モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年10月

ラスベガス “Bellagio”に泊まる



グランドサークルのツーリングからラスベガスに戻って“Bellagio”に3泊しました。世界で最もお金がかかったホテルがこの“Bellagio”だと言われています。北イタリアのコモ湖畔にあるリゾートの地名から名付けられたものらしく、ホテルの前にある広大な湖は、そのコモ湖をイメージしたものだそうです。こんな高級ホテルでもワイキキの高級ホテルよりも安く泊まれるので、噴水ショーが見れる部屋を取りました。

 





BGMに合わせて華麗に舞う、噴水ショーがこの窓から見れます。



エッフェル塔をバックに噴水ショーが見れ、虹も懸かっていました。
(噴水ショーは毎日夕方から深夜まで、15〜30分毎に行われていました。)

ザイオン〜ラスベガス (5日目ツーリング最終)



今回のUSツーリングもいよいよラスベガスに戻って終了です。
ザイオンの南ゲートから30マイル程走ってI-15に乗ると、あとはラスベガスまで一本道です。
ユタ→アリゾナ→ネバダとラスベガスに近ずくにつれ、灼熱の太陽により空気が焼けるような熱さで最も過酷な道でした。クルーズコントロールを時速80マイルに合わせて走っていると頭がボーとしてきて、途中2回I-15を降りて休憩しながら走りました。(I-15には休憩する場所がまったくありませんでした)

ラスベガスに入りナビの指示通りにI-15を降りると、また迷ってしまい、渋滞にもハマり16:30の返却予定が10分遅れでレンタルショップに到着。(時差:−1時間)
17:00に閉店なので、早く店を閉めたいのか返す時はあっけなく手続きが終わりました。店の女の子がタクシーを呼んでくれて、運転手に行先を伝えタクシー代を渡していたので、チップ$3を払うだけでホテルまで行くことができました。
USツーリングを無事に走り終え、残りの3泊はラスベガスでのんびりしました。
(写真を撮る気力がなかったのか、ザイオンからの写真は一枚もありませんでした)

【ザイオンからの距離:270km】

【5日目走行距離:474km】

【USツーリング総走行距離:2088km】

☆8/23〜26、USツーリング概算費用☆

ハーレーレンタル代金 (4日間) : $720
  (税金、各保険込)

ガソリン代 : $105 {24.574G (@$4.28/G)}
  {燃費:22.45km/L (1G =3.785L )}

宿泊費 (3泊分) $525

食費 : $200 (この日の夕食は含まず)

入園料 : $160

★合計金額★  $1710 (185,000円)
 (この時のレート:1ドル=108円)

ザイオン国立公園 (5日目)



ザイオン国立公園は4月〜10月まで、環境保護のため車の通行が規制されています。
でも東口ゲートから入ったので、ビジターセンターに向うまでのザイオン-マウントカーメル・ハイウェイの約10kmの爽快なツーリングを楽しむことができました。ビジターセンター手前のヒストリーミュージアムにバイクを止め、無料シャトルバスを利用して園内を回りました。





ザイオン-マウントカーメル・ハイウェイの爽快なツーリング



途中バイクを止め、巨大な岩を見上げます。



ここからは無料シャトルバスに乗り込みます。



バスで道路の両脇にそそり立つ巨大な岩を見上げながら走ります。



天使が舞い降りるといわれるエンジェルズランディングとオルガン



14:00頃、南口ゲートから出てラスベガスに向かいます。(続く)

ブライスキャニオン〜ザイオン (5日目)



ブライスキャニオンからザイオンに行くには、もと来たSR12を走りUS89を途中まで引き返して、マウントカーメル・ジャンクションで右折してSR9 (ザイオン-マウントカーメル・ハイウェイ)に入ります。
前日雨で立ち寄れなかった、SR12沿いにあるレッドキャニオンに寄ってからザイオンに向かう事にしました。



1つ目のアーチ型トンネルを抜け



2つ目のアーチ型トンネルへ



レッドキャニオ・ビジターセンターに到着



さらに赤い奇岩群のシーニックハイウェイを走ります。



SR9 (ザイオン-マウントカーメル・ハイウェイ) を走ります。



2時間後、ザイオン国立公園の東口ゲートに到着しました。(続く)

【ブライスキャニオンからの距離:137?】

ブライスキャニオン (5日目)



グランドサークルで最も神秘的と言われるブライスキャニオンは、グランドキャニオンやモニュメントバレーに比べても決して引けをとらない国立公園です。前日は天気が悪かったし、疲れて行けなかったブライスキャニオンに夜明け前に向かいました。年間パスを買ったというのに、朝早いので入口ゲートは自由に出入りできる状態でした。ここは鍾乳洞の鍾乳石を逆向きに立てた様に、赤色のフードゥーが地面から生えているように見えます。



まずはサンライズ・ポイントで日の出を待ちます。



サンライズ・ポイントは名称どおり美しい日の出が見られます。



ポイントを移動する時、あちこちに鹿がいました。(しかし寒〜い)



入口から南奥にあるナチュラル・ブリッジ



夕日に染まるフードゥーが最も美しいのが、このブライス・ポイント



フードゥーが最も密集して立つのが、このインスピレーション・ポイント



9:30頃ルビーズインをチェックアウトして、ザイオン国立公園へ向かいます。(続く)

“Best Western Ruby's Inn” (4日目宿泊先)



このホテルはブライスキャニオンの入口ゲートから1マイル程手前に建っています。メインロッジの中はウッド調でとてもアットホームな雰囲気です。右側にレストラン、左側にゼネラルストア、中央の奥には室内プールがあり、屋外にはホテルが経営する?ガソリンスタンドもあります。全部で8棟のロッジからなり、この辺りでは最大のホテルです。ここも結構人気があるみたいで、予約するのに多少苦労しました。



今回このメインロッジで予約したので、とても便利でした。



部屋の中は至ってシンプルです。



お風呂はジェットバスでした。



洗面ボウルも2つありました。



夕食はホテル内のレストランで、二人共フィレ&ロブスターを注文



夕食後ホテルの向えにあるギフトショップへ



バイク置き場はいつの間にかハーレーでいっぱいでした。

いい〜香りです♪



家の玄関横に植えてあるキンモクセイが今満開です。
小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、甘〜い香りを漂わせています♪
秋だなぁ〜!今年は例年よりもたくさん花が咲きました。
香りの成分には癒しや疲労回復の効果が期待できるらしいですね。
でもトイレの芳香剤の香りと表現してしまっては、台無しです。ちがうかぁ〜!
あっけなく花が散ってしまった後は、オレンジ色の雪が降り積もったようになるのが
ちょっと楽しみです。でもそうじが大変かぁ〜







2日後の土曜日↓



オレンジ色の雪が降り積もったようになっていました。

ペイジ〜ブライスキャニオン (4日目)



ホースシューベントからUS-89を走りペイジにあるグレンキャニオンダムに寄って、ブライスキャニオンに向かいました。このグレンキャニオンダムは遥かグランドキャニオンから続く、コロラド川の上流にあります。ここは一年前の同じ頃、USしゅんさんも訪れた場所です。カナブの町を過ぎて、ブライスキャニオンまであと30マイルという所で、今回の旅行で初めてカッパを着ました。



左に見えるのがグレンキャニオンダム



コロラド川に架かる大きな橋



ダムの上流にあるレイク・パウエルです。



カナブの町は緑がいっぱい



カナブキャニオンを走ります。



途中から雨が降り出し、遂にカッパを着ることに・・・



17:30頃ホテルに到着。天気も悪いし疲れたのでブライスキャニオンを
見に行くのは翌日にして、ホテルでゆっくりすることにしました。(続く)

【4日目走行距離:509km】

ホースシューベント (4日目)



モニュメントバレーから、SR95→SR24→SR12を走りブライスキャニオンへ向かう予定でした。
しかし予定を変更して、SR98→US89を走りSR12に入ってブライスキャニオンに行くことにしました。
ついでに前日に行けなかった、ペイジの近くにあるホースシューベントに立ち寄ることにしました。
ホースシューベントとは名前のごとくコロラド川が蹄鉄の形に曲がっているビューポイントのことです。



まずはペイジのガソリンスタンドで昼食



ここにバイクを止めて歩きます。



ここがホースシューベントの入り口



片道約15分、砂地を歩いてホースシューベントへ向かいます。



岩に這いつくばってシャッターをきります。



残念ながらいっぱいの18mmの広角でも全部入りませんでした



次の目的地、ブライスキャニオンへ向かいます。(続く)

【モニュメントバレーからの距離:215?】