モーハワイ☆コム

カテゴリー:カイルア・ラニカイ

特別な赤色の日



ウィークデイですが少しドレスアップして、久しぶりにワイキキで食事をしました。今日は特別な日、赤色の似合う特別な日でした。

アメリカのイベントにはそれぞれ特色ある色があります。サンクスギビングのオレンジ、クリスマスのレッド&グリーン、そして今日はバレンタインでレッド&ピンク、来月はセントパトックでグリーン、4月はイースターでパステルカラー。

この特別な日に、穏やかな気持ちでディナーを楽しめる恵まれた環境に感謝しなければなりません。アメリカでは女性からもチョコレートをもらえるので、チョコ好きにはうれしい日です。健康で穏やかな気持ちでいられることに感謝の気持ちを込めて乾杯!

以前に苦労してYouTube にアップしたバレンタイン画像があります。オリジナル曲にのせて紹介しましょう。

Happy Valentine's Be Only Mine はナッシュビルのティムがヴォーカルです。(アメリカ著作権協会に登録済みのオリジナル)

Happy Valentine's Day !


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ






Happy Valentine's Be Only Mine

ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

久しぶりにラニカイまで



久しぶりに東回りでラニカイを目指しました。3ヶ月ぶりです。ドライバーに徹した一日でしたが、お隣のモロカイ島も見える好天に恵まれ、日によく焼けました。夜になっても肌がほてっています。

プルメリアの森を見て、マカプウ岬、ワイマナロビーチ、カイルア、ラニカイと車を飛ばしました。カイルアのムームーヘヴンのマネージャーによると、シルバーウィークの影響でこの週末はいつもになく日本人観光客が多かったそうです。そう言えば、ラニカイのビーチでも日本語をよく耳にしました。

8月25日よりカイルアビーチパークでの商業活動は全日禁止となりました。商業用車は駐車場に入ることもできません。カイルアビーチ手前の交差点で警察官を見たのは、きっと取り締まりの目を光らせていたのでしょう。

今までのカイルア&ラニカイと風景が変わりました。カイト&ウインドサーファーやレンタル・カヤックの姿が海上から消えました。ビーチでのんびりくつろぐ人たちだけとなりました。初めて「天国の海」を見たリエさん、ラニカイの海はどうでしたか?

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ



















 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5282

カイルア観光禁止令?



ハワイで一番本土に近いと言われる街「カイルア」。カイルアタウンの狭い駐車場に車を止め、お店の前の椅子に腰掛けコーヒーを飲んでいると、カリフォルニアの町にいるような錯覚をします。

ハワイにしては白人が多い街「カイルア」が変化しています。先日、カイルアにホールフーズ(大型食料スーパー)がオープンして、来年はディスカウント大型店「ターゲット」がオープンします。この数年ハワイのリピーターだけでなく、初めてハワイにやってくる人でもカイルアを訪れるようになってきました。

先月、カイルアの入り口で住民が何人も「カイルアには観光バスは要らない!」と云うプラカードを持って抗議の運動をしているのを見ました。カイルアに静かに住む人の中には、この数年のカイルアの変化に反対する人が少なくありません。「ターゲット」の進出にも大きな反対運動がありました。

今週のニュースに、「カイルアのビーチにおける商業活動の全面禁止」を訴える法案(ビル11)がホノルル市に上がりました。先月と今日開かれた公聴会ではさまざまな意見が交わされたようです。カイルア住民の多くは禁止法案には賛成、商業活動に携わっている人には死活問題です。

先週、カイルア&ラニカイのビーチでのんびりしてきました。金曜日にもかかわらず、海にはカヤック、ウインドサーフィン、カイトサーフィン、スノケールなどを楽しむ人がたくさんいました。一昔と比べたら、確かにこの数年でカイルアのビーチでさまざまな活動を楽しむ人がずいぶん増えています。

去年、ラニカイを望むトレイルの草むらで立小便をしている人を見てびっくりしました。また、ラニカイのビーチの草むらで子供に小便させている人がいました。どちらも公園ではないので、公共のトイレは存在しません。ラニカイにはトイレがないので、一日のんびりすることはできません。のんびりしている人たちは、水着に着替えて海の中で用を足しているのかもしれません。

狭い道を、レンタサイクルが車すれすれに走っています。住宅地に違法駐車のレンタカーが駐車されています。ビーチボールで遊ぶ人の歓声が上がります。静かな環境に長く住んでいるカイルア住民には、たくさんの観光客を乗せてやってくる大型観光バスの乗り入れなどには、やはり抵抗があるのでしょう。

住民の生活かビジネスか、どちらも大切な問題です。いずれにしても、近い将来何らかの制限が必要なことは確かなようです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ







ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4403

カイルア・ホールフーズが開店!



今までに何度もオープン?と言われてきたカイルアのホールフーズ(食料品スーパーマーケット)がついにオープンするようです。確か、以前の情報では2011年11月オープン?2012年2月オープン?

地元のテレビニュースでも、当局の許可などの問題がオープンを遅くさせたと伝えていましたが、金曜に前を通りかかると4月18日オープンと垂れ幕が出ていました。半年遅れのオープンは、のんびりしたハワイでは珍しいことではありませんが、担当者は相当イライラしたにちがいありません。でも、今度は本当にオープンのようです。

大通りに面した外壁も、壁の植物に加えタイル画でキレイに完成されています。後はオープンを待つばかりかと、中を覗いてみると、商品も棚に並べられ最終局面に入っています。18日のオープンは、今回は本当のようです。

夏にターゲットがオープンするとずいぶんとカイルアも変わるでしょう。この日、カイルアの入り口で、住民たちが20人ほど「カイルアのビーチに観光バスは要らない!」と云うプラカードを持って抗議をしていました。静かにカイルアに住む人と、たまにしか訪れない人たちの間に大きな意識の違いがあることは確かなようです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4582

カイルア・ラニカイでランチ(バズ)



カイルアビーチ公園前にあるただ一軒のレストラン「バズ(Buzz's Original Stakehouse)」。ビーチが目の前のレストランは、ランチ時には観光客でよくにぎわっています。ディナーはローカルに人気のようです。

近くに休暇でやってくるオバマ大統領ではなく、クリントン元大統領夫妻が以前訪れたことで話題になったこともあります。このラニカイ店は、今年で50年を迎えます。パールシティには、パールハーバーを見下ろすお店もあります。

朝に腹いっぱい食べた後は、軽いランチにしたいものです。4人でハンバーガー(9.95ドル)2つをシェアすることにしました。他にシザー・サラダ(7.95ドル)を一皿、これもシャアしました。ハンバーガーは、フレンチフライのポテトかスープが選べます。サーバーが気を利かせて、ハンバーガーを半々にしてくれました。とても気持ちのいい対応です。人によっては、嫌な顔をされるとこともありますが、ハワイは往々にして好意的に対応してくれます。最近、ハンバーガーを全部食べきれないので、半分のサイズがちょうどの量です。

食後の楽しみデザート(6ドル)は、ココナッツ系のアイスクリームを2つ注文して、これも4人でシェアしていただきました。ここのプランテーション・ティ(2.5ドル)は、どこよりもパイナップルジュースがたくさん入っていて私好みでした。絶えず、テーブルをチェックしてくれるサービスで気持ちよくランチができました。

どうもここは日本人には18%のチップを付けて請求書が来るようです。日本語のメニューにそれが、はっきり明記されています。最近のチップは18%が標準で、チップ制度に慣れていない日本人の方には、その方がいいのかもしれません。私たちは、気持ちのいいサービスが受けられ、美味しくいただいたので20%のチップでお店を後にしました。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ







ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

カイルアで朝食(カラパワイ・マーケット)



ラニカイで初日の出を見た後にしなければならないことは、空いたお腹を満足させることです。手ごろにお腹を満たそうとするなら、地元の人に人気のビーチ前のカラパワイ・マーケットに行きましょう。カイルアタウンの入り口バス停前には、このカラパワイの姉妹店カフェ&デリもあります。

カラパワイ・マーケットは、1932年より80年もの長い期間、年中無休で午前6時から午後9時まで営業している、地域密着の日本のコンビニのようなお店です。ワインや薬も供えている、この地域に住む人には、なくてはならないお店になっています。2011年のハレ・アイナ賞の「近所のベスト・レストラン賞」も受賞しています。裏のカイルアビーチから歩いて数分、昼はビーチからのお客さんが絶えません。

お店には雑貨から新鮮な惣菜のデリ、さまざまな種類のコーヒーのセルフサービルのカフェス・ペースも用意されています。早朝からコーヒーの香りが店内に広がり、仕事前にコーヒーとランチを調達するローカルの姿が見られるでしょう。10カップ分のコーヒー料金で、余分に2カップのコーヒーが飲めるプリペイドカードは馴染みの客には好評です。サンドイッチ、ホットドッグ、ピザなどもいただけます。

店内の奥にあるデリー部門の8種類の朝食のメニュー(3.69〜6.29ドル)から選びます。アメリカンチーズ&エッグがトーストされたベーグルに挟まったブレックファースト・ベーグル(3.99ドル)を妻とシェアしました。ベーグルはあらかじめ2等分されていますので、シェアができます。もちろん、入り口のドリンク部門でコーヒー(1.49ドル)を自ら注ぐことも忘れません。店内に用意されたテーブルで、ゆっくりした時間を過ごすことができました。

店内に飾ってある60年以上前の古い写真を見ると、この地域のゼネラル・ストアとしてなくてはならないお店なのがよくわかります。カイルア、ラニカイで気軽に食事をしたいのなら、カイルアの老舗「カラパワイ・マーケット」がお勧めです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4138

カイルアのメキシカン



メキシコに隣接するアメリカではメキシコ料理がとてもポピュラーになっています。特にカリフォルニアにはおいしいメキシコ料理をたべさせてくれる場所がたくさんあります。私が以前に住んでいたカリフォルニア・サンタバーバラを思い起こさせるカイルア・ショッピングセンターに人気のメキシカンがあります。

観光客に人気のラニカイ・ジュースがあるカイルア・ショッピング・センターにあるメキシカンの「MEXICO LINDO( メヒコ・リンド)」に入ってみました。カイルアでは、テディーズの隣にあるマウイ・タコスでメキシカンをよく食べていますが、ここは久しぶりです。昼と違って、観光客がワイキキに戻る夕暮れ時には、このションピングセンターは少し淋しくなりますが、メヒコリンドは違います。カイルアに住む人を中心にローカルの白人に人気があり、夕食時にはテーブルが開くまで待たなければならないことがよくあります。

店内に入ると、ハワイにいる気がしません。そう、カリフォルニアのメキシカンそのものです。こじんまりした店内は、おしゃべりに花が咲き、メキシカンに舌鼓を打つ人でいっぱいです。ワイキキと違って、テーブルに付くと、もちろんチップス&サルサがサービスで出てきます。チップス&サルサに料金を課すワイキキのレストラン(セニョール・フロッグス)は問題外です。

柔らかいトルティアで具を包んで食べるビーフ・ファヒタは美味しいのですが、量が多くて持ち帰りです。28年前に初めて行ったメキシコ・アカプルコで食べたメキシコ料理の美味しさを思い出しました。アメリカの食生活の一部になっているメキシコ料理、ビーンズとコーンが大好きな私はこれからもメキシカンを食べ続けていくことでしょう。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
  応援クリックよろしくお願いします。マハロ









 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

3612

カイルアの新名所?



カイルア・タウン・センターの工事が仕上げに近づいています。カイルア・ロードとヒナノ通りの角の開発プロジェクトは秋のオープンに間に合うように、ハワイ時間で工事が着々と進められているようです。

プロジェクトの目玉、ホール・フーズ・マーケットの建物の外壁が目抜き通りのカイルアロードに面しています。目抜き通りが壁になるのは、味気なく、もったいない気がします。普通ならば、歩道を行く人が気楽に入れるように商店街になるでしょう。開発前には小物店などが軒を並べていたところです。そんなお店を歩きながらのぞいてみるのも楽しかった一角です。

このショッピング街の一角のホール・フーズ・マーケットのエクステリアが見えてきました。自然にやさしいエコロジーを意識した外壁が作られています。外壁に植物を配置した垂直の庭(Vertical Garden)と呼ばれるグリーン・ウォールのようです。

カイルアロードに面した外壁は、見たところすでに一部に植物が植えられ、これから隣の壁一面が植物で覆われる工事が行われるようです。ただの無機質なコンクリート壁と違って、グリーンウォールならば、往来する人の目を楽しませてくれそうです。

原発の影響で消費電力にも気を使わなければならない日本では、電力を節約するために都心でツル性の植物をネットに這わせて、窓の外に立てかけたり、コンクリート建物の壁を這わせている光景が見られるようです。

カイルアは日本の事情とは違うものですが、一年を通してトロピカルな花が咲き乱れるハワイでは、育ちもよく絶えず路行く人の目を楽しませてくれるに違いありません。完成したら、きっとカイルアの新たな観光スポットの一つになって、これからたくさんガイドブックやブログでも紹介されることになるでしょう。

2011年 4月

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
  応援クリックよろしくお願いします。マハロ







 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

2585

カイルアの古い神殿(ウルポ・ヘイアウ)



ホノルルのダウンタウンから行くと、カイルア・タウンに入る手前、左側のカイルアYMCAの裏手にオアフ島最古の神殿と言われている「ウルポ・ヘイアウ」があります。カイルアに向けて車を走らせると、カイルア・ロードからも住宅地に隣接するこのヘイアウが一瞬見えます。

伝説では、ハワイ諸島の先住民とも考えられている伝説の民メネフネと云う小人たちが、一晩でウルポ・ヘイアウを建設したと言われています。一晩のうちにメネフネが、石を運んで建てたと言われていることから、ウルポ(夜のインスピレーション)と名が付けらました。石は10マイル(16km)も離れたクアロアから運ばれていることが検証されています。

このヘイアウは北極星に向けて建てられており、その規模はおよそ長さ140フィート(42メートル)、幅180フィーと(54メートル)、高さ30フィート(9メートル)もあります。背後にはタロイモ等の沼地の農地が広がっていて、豊作祈願のために神殿として使われていたようです。また、ヘイアウの形状から、いけにえを捧げる祭壇として政治的な意味合いがあったヘイアウだとも言われています。

1795年カメハメハ王がオアフ島を制圧すると、このヘイアウは廃止されます。1800年代後半、中国系移民がヘイアウを利用して背後のタロイモ畑を稲作農地に変えます。1920年代には、このヘイアウの上で家畜が囲われて飼われてしまいました。家畜が石の上でもちゃんと立てるようにヘイアウの形状は変えられてしまいました。日系移民は1949年この地に家を建て、ヘイアウの上にブタ小屋を建てています。戦後、ヘイアウ(神殿跡)として保存されることになりました。

ハワイ古代宗教の神殿では、よく最下層階級の「カウバ」と呼ばれる人が神への「いけにえ」にされることがありました。私がこのウルポ・ヘイアウを初めて訪れた去年、なぜかこのヘイアウで「いけにえ」に捧げられて血を流す「カウバ」の姿が脳裏に浮かびました。

ハワイに王さまが存在するずっと、ずっと以前に作られた神殿。風雨にさらされて風化した石は長い年月を語っています。ダウンタウンのわずか200年の歴史とはまた違うハワイがここに存在します。ハワイの歴史に興味がある人は、そんな歴史が存在するカイルアのこの聖地を訪れるのもいいかもしれません。でも、なぜここが「癒しのパワースポット」なのか私には理解できません。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ















ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

1808

カイルアが変わっている



ちょうど一年前に、「カイルアが変わる」とブログしましたが、今回は進行形でしかも完了が近いカイルア。

この一年、この前を通るたびに工事の進行をカメラに収めていましたが、この数ヶ月の進み具合が急に早くなりました。それらしい建物の姿が見えてきたました。完成ま近かの食品スーパーのホールフーズと商店街の箱になる建物がほぼ完成です。後は内装を中心に仕上げにかかるでしょう。確か昨年は11月オープンということでしたが、この工事の進み具合を見ると秋前にはオープンできそうな感じです。内装をたっぷり時間をかけて秋のオープンに合わせるのでしょうか?

人口の少ないカイルアに大型店は要らないと言う地元カイルア住民による強い反対運動がありましたが、大型スーパー「ターゲット」もついに来年2012年7月にオープンすることが正式に決まりました。

日本の旅行会社がこぞってオプショナルツアーの大型バスをカイルアに送り込んでいます。カイルアは今一番の売れ筋のオプショナルツアーだそうですが、ホールフーズにターゲットがオープンすれば、さらにカイルアを訪れる人が増えることは間違いありません。今年からファーマーズマーケット(木曜17:00−19:30)もオープンしていて、カイルアが活気付いています。KCCのファーマーズマーケットに出店の日本観光客に人気の店(ジンジャーエール・トマトピザ・あわび)も出店しています。

昔からあるカイルアのサルベーション・アーミーの「スリフト・ストア」が、顧客を取り込むイメージアップのためでしょうか、知らないうちに名前が変わっています。「ファミリー・ストア」には思わず笑ってしまいました。(失礼)

2010年5月19日のブログ

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ















ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1395