毎日のようにチャイナタウンのマーケットに足を運ぶと、ハワイでも店頭に並ぶフルーツと野菜が季節によって微妙に違います。春にはエンドウが、秋になれば柿が店頭に並びます。

先週から夏を代表する果物のスイカが、チャイナタウンの店頭で見られるようになりました。ハワイの野菜とフルーツの80%はハワイの外からやってくるのですが、このスイカはハワイ産のスイカです。ハワイの火山灰の堆積した赤土に育てられた甘みがいっぱいのスイカです。本土からやって来る大きなスイカと違って、少し小ぶりのハワイのスイカです。

1ポンド(453g)69セントのスイカと一個2.99ドルのスイカは、昨年と比べると幾分安くなっています。季節に左右される農作物ですが、今年のスイカは安く食べられそうです。

これから、本格的な夏になると、チャイナタウンではポンド売りから1個売りに変わります。1個2ドルを切るようになったら、我家の食卓でも毎日、オアフ島産の「甘いスイカ」が出ることでしょう。チャイナタウンでは11月までの半年がスイカのシーズンになります。

ハワイの日差しがだんだんと夏色になってきました。これからの季節、さらに美味しくなるのがハワイのフルーツ、マンゴー、パパイヤ、パイナップル、スイカです。夏のフルーツがチャイナタウンの店頭にお値打ちに出てくるのも、もうすぐでしょう。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ