ハワイでも最も人気のあるパールハーバーのUSSアリゾナ・メモリアル・ツアーが先週の月曜日から10日間、休止となっています。

ここには、1941年の真珠湾攻撃に関する資料が展示されており、毎日4000人もの入場者がありますが、水曜日まで、新しいシアターを設置するために一時的に休館しています。2008年から始まった2カ年計画の改装計画一部で、今年12月7日の記念セレモニーまでには完了予定です。

久しぶりに、そう5年ぶりでしょうか?日本からの来客に付き合って何度も訪れている場所ですが、すっかり変わっていてびっくりしました。以前の建物はなく、全く違ってしまっていました。建物入り口にあった戦艦アリゾナの大きなイカリは、メモリアルを望む海近くに移動されていました。植えられたばかりの木々はまだ背が低いのですが、すぐに大きな木々になりボートを待つ人のために木陰を作ってくれるでしょう。メモリアル・ツアーが休止にもかかわらず、たくさんの観光客が訪れていました。

今回は、メモリアル・ツアーが休止中なので、きっと空いているだろうと考えて、3年前にオープンした付随する施設「太平洋航空博物館」に初めて行ってきました。



http://www.mo-hawaii.com/tigger/wp-content/uploads/sites/243/line-51.bmp
846