ラニカイで初日の出を見た後にしなければならないことは、空いたお腹を満足させることです。手ごろにお腹を満たそうとするなら、地元の人に人気のビーチ前のカラパワイ・マーケットに行きましょう。カイルアタウンの入り口バス停前には、このカラパワイの姉妹店カフェ&デリもあります。

カラパワイ・マーケットは、1932年より80年もの長い期間、年中無休で午前6時から午後9時まで営業している、地域密着の日本のコンビニのようなお店です。ワインや薬も供えている、この地域に住む人には、なくてはならないお店になっています。2011年のハレ・アイナ賞の「近所のベスト・レストラン賞」も受賞しています。裏のカイルアビーチから歩いて数分、昼はビーチからのお客さんが絶えません。

お店には雑貨から新鮮な惣菜のデリ、さまざまな種類のコーヒーのセルフサービルのカフェス・ペースも用意されています。早朝からコーヒーの香りが店内に広がり、仕事前にコーヒーとランチを調達するローカルの姿が見られるでしょう。10カップ分のコーヒー料金で、余分に2カップのコーヒーが飲めるプリペイドカードは馴染みの客には好評です。サンドイッチ、ホットドッグ、ピザなどもいただけます。

店内の奥にあるデリー部門の8種類の朝食のメニュー(3.69〜6.29ドル)から選びます。アメリカンチーズ&エッグがトーストされたベーグルに挟まったブレックファースト・ベーグル(3.99ドル)を妻とシェアしました。ベーグルはあらかじめ2等分されていますので、シェアができます。もちろん、入り口のドリンク部門でコーヒー(1.49ドル)を自ら注ぐことも忘れません。店内に用意されたテーブルで、ゆっくりした時間を過ごすことができました。

店内に飾ってある60年以上前の古い写真を見ると、この地域のゼネラル・ストアとしてなくてはならないお店なのがよくわかります。カイルア、ラニカイで気軽に食事をしたいのなら、カイルアの老舗「カラパワイ・マーケット」がお勧めです。

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。マハロ









ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

4138