以前、少し紹介した「ハワイ 5-0」(ハワイ・ファイブ・オー、 “Hawaii Five-O” )は、アメリカCBS系で1968年から1980年まで12シーズンに渡り、284話が放送された、全米で大ヒットしたテレビドラマです。

ハワイ5-0とは、ハワイ州知事直属の特別捜査班で、元海兵隊のスティーブ・マクギャレット率いる捜査班が、ハワイ州内のさまざまな犯罪事件の捜査を行います。本部のあるハワイ州庁舎は現実のものではなく、ハワイ王朝が短い間、宮殿として使用したカメハメハ大王の背後のビルが使われています。

オープニングの空撮で、マクギャレットがバルコニーに立っている建物は、ワイキキのイリカイ・ホテルです。マクギャレットを演じたジャック・ロードは、今もハワイアンの誇りで、ダウンタウンのハワイシアターの入り口には彼の名前が刻まれています。

オープニング・テーマは、ザ・ベンチャーズが演奏しており、1969年にビルボード・シングル・チャートの4位にランクインしたほどヒットしました。

リアルタイムでこの番組を見ていた人によると、当時は、今のようにたくさんチャンネルがある時代ではなかったので、全米の多くの人がゴールデンアワーにこの番組を見ていました。日本では「スパイ大作戦」の後、少しの間、放映されたようですが、日本ではヒットしなく、長くは続かなかったようです。

ハワイでは現在も、再放送が毎日午後7時から8時まで、11チャンネルで放映されています。最近、私はまたこれをよく見ています。

60年代〜70年代当時のハワイの背景が楽しめます。12年にわたり、どのようにハワイが変わっていくのかをテレビドラマで楽しめるのです。私が住んでいる、写真のハワイシアター界隈は、よく番組に出てきます。

ハワイに来られる方は、観光にショッピングに忙しいので、午後7時にホテルの部屋にいることは、ほとんどないかもしれません。でも、もしその機会があったなら、一度11チャンネルに合わせて、30年以上昔のハワイにタイムスリップするのも面白いでしょう。

ハワイに来られない人は、CBSのサイトから10話ほどを見ることもできます。ハワイマニアは、必見の番組です。






http://www.mo-hawaii.com/tigger/wp-content/uploads/sites/243/line-51.bmp