モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年9月

モニュメントバレーのビューポイント (4日目)



グールディングスロッジを6:00にチェックアウトして、日の出前にメキシカンハット方面へ向かいました。こちら側には映画でフォレスト・ガンプが走るのをやめたビューポイントがあります。(以下:フォレスト・ガンプポイント)このフォレスト・ガンプポイントでモニュメントバレーのビュートが昇る朝日で紅く染まるのをバックに、ハーレーで走っている所を写真に収めようと早起きしてやって来たのです。ところが・・・





ハーレーで走っているところを撮りまくります。







その内に太陽も出てしまいビュートも普段の色に戻りました。



かみさんがトイレに行きたいと言い出したので、予定のコースを変更してチェックアウトしたグールディングスロッジに戻りました。カードキーを記念に1枚持って来てたので、また部屋に入ることが出来ました。



予定変更ついでに、昨日来れなかったビジターセンターにやって来ました。
(入場料は10ドル/2人)
ここはお土産物も充実していて、ブリキのナンバープレートやルート66のTシャツ
までも売っていました。



ビジターセンター前からの有名な景色(やはり朝は逆光でした)
バレードライブは未鋪装でハーレーではコケそうだし、時間も無いので走るのは
やめました。





ユタ州を後にして昨日パスしたホースシューベントに行くことにしました。(続く)

最初に書いた「ところが・・・」の続きですが、フォレスト・ガンプポイントだと思って写真を撮りまくってた場所は帰国してから気が付いたのですが、そうでは無かったのです。フォレスト・ガンプポイントはもっと先に行った坂の途中だったんですね。かみさんがトイレに行きたいと言い出さなければ、先に向っていたので気が付いたと思うのですが、今となってはどうしようもありません。今回の旅行でいちばん楽しみにしていた場所なのです。来年、フォレスト・ガンプポイントからモニュメントバレーを見たいだけの理由で、もう一度走りに行かねばという気になりました。(ここは来年に続く)

モニュメントバレーの夕日 (3日目最終)



グールディングスロッジの部屋の中からでも、夕日に染まるモニュメントバレーは見えますが、もっとビュートの近くまで行って見ました。ビジターセンター前からの有名な景色で、3つのビュートが紅く染まる夕日も見たかったのですが、時間が遅いので入場できないと思い諦めました。



メキシカンハット側へ向います。



馬たちも一緒に走っています。



こちらから見える景色は天気が悪いです。



結局、最初の場所に戻って来ました。



夕日に染まるモニュメントバレーをバックに、ハーレーで走ってる写真を撮って
20時過ぎにロッジに帰りました。

【3日目走行距離:474km】

おまけ

今日も遅い晩ご飯をロッジのレストランで食べました。



?サラダバーとナバホ・タコ   ?ビールの変わりの飲み物はイチゴシェーク
(ここはナバホ居留地である為、アルコールは飲めませんでした

“Goulding's Lodge” (3日目宿泊先)



夕日に染まるモニュメントバレーを見に行く前に、今日の宿泊先である“Goulding's Lodge” にチェックインしました。ここはモニュメントバレーにある唯一の宿で非常に人気が高く、3ヶ月前では取れませんでした。仕方なく21マイル程離れた “Kayenta” の町にある “Hampton Inn Kayenta” を予約してありましたが、運良く3週間前にキャンセルが出てここが取れました。



アンテロープキャニオンから飲まず食わずで16:30頃到着。



しかし部屋の中にある時計は17:30でした。
ここユタ州は時差(サマータイムかも?)が1時間あります。



部屋の中からモニュメントバレーが見えます。




1時間程ロッジの回りを散策して



夕日に染まるモニュメントバレーを見に出発です。(続く)

【アンテロープキャニオンからの距離:205?】

アンテロープキャニオン (3日目)



グランドキャニオンから、SR64→US-89を140マイル程走りペイジにやって来ました。
レイク・パウエルで有名なこのペイジの町外れにアンテロープキャニオンがあります。
10:30を回っていたのでホースシューベントはパスしました。
アンテロープキャニオンは、岩の裂け目に鉄砲水が流れ込んで出来た小さな渓谷です。
赤い砂地を走って行くので、ツアーに参加しないと行く事が出来ません。
ベストの時間は、太陽が真上に来るお昼頃が一番いいということで、早速ツアーの受付に向いました。



ペイジの手前、この三本の煙突が目印です。
駐車場にバイクを止めて、ツアー小屋に向かいます。



小屋の回りはヨーロッパからの観光客でいっぱいです。

料金は入場料が12ドル/2人と、ツアー代金が50ドル/2人の合計62ドルでした。
渡されたレシートには12:00と書いてありましたが、ツアーの車に乗ったのは
12:30頃でした。2時間近くも炎天下で待たされて、水を買って来なかったこと
を後悔しました。



ツアー用に改造した四輪駆動車



改造した四輪駆動車以外ではこの道を行くのはとても無理です。



アッパー・アンテロープキャニオンの入り口



三脚を持って行きましたが、中は狭いし人が多くて使えませんでした。

14:00頃、バイクを止めた駐車場に戻って来ました。



さあ次は今回の旅行のハイライト、モニュメントバレーへ向かいます。(続く)

【グランドキャニオンからの距離:225?】

グランドキャニオン・デザートビュー (3日目)



レッドフェザーロッジを7:40頃出発。昨日、時間が無くて来れなかったデザートビューにやって来ました。ここはサウスリム・ビレッジから23マイル程離れた東ゲート近くにあります。
今まで見てきたグランドキャニオンのポイントの中でここが一番見ごたえがありました。



石作りのウォッチタワー (中には入りませんでした)



谷底を流れるコロラド川もクッキリ見えます。



SR64から見えるリトルキャニオン群?



SR64→US-89に合流し北上します。
次はホースシューベント経由でアンテロープキャニオンを目指します。(続く)

グランドキャニオン・サウスリム (2日目最終)



グランドキャニオン南ゲートに到着。
17時過ぎということもあってか空いています。このゲートで国立公園入場料として、車1台に付き$25が必要です。バイクの場合は$12ですが、2人乗りということで$24だそうです。一週間以内の再入園が出来ますが、国立公園を4ヶ所以上回る場合は、1年間有効の“ANNUAL PASS”の方がお得なので$80で購入しました。(1年以内にまた来るでしょう?)



ANNUAL PASS



まずはマーサーポイントへ



マーサーのレリーフ



続いてヤバパイポイント



ヤバパイポイントの夕日
(夕日スポットのホピポイントに向かったのですが、シャトルバスでしか行けない
のと、夕日に間に合いそうになかったので、再びヤバパイポイントに戻りました)

3時間程いろいろ見て回り、20時過ぎにロッジに帰りました。

【2日目走行距離:630km】 ←疲れたぁ!

おまけ



レッドフェザーロッジにはレストランが無い為、お隣のカフェ・ツサヤンに
晩ご飯を食べに行きました。(外観は翌日撮影)



私はスープとミートスパ           かみさんはスープとサーロインステーキ

“Red Feather Lodge”  (2日目宿泊先)



ウィリアムズから1時間程で“Tusayan” という小さな町に到着。この町にある“Red Feather Lodge”が今日の宿です。グランドキャニオン国立公園内にあるロッジはどこも人気が高く、半年以上も前から予約が必要だと言われており、3ヶ月前ではいっぱいで取れなかったのです。でもここはサウスリムの入口から 2km 程手前にあり、近くにレストランやガソリンスタンドもあってとても便利でした。





ロッジの駐車場もいっぱいです(奥に見えるのがロッジ)



チェックインを済ませ部屋に荷物を運んでゆっくりする間もなく、ガソリンを入れて
グランドキャニオンへ向いました。



5分程走るとグランドキャニオン南ゲートが見えてきました。(続く)

【ウィリアムズからの距離:92?】

ルート66 “ウィリアムズ” (2日目)



セリグマンから10マイルちょっと走ると、この辺りのルート66は終了して、I-40 に合流します。
1時間程走ってウィリアムズに到着。ここのルート66沿いにはたくさんのお店が並んでいるのでルート66マニアにとっては絶対に外せない町です。グランドキャニオンまでの汽車も出ていますので、今まで見てきた3つの町に比べて一番活気がありました。



ウィリアムズで I-40 を降りると、再びルート66の標識が現れました。



今回の旅行ではルート66もここが最後となるので、ルート66グッズを買いました。





Cruiser's Cafe でオリジナルTシャツを購入



9 Arizona Motor Hotel, Williams (グランドキャニオン方面は天気が悪そうです)



ルート66を後にして、次の目的地グランドキャニオンを目指します。(続く)

【セリグマンからの距離:68?】

赤福食べに行こう!



USツーリングから帰って2週間、またハーレーで何処かに行きたくなったので、伊勢まで赤福を食べに行ってきました。
連休ということもあって道路も“おかげ横丁”もめちゃ混みでした。





赤福本店には活気が戻っていました。



店の中で赤福食べてお土産にも買って帰りました。
赤福氷りは大行列でだいぶ待ちそうなのでやめました。



昼食は伊勢うどんとてこね寿司のセットです。



帰りは楽してフェリーに乗りました。

【走行距離:255km、燃費:23km/L】

ルート66 “セリグマン” (2日目)



キングマンからセリグマンまではおよそ90マイルあります。この区間は昔のままのルート66が完全な状態で残っています。現在残っているルート66の中でも「ここが最高のルート66だ!」と走った人の誰もが口を揃えて言うそうです。実際走って見ると結構スピードも出せるし快適な道でした。

(一つ前の記事で最後の写真が最高のルート66です)



キングマンから1時間半程走ってセリグマンにやって来ました。
セリグマンの町並みは、約1マイル程です。



ここは昔ながらの面影が残る、ルート66で一番来たかった町です。





ここは観光バスがやって来る程のとても有名な町となっています。



この床屋のオーナーのエンジェルさんはルート66を蘇らせる運動を始めた人です。





今は床屋さんは営業してなく、お土産屋さんになっています。





有名な床屋さんの前で記念写真を撮って、次はウィリアムズへ向かいます。(続く)

【キングマンからの距離:143?】