本土にあってハワイにないものがたくさんあります。そんなブランドの一つがヴィクトリア・シークレットでしたが、やっと半年前にアラモアナにもやってきました。ずいぶん遅い展開です。同じ会社が来年3月アラモアナにハワイ初のバス&ボディ・ワークスをオープンします。

ヴィクトリア・シークレットを知ったのは、1980年代中ごろでした。その頃、自宅には当時のスーパーモデルのナオミ・キャンベルがモデルをするメール・オーダーのカタログが定期的に送られてきていました。

1977年、カリフォルニアのサンフランシスコのスタンフォード大学出のロイ・レイモンド氏がスタンフォードで始めたのがヴィクトリア・シークレットの始まりです。奥さんに下着をプレゼントしようとデパートの下着売り場に出向いて恥ずかしい思いをしたのをヒントに、男性でも買い物ができる女性下着専門店を開店します。アメリカでは男性が女性に下着をプレゼントする習慣があります。彼のビジネスは上手くいき、5年後に大企業に巨額で売却します。そして、新たなビジネスを始めますが、それが失敗して、1993年彼はサンフランシスコのゴールデン・ゲイト橋から投身自殺します。
大企業に売却されたヴィクトリア・シークレットは大ヒットして、80年代後半にはアメリカの大きなショッピング・モールのほとんどでヴィクトリア・シークレットを見ることができるようになりました。90年にはアメリカ一の下着小売店になります。今では、アメリカ女性下着の代名詞にもなったヴィクトリア・シークレットは、これからどんな展開をしていくのでしょう。

ヴィクトリア・シークレットは当初から、スーパーモデルを利用して下着のファッションレベルを常にリードしています。また話題に事欠きません。レオナルド・ディカプリオのガールフレンドのバー・ラファエリもヴィクトリア・シークレットのモデルでした。また、世界のトップモデルのジゼル・ブンチェンもヴィクトリア・シークレットのモデルで、レオナルド・ディカプリオの元彼女です。どうもヴィクトリア・シークレットには、レオナルド・ディカプリオを魅せる秘密が何かあるようです。

やっとハワイにやってきたヴィクトリア・シークレット、アラモアナのお店は当然アメリカ人観光客をターゲットにしてはいないでしょう。地元のモールに行けば、お店があるのですから。創始者が男性でも気軽に入店できるお店にしたのがヴィクトリア・シークレットですが、私は未だ、色鮮やかな店内では目のやり場に困ります。







1208