モーハワイ☆コム

カテゴリー:アンティーク・ストア

ワイキキの骨董市



去年ぐらいからワイキキのクヒオ通り、フォー・パドルの西にあるワイキキコーブの駐車場で不定期に骨董市(のみの市)がオープンしています。今年になって月に1回日曜日に定期的にオープンされています。

ダウンタウン&チャイナタウンの第一金曜のファースト・フライデーが当初のギャラリー巡りのファースト・フライデーではなくなってしまいました。当初17のギャラリーが参加して始まったギャラリー巡りのファースト・フライデーが、今では参加するギャラリーのほとんどが潰れたりして現在ではたったの3つのギャラリーだけの参加。実質ギャラリー巡りのファースト・フライデーが、現在では飲食店中心のイベントとなってしまいました。

チャイナタウンでも異色のギャラリーのオーナーで、チャイナタウンをアートの空間にしようとしたファースト・フライデーの仕掛け人の1人が今年になって店を閉めました。チャイナタウンのドンと呼ばれたロイ・ベンダース氏がチャイナタウンを去りました。「アートとは程遠いファースト・フライデーになってしまった今は、盛り場のノンベイたちの溜まり場になった」とロイ氏が嘆いています。ローカルニュースでは、自治がファースト・フライデーなどイベント後の街の放尿や器物破損などの問題を取り上げていると紹介しています。

ロイ氏が昨年からオープンしているのが、ワイキキの骨董市です。ロイ氏が友人とオープンしています。骨董というよりガラクタがほとんどですが、中にはどの骨董店にもないような珍しい骨董(ガラクタ)があったりします。先日バージニア州で、数ドルで購入した箱一杯のガラクタの中からフランス印象派ルノワールの本物の絵画が見つかりました。そんなお宝を見つけることができる可能性のあるのが骨董市(のみの市)の醍醐味です。

ワイキキのクヒオ通りで日曜に開催されています。ルノワールの絵画が見つからなくても、冷やかしにのぞいてみても面白いでしょう。

*いつも応援クリックありがとうございます。 ブログを続けられるのも、みなさんの応援があるからです。アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。

 応援クリックよろしくお願いします。マハロ














ロイ・ベンダース氏

 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

5977

チャイナタウンの古い店



チャイナタウンには不思議な空間がたくさんあります。ここもその一つ。チャイナタウンを歩いていると、一際目立つ古い建物のお店。めったに開店していません。

ハワイに引っ越してきた当時は、時々のぞいていたお店でしたが、最近は自分の生活リズムと合わないのか、いつ通っても閉まっている不思議なお店です。どうやって生計を立てているのでしょう?

広東からの移民をおばあさんに持つボブのアンティークのお店は、きっとチャイナタウン一古いお店でしょう。80年以上もこの地でお店を構えているその店内は、80年前と変わらず、ショウウインドウは雨漏りがするようで、古いパイレックスのボールが雨受けをしています。

ずい分前に、ボブが少年時代の何十人も写っている大きな家族写真を見せてもらったことがあります。もちろん、ハワイがアメリカになる前の写真です。このお店には、その当時の雰囲気がそのまま残っています。ボブがお店で使用している輪ゴムは、50年以上も前の決して溶けない丈夫な輪ゴムです。店内には、東洋の磁器、絹の中国服、ハワイがアメリカになる前の絵ハガキなど、アンティーク&がらくたの小物の品ぞろえでいっぱいです。店内は、何十年も前の不思議な空間です。

ハワイ出身の歌手で女優でもあるベット・ミドラーも来店し、アメリカTVドラマ「ハワイ・ファイブ・オー」にも出たことのあるこのお店は、後を継ぐ人もなく、ボブが最後の店主になりそうです。カメラを出すと、鼻の先にずらせた老眼鏡を取って、素敵な笑顔を見せてくれました。

LAI FONG INC.
Antiques and Colllectibles
1118 Nuuanu Ave Honolulu
(808)537-3497



747

カイルア・アンティーク店



パリハイウェイからカイルアに入る所にアンティークショップの The Hunter Collectibles があります。バス停がすぐ目の前にあるあのお店です。

ここのお店のお姉さんは東洋系のとてもフレンドリーな方で、気兼ねなく商品がゆっくり見られます。カイルアには何店かアンティークストアがありますが、ここは'50年代のキッチンウェアや懐かしいオモチャや雑貨などが、お値打ちになっています。コーナーごとに分けられた見やすいディスプレイは、何人かのアンティーク業者ごとのディスプレイになっています。同じ商品でも、右と左の棚の商品の値段が違っていたりします。

ここでのお買い得品は、品揃えもあるファイヤーキング、パイレックス商品でしょう。私がハワイに移住した頃は、グットウィルやスリフトストアで、1ドル以下で見つけられた商品が、今は、アンティークショップで何十倍にもなって販売されています。ファイアーキングのミルクガラスのカップを2つで50セントで購入した覚えがあります。でも、今はグットウィルやスリフトストアで見つけることは、ほとんどできません。このお店の値段は良心的です。

この日は、全商品が10%引きです。アロハシャツを見てみると、クリーニングのタグの付いた新品同様のレイン・スプーナーのアロハが7点ほどありました。これはアンティークではなく、中古品です。気に入った柄が1点ありました。8ドルの表示ですが、10%引きにつられ買ってしまいました。他に、1ドルのアンティーク・ジュエリーもあります。捜せば、お宝が見つかるかもしれません。



781

カパフルのアンティーク店



カパフルにある有名なアンティークショップ、Bailey's Antiques & Aloha Shirts Inc に久しぶりに行ってみました。日本でも、色々な雑誌で取り上げられているらしく、その雑誌のコピーが店内にあります。

5、6年ぶりでしょうか?以前と違って、お店の名前のようにアロハシャツがたくさん店内にあります。以前のお店は、アンティークとアロハシャツが半々くらいだったのが、今ではアロハシャツがほとんどのお店に変わっていました。1点3000ドルのアロハシャツもあります。きっと、アロハシャツの方が儲けがあるんでしょう。

話好きなお店のお姉さんはシュウ・ウインドウにある貴重な’70年代のテレビドラマ「ハワイ・ファイブ・オー」のオリジナル台本も見せてくれました。500ドルもします。お店には、やはり日本人のお客さんが何人かいました。

店内の有名人の写真の中に、女優の宮沢りえの写真があります。たしか、彼女の写真はノースショアのワイアルアのソープ・ファクトリーの中にもあった記憶があります。同じ洋服のような気がします。同日に弾丸ツアーで観光地巡りをしてお店の人に写真を撮られたのでしょう。明石屋さんまのにやけた写真もあります。

日本人だけではなく、ハリウッド映画俳優のニコラス・ケイジの写真もあります。2002年の映画「ウインドトーカーズ」ロケ時のものでしょう。オアフ島のプライベート・ビーチで、1400人ものエキストラを使って迫力ある5種類もの戦場シーンが撮られた映画です。

お店のお姉さんによると、ニコラス・ケイジはごきげんで、一度に2000ドルもの買い物をしてくれたといいます。昨年のバーナード・マドフによる巨額詐欺事件に巻き込まれ?、彼のファンドに多額の投資していたニコラスケイジは破産宣告したはずだから、あのアロハシャツのコレクションを売りに出せばいいのに、なんて世間話をして帰ってきました。



841