チャイナタウンのホテル・ストリートにある中華レストラン&パン屋さん「ルビー」。オープンして32年間、ほぼ年中無休で営業しています。年に何度か、早朝、軽い朝食に入ることがあります。パンを求める人が、ひっきりなしに訪れます。お店を仕切るのは、愛想のいい妹のヘレンと愛想の悪いお姉さんの2人姉妹。

気ぜわしく中華街を往来する人を見ながら、コーヒーとエッグ&ハム・ブレッドをいただきまます。決してシャレタインテリアであるわけでもなく、特別美味しいコーヒーが飲めるわけでもないのに、中華街の中で私がゆっくり時間を過ごせる貴重な空間でした。ここのパンは自家製で、焼きたてのおいしいパンが食べられました。

先月も気ぜわしい二人の姉妹が店内を歩き回るのを見ながら、ゆっくりした時間を過ごしたのでした。先週末に店内を片付けていたので、ちょっとした改装でもするのかと何気にお店を通り過ごしました。

今日「ルビー」の前を通りかかると、頭上にいつもあるレストランの看板がありません。窓ガラスには「フィリピンレストラン・28日オープン」の張り紙があります。店内は以前のテーブルとイスがそのままで、壁の色が新しいペイントに変わっています。あの働き者の姉妹はどこに行ったのでしょう?

同じオアフ島でもワイキキの景気のいい話は別世界のようです。チャイナタウンでは今年になって私の知る3軒の中華レストランが無くなってしまいました。昨年発表されたハワイの人口調査では、フィリピン系アメリカ人がついに日系アメリカ人をぬきました。ホノルルのチャイナタウンでもフィリピン系のお店が増え、マウナキアマーケット前のバス停で西行きのバスを待つ人の光景はマニラ市内のようです。

大好きなチャイナタウンがベトナム&フィリピンタウンになっていくようです。自分のお気に入りの空間が無くなっていくのは寂しい限りです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ











ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4758