もう随分前のこと。毎週金曜の昼にはダウンタウンのビショップ・スクウェアで音楽のライブ演奏が行われていました。景気が悪くなり、市が予算をカットして恒例のコンサートは中止となりました。

今は時々金曜の昼、特別なイベントなどが開催されることもあります。先週のアロハ・フライデー、近くを通りかかるとこれからバンド演奏がちょうど始まるところでした。

歳頃をみると高校生くらいのブラスバンドです。お揃いのアロハシャツを身に付ける肌の白さが目立ちます。眩しいほどの白さです。誰一人、日焼けしていません。一見して、地元ハワイの学生でないことがわかりました。

バンドの演奏を今かと見守る人たちの肌も、どう見てもハワイに住む人たちとは随分違います。声をかけると、アラスカ州アンカレッジからやってきたミドルスクール8年生(中学2年生)75人だそうです。そして、声をかけたのはビデオカメラで娘の晴れ姿を撮ろうとしていた父親でした。

ホノルル国際空港に行くと、飛行機の尾翼に大きなイヌイットの顔が印象的なアラスカ航空の航空機をよく見かけます。アラスカ州アンカレッジとワシントン州シアトルに拠点を持つアラスカ航空は、アメリカ西海岸を中心にアメリカ、カナダ、メキシコへネットワークを拡げています。

ハワイにはオアフ島だけでなく、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島にも本土からの定期便があります。週に30便以上飛んでくるのですから、ホノルル空港でもよく見かけるはずです。

まだ雪のある寒いアンカレッジの今日の気温は最高1℃、最低−6℃。アラスカ航空の5時間半のフライトで冬から夏にワープ。きっと生徒と生徒を見守る父兄の肌はハワイ焼けして、ハワイの思い出の一つになることでしょう。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4405