が見えます。海から吹き上げてくるそよ風のなんて気持ちのいいこと。

犬の散歩やベビーカーでのハイキングを楽しむ人も少なくありません。体にもやさしい健康的なハイキングならば、お金をかけないでも十分楽しめます。目の前に広がる自然の風景に癒されるのがハワイの魅力です。山本コータローの「岬めぐり」は失恋の傷を癒す旅でしたが、マカプウの岬もきっとたくさんの人を癒してくれるのでしょう。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ

















ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4023

ココヘッドマリーナのお店



週末だと言うのに、このお店には人影も少ない。
外からの陽光に、窓際に陳列されているガラス製品がキレイに映えている。

日本語のブログに掲載する旨を伝え、写真を撮ってもいいかと店主に問うと、大歓迎と応えが返ってきた。ここの処の景気の悪さは最悪で、店主は真顔で商売の酷さをまくし立てる。死活問題だそうだ。

先週末に発表された米国雇用統計は悪く、失業率は10.2%と26年ぶりの高水準に達しました。10人に1人が失業です。ここが底であってほしいと願っていますが、まだまだ厳しい日は続くようです。

ココヘッドマリーナに行かれる機会があったら、一度このお店を覗いてあげてください。

Island Treasures At the Marina
Koa funiture & Accessories, Original Artwork, prints,
Etched Glass, Jewelry, Ceramics & more
7192 Kalanianaole Hwy
808 396-8827


http://www.mo-hawaii.com/tigger/wp-content/uploads/sites/243/line-51.bmp