今日は、ハワイ王朝最後の王、リリウオカラニ女王の生誕を祝うイベントが、ダウンタウンのイオラニ宮殿で開催されました。

イベントは10時に、ロイヤル・ハワイアンバンドの演奏でハワイ王朝の国歌、今はハワイ州歌になってる「ハワイ・ポノイ(偉大なるハワイ)」で始まります。

例年、このイベント中はイオラニ宮殿の1階が無料で公開され、宮殿内に入ることができます。宮殿前のガーデンではステージが設けられ、それを囲むように人が集まり、その外にハワイの文化を紹介する10以上のテント、ポイやレイを作る実演、フードテントなどがありました。ハワイにとって、大切なイベントの一つですが、訪れる人は、決して多くなく静かにイベントが進められました。

リリウオカラニ女王は、1838年9月2日にカラカウア家の娘として誕生しました。ワイキキの大通りの名前にもなっているカラカウア王の妹です。1891年兄の急死のあとを継いでハワイ王国の君主になりました。背景にハワイの歴史が大きく動いた時代があり、リリウオカラニ王女は激動の日々を過ごします。反乱の首謀者の容疑で逮捕され、イオラニ宮殿に幽閉されました。在位はわずか2年足らず、1898年ハワイはアメリカに併合されます。

ハワイの代表曲「アロハ・オエ」は、1878年にリリウオカラニ女王が作った曲で、今も世界の多くの人に親しまれています。「アロハ・オエ」は、アメリカに併合されていく祖国ハワイへの別れの歌だとも、またそのことを悲しんでハワイを去っていく人に捧げた歌だとも言われています。

イオラニ宮殿の裏に一人の女性の像が立っています。観光客は、宮殿前の初代ハワイ王のカメハメハ王像を訪れますが、最後のハワイ王、リリウオカラニ女王像を訪れる人は多くはありません。その存在を知る人が多くないからでしょう。カメハメハ王像から歩いて5分も離れていないのに、なぜか寂しい気がします。

学校で学んだ「アロハ・オエ」の最後のフレーズが記憶から甦ってきます。
アロハ・オエ ♪ アロハ・オエ ♪ さらば、ふるさと ♪
「アロハ・オエ」の生演奏は、毎週金曜の午後12時から、イオラニ宮殿でロイヤル・ハワイアン・バンドがフラ付きで聞かせてくれます。寂しい憂いを持ったハワイアンの名曲を聴いて、リリウオカラニ女王を偲びたいと思います。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。マハロ

















 ハワイブログランキングに参加中!クリックお願いします。マハロ

3932