モーハワイ☆コム

カテゴリー:空港

ハワイのジャンボジェット



世界の空の一線で活躍してきた「ジャンボ」の愛称で知られるボーイング747を最近あまり見かけなくなりました。しかし、アメリカ大統領の専用機「エアーフォース1」を始め世界各国の政府首脳専用機は、現在もこのジャンボジェットです。

1960年代のアメリカ空軍の次期戦略大型輸送機の受注争いでロッキード社に負けたボーイング社の輸送機が後にジャンボジェットになったのは、まさに「災い転じて福となす」の典型です。もともと貨物機として設計されたボーイング747が、大量輸送を実現する高度経済成長のシンボルとして、多くの人の夢を乗せて世界の空を飛びました。

昨年テレビチャンネル「ナショナル・ジオグラフィック」が、ボーイング747の初めての解体を放映していました。全長70mあまり、重量が400トンにもなる巨大旅客機を1機まるまるリサイクルする解体作業がアリゾナの砂漠で行われました。ジャンボ機の基本デザインはあまり変更がなく、部品に互換性があるため、機体の30%は修理などに再利用されます。

リサイクルの最大の売り物は、4期あるエンジンです。4期のエンジンはすでに予約が入っていて、エンジン4基で600万ドル(6億円)にもなります。取り外された部品の数々は製造番号を控えカタログに載せ、やがて再びどこかの機体に搭載され空を飛びます。スクラップは、アルミと銅とワイヤーなどに分けてリサイクルとして再生されます。1機1億5千万ドル(150億円)を超えると言われるジャンボ機からは、およそ700万ドル(7億円)が回収されます。

原油価格の高騰により、ボーイング747の運航効率が次第に悪化しています。まだジャンボ機はホノルルの空でも見られますが、それぞれのシップも老朽化して徐々にアリゾナの砂漠に送られていくのでしょう。

ホノルル空港の敷地内を走る直線のラグーンドライブを窓をいっぱい開けて車を飛ばすと気持ちがいいものです。海からのそよ風が車内を通り抜けていきます。ジェットエンジンの爆音がする上空を見上げると、貨物機のジャンボ機が飛び立ったところでした。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ















ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

5194

日本の航空会社の将来



9月からABC放送で1960年代のパンアメリカン航空が舞台のテレビドラマが始まりました。アメリカの航空会社が世界で一番光り輝いた時代でした。50年経った今の現状は悲惨なものです。番組の華パンナムは20年前の12月に破産して、現在は存在していません。昨日、アメリカン航空が、ニューヨーク州の裁判所に連邦破産法11条の適用を申請しました。

アメリカのどの航空会社も、2001年の同時多発テロ以降、旅客数の減少や燃料費、保険の高騰で経営が悪化し、大手のほとんどが破産法のもとで再建を進める異常な事態になっています。合併など業界の再編も進んでいます。アメリカン航空は大手では唯一、破産法の適用を申請していませんでしたが、昨年から危ないと言われ、申請も時間の問題と言われていました。

先週、テキサスからダラス経由で帰ってきたのがアメリカン航空でした。行きが、コンチネンタル航空、ユナイテッド航空の乗継でした。現在、アメリカ最大の航空会社のユナイテッド航空も、2002年に破産法を申請しています。昨年にコンチネンタル航空との合併がありました。アメリカでは、どの航空会社も苦戦しています。

アメリカの航空会社の経営の悪さを反映するように、一昔前のサービスはもう期待できない時代になっています。昨年から、預け荷物は最初の一つは一律25ドルがカウンターで徴収されます。2つ目は30ドル。ダラスーホノルルの9時間のフライトでも食事サービスはいっさいありません。どうしても食事がしたければ冷たいサンドイッチを10ドルで購入しなければなりません。イヤホンもレンタルです。インフライト映画を観たり、音楽を聴きたいのなら、イヤホンを有料で借りなければなりません。アルコール類はすべて有料で5ドル、ソフトドリンクが無料になっています。

行きの25ドルで預けた荷物が、空港のターンテーブルに出てきません。積み忘れのようです。後発の便で送られ、遅れること5時間後にホテルに届きました。預け荷物の取り扱いのいいかげんさには、あきれるばかりです。サンアントニオのラゲージ・クレームで、係りの年配の男性に「有料サービスで、このザマはひどいなぁ」と聞こえるように言うと、「返金を望むなら、タッグの表記の場所にコンタクトしたらどうだ!」と、毎度のことのように謝罪の言葉もありません。日本ならば、まず謝罪の言葉があって当然ですが、アメリカでは全く無理なことです。行方不明の荷物が持ち主に戻らず、荷物の中身のさまざまな品々がデパートのように販売されているお店がアメリカにあるのにも驚きます。

究極のコストダウンの結果、サービスの質の低下は仕方ないことでしょう。アメリカで見られる現象が、少し遅れて日本でも見られるのが常になっています。日本航空(JAL)のミールサービスの質が悪いと苦言を言うのは、アメリカから見れば贅沢なことです。近い将来の日本の航空会社の将来を見るフライトでした。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ









 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

2803

ホノルル空港は大丈夫?



ハワイの今日は風向きの違う強い風が吹いていました。いつもエバ側から着陸する旅客機が、めずらしく、ワイキキ側からホノルルのダウンタウンをかするように着陸していました。

先日のニューヨークのケネディ国際空港で起こった旅客機の接触事故には、あまり驚きませんでした。離陸のため滑走路に向っていたエールフランスの大型旅客機エアバスA380の主翼が、ボストンから到着したコムエアーの小型機の尾翼に接触しました。

テレビニュースはこの接触場面を何度も放映していました。かなりスピードが出ていた大型機が止まっている小型機に接触して、小型機はオモチャの飛行機のように引きずられ90度回転して方向を変えました。大型機の475人、小型機の62人にけが人が出なかったのが幸いでした。一つ間違うと大きな事故になる出来事でした。

このごろ、よく管制官の居眠りのニュースを聞いていただけに、またかと言う空港での事故でした。先月も、首都ワシントン近郊にある空港の管制官が居眠りをしていて、その間に2機の旅客機が独自の判断で着陸した事件が大きなニュースになっていました。昨日ネバダ州のリノ・タホ国際空港でも、管制官が居眠りし、航空機は他の施設と交信しながら無事に着陸しました。その前にはテネシー州でも管制官の居眠り事件が起きています。

1977年スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島にある空港の滑走路上で2機のボーイング747型機同士が衝突し、乗客乗員合わせて583人が亡くなった事故がありました。今回のニューヨークのケネディ国際空港では大惨事にはなりませんでしたが、一度事故が発生すると大惨事となる飛行機事故です。

深夜目を覚まし外を見ると、ホノルル空港から飛び立つ旅客機の非常灯が点滅するのを見ることがあります。多くの人を乗せて空を飛ぶ旅客機、それをサポートする管制塔ではうっかりは許されません。もうこれ以上、この種のニュースはないように願います。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1987

ホノルル空港の工事



日本から、世界から期待に胸を膨らませ降りるホノルル空港。旅客機の小さな窓から、ダウンタウンの高層ビル群の背後にダイヤモンドヘッドが見えると誰でもワクワクします。

70年代に整備されたホノルル空港も手直しの時期に来たようです。ハワイ州は、この先12年間に空港を近代化する計画を立てています。総予算は23億ドル。すでにインターアイランドのターミナルで、新しいコンコースの拡張工事が始まっています。

インターアイランドの後は、メイン・ターミナルと3つの新しいコンコースの工事が続く予定です。工事は、フライトの運航状況に影響が出ないよう段階を追って慎重に進められます。ハイテクで環境に配慮した自然光を取り込んだ新しい空港は、ハワイらしい近代的な空港になりそうです。

カリフォルニアのLAXは、ホノルル空港を大きくした感じだったり、私が利用したアメリカの空港は、おしなべてどこも同じような空港が多いような気がします。ホノルル空港が、2021年にはどんな空港に生まれ変わるか楽しみです。



819

空港物語(中部国際空港編)



この間更新したかと思っていたのに、パスポートをチェックしたら、今年の末に期限がやってくる。ちょうど9月に帰国するので、その時に更新をしようと思っています。

パスポートを見てみたら、この10年で25回、アメリカと日本を往復しています。多い年で、年5回、平均年2回。思い起こしてみると、それぞれの移動に色々なアクシデントがあったりしました。忘れられないのが2006年12月の中部国際空港での出来事。

一時帰国して、ハワイに戻るジャルウェイズ便が、強い西からの強風(鈴鹿おろし)のため欠航になりました。散々待たされたあげく強風のための欠航で、とても信じられませんでした。当時、コンチネンタル航空のハワイ便も中部国際空港から同時刻にあって、コンチネンタル航空は、定刻に飛んだのに、日本航空は独自の規定に触れ欠航になったのです。

欠航のアナウンスに、チェックインカウンターは人でごった返していました。説明では、明日また同じ時刻にチェックインカウンターで手続きをするとのこと。夜11時を過ぎて、帰って出直せはないでしょう。早朝遠く北陸からやってきた男性は、ジャルの職員に声を荒立てていました。

泣く泣く帰った人もいたようです。言った者(クレームを正しく主張した者)勝ちで、幸い私は、タクシーとホテルを手配していただきました。もちろん、すべてジャルの支払い。

北風にみぞれ交じりの中、タクシーに乗ってホテルに向かったのは、もう日付けが変っていました。ホテルは、豊橋か小牧かを提示されましたが、豊橋より近い50km離れた小牧のホテルをお願いしました。新空港開港当時は、まだ近くに大きなホテルがなかったのですが、なぜ25km離れた名古屋のホテルを手配しなかったのかと思います。タクシーの料金は、高速代を入れて片道2万円近くかかりました。ホテルに付く頃には、みぞれが雪に変わっていました。

翌日、起きてびっくり。外は一面銀世界。深夜降り始めた雪は、5cm程の積雪になっていました。高速は全面通行止め、小雪の中12時にホテルを出て、一般道を倍以上の時間をかけ空港に向かいました。幸いに、午後から雪も止み、太陽も顔をのぞかせ、定刻にハワイ便は飛び立ちました。

中部国際空港以前の名古屋空港では、強風による欠航がなかっただけに信じられない出来事です。中部国際空港になって、ずい分不便になったと感じます。開港当時あった、名古屋駅からのリムジンバスも、廃止になっています。中部国際空港は、別名「トヨタ空港」と呼ばれています。トヨタ本社行きのリムジンバスは、まだあるようです。中部国際空港は、企業にはやさしく、個人にはやさしくない空港に感じられるのは自分だけでしょうか?

現在、中部国際空港からのハワイ便は1日1便だけ。名古屋空港では、以前JAL、ANA、ノースウエストがハワイ便を同時刻に飛ばしていたのが嘘のようです。

中部国際空港から撤退する航空会社が多い今、成田、関空経由で海外に行かなければならない今、空港の価値が問われるでしょう?ハワイ便だけは、どうかなくさないで下さいと祈るばかりです。

週末はこれでOK ?



日本のニュースをチェックすると、今一番話題になっている問題が「北朝鮮のミサイル」。今週末に、発射されるようですね。

ホノルル国際空港の西側に隣接するヒッカム空軍基地で、2003年に航空ショウがありました。画像は、その時のステルス戦闘爆撃機。パイロットに乗り心地を聞くと、親指を上げて、「Incredible!」

この飛行機は、アメリカ空軍が秘かに開発した「F-117」で、赤外線及びレーダー探知を困難にさせるステルス性能を備えた機体。機体形状はレーダー電波を乱反射させるために複雑な平面で構成されており、赤外線に対しては、排気ノズルを横方向に細長くし、外気によって排気温度を下げている。

韓国には、この戦闘機が20機ほどが配備されている。素人考えでは、レーダーに写らないステルスをうまく使って、ミサイルを落とせないのかなぁ?爆撃機だから、無理かな?

話し合いによって、週末何も起こらないことを祈っています。