モーハワイ☆コム

カテゴリー:日本

ハワイより揺れる日本を憂う



まだ日本では、マグニチュード震度5以上の余震が毎日のように続いています。今日は何度も大きな揺れが日本を襲ったようです。震災地の人々の不安な気持を考えると、本当に早く収まってくれることを願っています。

震度5程度は頻繁に起こり、また来たかというのが日本の現状でしょう。世界に目を向けてみると、1970年から2000年までの30年間の震度5以上の世界の地震数があります。イギリス(0)、フランス・ドイツ(2)、アメリカ(322)、日本(3954)となっています。日本は桁外れに地震が多くなっています。その地震大国日本にあるのが55の原子力発電所。

福島第一原発事故の大きさの認識がやっとついてきたようで、原発事故の認識がチェルノブイリと同じ事故評価レベルを最悪の7に引き上げられました。これ以上の被害が出ないように、原発事故の一日も早い収束を願って止みません。

先のドイツでの州議会選挙の結果は、反原発の世論が高まる中、原発反対の党が大躍進を遂げました。ハワイから今回の日本の統一地方選挙に注目していました。福島第一原発事故で、特に原発を抱える北海道、福井、島根、佐賀の4知事選が気になりました。原発を抱える地域では、福島の原発事故も他人事ではありません。結果は以外にも、原発容認の現職がすべて再選されました。

今の日本で、原発容認の現職がすべて再選されたのは驚きました。選挙が終わったタイミングでレベルが5から7に引き上げられたことは、何か不自然な気がします。原発推進派の現職が多数当選したのを受けて、国は民意は原発容認と判断したのでしょう。

参考:ハワイでは、1868年から現在までの142年の間にマグニチュード6以上の地震が11度ありました。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1972

ハワイで感じる春の憂鬱



4月になり日本からも桜の便りが聞こえてきました。私が高校卒業時に植えた実家の桜が満開を迎えようとしているようです。例年ならば、お花見ムード一辺になる日本も今年は違うようです。

ハワイの毎日のニュースでも取り上げられている東電の原発のゆくえがとても気になります。微量ですが、ハワイでも福島から発せられている放射性ヨウ素-131が測定されています。原発は日本だけの問題ではなくなっています。

東洋経済新報社が出版している四季報によると、「東京電力は世界最大の民間電力会社で、業界の主導的存在」となっています。先日の東電の、原発事故現場で新聞紙、オガクズ等で懸命の処置をしているというニュースには驚きました。小学生の理科の実験ならまだしも、原発事故のレベルはそんなものかと素人考えでも心配になります。世界最大の民間電力会社と日本政府の対応能力が世界から注目されています。

枝野官房長官は昨日午前の記者会見で、福島第1原発の放射能漏れ事故を受け、年間1ミリシーベルトとしている住民の被曝限度量について、引き上げを検討していることを明らかにしました。今までの限度量は何だったのでしょう?ハードルを高くすれば、国民は安心するのでしょうか?非常時とはいえ「安全な放射線」は1年間1ミリで変わらないはずです。単純に考えて、1ミリシーベルトから20ミリシーベルトになると、ガンになる危険性は20倍に上がるはずです。

政府が発表する被曝限度量は「国民の健康を考えているのではなく、政府の保身」からと考えてしまう人も少なくないでしょう。アメリカの原子力専門家の中には、福島原発事故は「天災ではなく人災」だと言う人もいます。

経済産業省を中心に政府が拠出する原子力予算は年間約8370億円。 多くの国民の税金が天下り法人の維持に使われているようです。

独立行政法人原子力安全基盤機構
独立行政法人日本原子力研究開発機構
独立行政法人原子力環境整備促進資金管理センター
財団法人原子力安全研究協会
財団法人原子力安全技術センター
財団法人原子力国際技術センター
財団法人日本原子文化振興財団
原子力委員会(JAEC)(内閣府)
原子力安全委員会(NSC)(内閣府)
原子力安全 保安院(NISA)(経済産業省)
原子力発電環境整備機構(NUMO)
(社)日本原子力産業協会(JAIF)
(社)日本原子力学会(AESJ)
(財)原子力安全技術センター(NUSTEC)
(独)原子力安全基盤機構(JNES)
(社)日本原子力技術協会(JANTI)
(財)原子力安全研究協会(NSRA)

このような立派な名前を付けたほとんど機能していない天下り法人も、今の原発事故の原因の一つのような気がします。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ


産経新聞より

ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1810

大阪で地震?



ハワイ島のキラウエア火山の火山活動が、再び活発になっているようです。ハワイ火山観測所は、プウオオ火口原で、先週末に溶岩の増量が確認され、溶岩の活動に伴う微震も確認されています。時期が時期だけにとても気になる動きです。

昨日も、日本からの地震情報がアメリカに届きびっくりしました。東北沿岸で起きた巨大地震の余震活動は毎日のように続いているようですが、昨日の英語ニュースの見出しは「大阪、マグニチュード6.5の地震」になっていました。大阪で地震!驚いて日本のニュースをチェックすると、宮城県沖で今月11日の地震の余震とみられるマグニチュード6.5の地震があり、宮城県石巻市で震度5弱の揺れを観測したものでした。英語のニュースも、よく読んでみれば、ニュース元が大阪ですが、地震は宮城沖の余震を伝えるものでした。

地震でも、津波でも生き残った人が自ら命を絶たねばならない悲しいニュースにやりきれない気持になります。原発がなければ死ぬことはなかった農家の方が死に追いやられたニュースは、日本では大きく取り上げられたのでしょうか?福島原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日の事件でした。

雨の日も雪の寒い日も、一生懸命育てた野菜を処分しなければならない農家の人々の気持ちを想うとやりきれません。こんな悲しい事があってはなりません。

『自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。 ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。 遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も 「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。
23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」
男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、 この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。 農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。 「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。 そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。
遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。 長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。これからどうなるのか。 農家はみんな不安に思っている。もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。』(朝日新聞)

日本政府は、地震からも、津波からも生きながらえた罪のない人たちが自ら命を絶たなくてはならない世界にしてはいけません。政府、東電はチェルノブイリとは違うとの見解ですが、福島はすでにチェルノブイリ状態です。一日も早く現状がよくなることを祈っています。それにしても、285トンの中国産キャベツを緊急に輸入した日本、本当に大丈夫でしょうか?つい最近まで、中国産野菜は危ないので庶民は敬遠していたはず・・・

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1873

あの日から変わったもの



3月11日の大震災の衝撃的な出来事から、変わったものがたくさんあります。被災された人々のことを思うと本当に心が痛みます。

あの日から、私の中でも何かが変わってしまいました。日本から送られてくる大震災の、津波の、原発の映像を観て、被災地の人々の事を想うと、いままで通りにハワイブログを書くのをためらってしまいます。

先週まで、東北関東大震災のニュースで埋め尽くされていたアメリカのメディアも、多国籍軍のリビア攻撃にシフトしています。原発の行方にはまだまだ世界が注目していますが、早く多くの犠牲を出すことなく、収束することを願うだけです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1815

美しい日本がんばれ #9!



災害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。まだ救助されていない方の早い救助と、これ以上被害がでないようお祈りします。また、被災地において日夜、被害者救助と災害対策に全力を尽くしていられる方に、深く敬意と感謝の意を表します。

原発の現場では、危険にわが身をさらし懸命の冷却作業が続けられています。日本の、世界の誰もが、原子力発電の存在価値について今考えていることでしょう。ハワイには原発はありません。オーストラリアにも原発はありません。イタリアにもスペインにも原発はありません。これを機会に、原発は本当に必要なのかを考える考えることはとても大切なことです。どんなに便利な生活が送れるようになっても、放射能を浴びるリスクをびくびくしながら過ごす世界がすばらしいものとは思えません。少しくらい便利でなくても、平和な国、平和な世界がいいと思う人は少なくないはずです。

1年前のちょうど今日、宮城、福島の旅行に出かけ仙台空港に着きました。私たちが訪れたのは、まさに震災があったその地域です。今回の大地震が1年前に起こっていたならば、私たちは被災していたかもしれません。そして被害者リストに私たちの名前掲載されたかもしれません。今回の震災は、ハワイにいながらも、私にとってはとても身近なものに感じられ、ショックも一層大きなものでした。

東北関東大震災について11日より10日間ブログを続けてきました。10日経った今も行方不明者が1万2千人以上いる現実を考えると、やりきれない気持ちになりますが、昨日は、孫とおばあさんの2人が救助された明るいニュースもありました。これからまた、大震災のトピックに戻ることもあるかと思いますが、今日を一つの区切りとして、ハワイにも少しずつ目を向けていきたいと思います。

原発が、これ以上悪化しないことを祈るだけです。愛する美しい日本が一日も早く戻ってくれることを願って止みません。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1800

美しい日本がんばれ #8!



災害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。まだ救助されていない方の早い救助と、これ以上被害がでないようお祈りします。また、被災地において日夜、被害者救助と災害対策に全力を尽くしていられる方に、深く敬意と感謝の意を表します。

福島原発は未だ予断を許さない状況ですが、今一番しっかりしなければならない永田町が迷走しています。菅首相が、自民党の谷垣総裁に、副総理兼震災復興担当相としての入閣を要請したのには驚きました。法案を通すためには何でもできるのでしょうか?日本人としてプライドはないのでしょうか?保身しか感じられないのは残念です。今一番頼れるのは、政治ではなく庶民の国民一人一人なのでしょう。

復興を大義名分に、政府に増税、消費税を上げさせてはいけません。大幅に経済後退するそのような愚案を許してはいけません。世界の支援を受け、国民は一つになり、必死に生きようとしています。永田町の賢い人たちが、日本がうまく復興するよう方向付けしてくれることを祈ります。

今は原発が、これ以上悪化しないことを祈るだけです。愛する美しい日本が一日も早く戻ってくれることを願って止みません。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1552

美しい日本がんばれ #7!



災害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。まだ救助されていない方の早い救助と、これ以上被害がでないようお祈りします。また、被災地において日夜、被害者救助と災害対策に全力を尽くしていられる方に、深く敬意と感謝の意を表します。

オアフ島カイルアに住むの9歳と6歳の2人の子どもが、日本で発生した東北地方太平洋沖地震支援のため、手作りレモネードを販売しました。手作りレモネードは1カップ25セントで販売され、レモネードの売上と善意の寄付によって、2時間で合計$100の収益をあげました。小さな子供までも日本の悲惨さを感じています。2人の子どもの日本の災害者へのやさしい想いに胸が熱くなります。

福島原発を一日も早く制御しなければなりません。美しい日本を被曝させてはいけません。原発が、これ以上悪化しないことを祈るだけです。愛する美しい日本が一日も早く戻ってくれることを願って止みません。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ


アメリカからのレスキュー隊とレスキュー犬( New York Times より )


日本の宝である幼い子供を決して被曝させはいけません( New York Times より )



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1613

美しい日本がんばれ #6!



災害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。まだ救助されていない方の早い救助と、これ以上被害がでないようお祈りします。また、被災地において日夜、被害者救助と災害対策に全力を尽くしていられる方に、深く敬意と感謝の意を表します。

ちょうど一週間前、日本の市況放送を聞いていると、東京兜町のスタジオから「大きな地震です」と言うニュース・キャスターに驚きました。その後の悲惨なニュースには言葉もありません。

地震の被害、津波の被害には目を覆うものがありますが、日本政府の原発に対する危機意識に世界が注目しています。ここにきて、原発の日本と世界の危険性の認識の違いが大きくなってきました。枝野官房長官の「直ちに健康に影響はない」を信じている国は多くはないようです。

現在も空中に放射性物質が流出している現実があります。放射線を浴びて影響が出るのは、白血病は数年後、甲状腺ガンなどは20年以上経過してからです。「直ちに健康に影響はない」に安心はできません、レントゲン撮影との比較もされていますが、一度きりのレントゲン撮影と違い、原発は毎日放射性物質が流失されている事実です。わずかでも、毎日放射性物質を体内に取り入れたらどうなるのでしょう?大丈夫だという値は、一年に浴びる放射線量だったりします。

放射線被曝の危険性が高いとして、アメリカ・イギリス・中国など各国政府が相次いで自国民に避難勧告を行っています。ロシアは大使館まで国外避難です。日本政府の冷静(?)な勧告とは大違いです。ハワイから日本を離れて客観的にみても、本当に福島原発は大丈夫なのかと思ってしまいます。

震災現場には徐々に援助の手が届いていることは嬉しいことです。宮城県東松島市のお寺には、避難して500人が集まっています。 ここは行政が指定した避難所ではないので、行政からの支援がされないそうです。ルールは時に人を救えません。行政だけに支援を任したらダメだとNPO法人が支援してくれています。

原発はこれ以上、状況が悪化しないことを祈るだけです。愛する美しい日本が一日も早く戻ってくれることを願って止みません。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1704

美しい日本がんばれ #5!



災害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。まだ救助されていない方の早い救助と、これ以上被害がでないようお祈りします。また、被災地において日夜、被害者救助と災害対策に全力を尽くしていられる方に、深く敬意と感謝の意を表します。

ハワイにいながら、時間の許す限りNHKのテレビニュースを見ています。日本の午前中の自衛隊のヘリによる原子炉冷却のための海水投下場面をライブで見ていました。「焼け石の水」のような必死の作業をしなければならない原発の現状を考えると、悲しくなりました。命を危険にさらして作業しなければならない多くの現場の人、そしてその家族の気持を思いやるとやり切れません。

寒い雪景色の被災地を映像で見ると、胸が痛くなります。避難所にいる人たちの姿には高齢の父母と同じ世代の人がたくさん見られます。身を粉にして今の日本を創り上げてくれた人々です。政府が早く避難所の人々が少しでも快適に過ごすことができるよう、援助の手を届けて欲しいと思います。

アメリカ軍の「友達作戦( Operation Tomodachi ) 」もがんばっています。でも日本とのコンタクトが上手くいっていないようです。被災地には、ヘリによって大量のケッロッグ社の「コンフレーク」が運ばれています。支援基地には、菓子パンやおにぎりが集まっていると言います。そんなものを被災地に届けてくれればいいのにと思ってしまいます。どの現場も、パニックなのでしょう。

原発はこれ以上、状況が悪化しないことを祈るだけです。愛する美しい日本が一日も早く戻ってくれることを願って止みません。

アメリカ軍救援活動作戦名 「Operation Tomodaci

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

1854

美しい日本がんばれ #4!



災害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。まだ救助されていない方の早い救助と、これ以上被害がでないようお祈りします。

今回の地震で、想定外のことが起こることを前提に将来を考えなければならなくなりました。放射能の恐ろしさを一番知っているはずの私たち日本人が、原発の恐ろしさをないがしろにしてきました。今回の災害で学習することをしなければいけません。あまりに原子力に頼りきった日本の今の現状を考える時がきました。

原発がないと日本の電気はまかなえないという状況を作ってきたのは企業であり、私たち自身でもあります。 大勢の人の命を奪うリスクを冒す価値のあるものなのか、私たちは今再び考えなければなりません。便利と引き換えに、大勢の命が奪われるリスクは、決して天秤にかけられるものではありません。今回の原発問題をキッカケに、私たちは電気の大切さに気づいて無駄に使わないよう賢くなる必要があります。

フランスの原子力発電依存度70%ほどではありませんが、日本の30%は決して少なくありません。地震の災害にあわれた人々や原発近くに住む人々の避難の状況は、想像を絶します。これ以上状況が悪化しないことを祈るだけです。愛する美しい日本が一日も早く戻ってくれることを願って止みません。

オアフ島のヒッカム空軍基地から救援物資が積み込まれたC-17航空機が飛び立っています。アメリカ軍救援活動作戦名 「Operation Tomodachi

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ



ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

2013