ハワイに花の季節が訪れています。シャワーツリーの花の房が日増しに大きくなっています。そよ風に運ばれて、プルメリアの甘い香が漂っています。ハイビスカスの大輪の花が元気です。

ハワイにはさまざまな伝説があります。伝説の中には花にまつわるものも少なくありません。プルメリアやハイビスカスのような華やかさはありませんが、海辺に行くと小さな白い花を見つけることができます。ハワイでは海の近くで簡単に見つけられるハワイ在来のビーチ・ナウパカと呼ばれる植物です。

扇状に花をつけるナウパカは、まるで半分が摘まれたように見えます。このナウパカの花の形から、古くからハワイの人々はいくつもの伝説を言い伝えてきました。ナウパカと呼ばれる花には、数々の伝説があります。

火の神ペレが若者に恋をします。この若者には恋人の彼女がいました。そのことを知ったペレは嫉妬し、怒り狂います。ペレの怒りを避けるために、若者は海へ、恋人の女性は山に逃げます。2人は遠く引き裂かれることになってしまいました。その後、海と山に小さな白い花が咲きました。若者が逃げた海の花は「ビーチ・ナウパカ」、恋人の彼女が逃げた山の花は「マウンテン・ナウパカ」と呼ばれています。それぞれの花は、火の神ペレによって引き裂かれたように、ナウパカは今でも半分の花しか咲かすことしかできません。現在では、この2つのナウパカの花を合わせると、恋人達は必ず結ばれると言われています。

ナウパカの花には、「ロミオとジュリエット」版の伝説もあります。貴族の娘ナウパカは、身分の違う漁師のカウイと恋に落ちます。2人は家を出ます。神の力を借りても2人の恋が叶わないことを悟ります。ナウパカは髪飾りの花を2つに裂きます。半分を恋人のカウイに渡し、山に消えていきました。カウイは、失望のあまり海に姿を消します。その後、海と山に扇状に半分の白い花が咲くようになりました。

ハワイでは華やかなトロピカル・フラワーが目立ちますが、こんな伝説をもつ小さな白い花もあります。今、青いハワイの海を背景にビーチ・ナウパカが満開です。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ





ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします

4159