モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年11月

マウイ&オアフの旅☆5日目(9/18)



6:30起床。今朝は雲の多い天気。すでに太陽は顔を出していました。無料の朝食を済ませ8:30頃、ノースに向けホテルを出発。
H1とH2の分岐手前の反対車線で事故があり、どちらの車線も大渋滞。
事故に気をとられてH2に入りそびれて、真っ直ぐに行ってしまいました。仕方なく、EXIT 5Aで降りて750線でノースに向かい、テッズ・ベーカリーのハウピアパイを購入。


Pumpkin Haupia Cream Pie



10:30頃、目的地のププケアビーチに到着。先程買ったハウピアパイで腹越しらいして、1時間程シュノーケルを楽しみました。ここでも体長80?程の小さなホヌを見れました。


ラニアケアビーチ

ハレイワに向かう途中、海がめビーチ(ラニアケアビーチ)に寄って大きなホヌを見ました。(赤丸で囲ったのがホヌです)

12:30頃、ハレイワに到着し昼食を食べることにしました。今回のエビ屋台はジョバンニはやめて、お隣のホノスにしてみました。


これがホノスのガーリック・シュリンプ ($12)

付け合せのキャベツのサラダが,甘酸っぱくて旨い。(後で店の大将がサラダのおかわりを持って来てくれました)もちろんエビもプリプリで旨かったです。ジョバンニと比べると、油でベタベタではなく、味も私はホノスの方が美味しいと思いました。


ホノスの大将と女将さん

15:00頃、ホテルに戻りシャワーを浴びてゆっくりしました。18:00頃、バスでレストラン・ロウに向かいました。
しかしお目当てのオーシャン・クラブは営業していませんでした(涙)
仕方なくまたバスでアラモアナに行き、どこで晩御飯を食べようか迷ったあげく、結局いつものリケリケ・ドライブ・インに行きました。(応用が利かないなあ)


リケリケのフィレステーキ ($17.75)

食べ過ぎたのでホテルまでぶらぶら歩いて帰りました。(続く)

マウイ&オアフの旅☆4日目後編(9/17)



〈ラニカイビーチ〉

エヴァビーチを出て、H1〜H3を走り
30分程でラニカイビーチに到着。
昨日走ったマラソンの足の痛みも無く、デジイチでラニカイビーチへ続く小道を撮って回りました。
写真を貼ってて腕の無さに悲しくなりましたが、見てやって下さい!
(順不動)

















これ以外にも工事中等で撮らなかったのが2、3ヶ所ありました。



写真を撮り終えると、H3〜H1を走って、アラモアナセンターにお土産を買いに
行きました。



フードコートの一角に、カハラモールにあるあのシナボンが12月オープンとありました。ホノマラの時に行ってみようかな・・・6月に改装中だったフードランドもオープンしていて、スパムが$1.5だったので10個買いました。(重〜い)







夕方、タエズに寄ってガーリック味のステーキロール弁当を to go して帰りました。
ホテルに帰りステーキロール弁当を食べ、皆さんが旨いと言うのが納得できました。



その後はどうしたのかメモが残って無かったので忘れましたが、部屋から写した
夜景の写真がありました。明日はノースにシュノーケルをやりに行こうと思います。
(続く)

マウイ&オアフの旅☆4日目前編(9/17)



〈モーハのオフィス&バイロンズ〉

6:50起床。オアフに移動して1日目の朝はまずまずの天気。
せっかくなのでホテルの無料の朝食を食べにプールサイドへ。
まだ7:20だというのに、プールサイドにあるテーブル席はすでに満席。
仕方ないのでビーチ・チェアに座って食べることに。コーヒー、パン、ジュース、フルーツ、ヨーグルトだけですが、無料なのでこんなもんかな・・・
いくら無料とは言え、朝早くから支度をしているおばちゃんに$1チップを渡す。



8:50にカラカウア通りにある、バンク・オブ・ハワイへ用事を済ませに行くも、担当のタンガさんが接客中だったのでお隣のモーハワイのオフィスへ遊びに行きました。今回は編集長もいてみなさんお揃いでした。


相変わらず鼻の穴にはペンが・・・

再度、バンク・オブ・ハワイへ行き用事を済ませと、レンタカーを借りて編集長お気に入りの空港近くのバイロンズへランチに行きました。まだ11:00を少し回った所でしたが、結構たくさんの人がいました。オーダーは勿論ビーフシチューです。
思ったよりあっさりしていて、ごはんもふかふかでおいしかったです。
満足の$4.75(ミニビーフシチュー)でした。


看板の下の車は今回のレンタカー   ミニビーフシチュー

〈エヴァビーチ〉


お腹もいっぱいになり、以前から気になっていたエヴァビーチへ行って見ることにしました。ここはザ・バスで “EWA BEACH” という行き先を見て、ずっと行って見たかった所です。


エヴァビーチは、遠くにダイアモンドヘッドや、ワイキキの高層ビル群を眺めることが出来る、結構穴場的なビーチです。ここは観光客は皆無です。
しかもロコもほとんどいません。


このビーチにはシャワーやトイレもあります。


エヴァビーチへ続く小道 1        エヴァビーチへ続く小道 2

この住宅と住宅の間の海へ続く小道、どこかで見たような・・・ラニカイビーチへ続く小道を思い出しました。そうだ、次はラニカイビーチへ行って見よう・・・(後編へ続く)

マウイ&オアフの旅☆3日目(9/16)



〈マウイマラソン〉

2:20起床。昨日は眠れるか心配だったけど、ぐっすり熟睡できた。
さあ今日は、いよいよマウイマラソンだ。昨日作っておいた、おいぎりとインスタント味噌汁の朝食。

スタート地点まで運んでくれるスタートライン・バスは 3:30にウェスティン・マウイホテル前を出発するので、3:00にコンドを出てカアナパリゴルフコースの横を歩いてウェスティン・マウイホテルへ。

1時間程バスに揺られ4:20頃、クイーン・カアフマヌ・センター(マラソンスタート)へ到着。スタートまですごく時間が長く感じた。5:30マウイマラソンスタート。真っ暗な中を人影だけが動いています。最初の10?を49’で通過、ここからはアップダウンの激しい海岸線を走ります。

ハーフを1°47’で通過、このペースで行って後半20%ダウンしたとしても、充分
4時間は切れるペースだ。しかしこのアップダウンで足にきたのか、20マイル過ぎで膝の上が攣って、歩く羽目になってしまいました。結局、走っては歩くといういつものパターンで、何とか4時間半を切ってゴール出来ました。

マウイマラソンのいい所は、人が少ないのと、眺めがいい所です。
ゴールでは一人ずつ名前、参加地域、参加国をアナウンスで紹介してくれます。
(参加者の多いホノルルマラソンでは絶対ありえない。)
完走後はたくさんの果物、飲み物、食べ物で選手を迎えてくれるのも、利益を追求しないアットホームな大会で、来年も走りたくなりました。

コンドに戻り、洗濯し、シャワーを浴びて11:30にチェックアウト。空港へ向かう道ではまだ多くのランナーがゴール目指して頑張っていました。

〈カフルイ〜ホノルル〉

レンタカーを返却して、出発の2時間前に空港に到着。帰りはアロハ航空です。
アロハ航空のチェックインカウンターの前は長蛇の列。やっとの思いで搭乗券を受け取ると早々と出発ロビーへ。

アロハ航空は座席が自由なので、早く行って行きに座れなかった窓側(今度は右側)を取るために早くから並びました。希望通り窓側に座れましたが、帰りは景色がよくありませんでした。(行きはダイヤモンドヘッドのクレーターやハナウマ湾が間近に見えるんだよね。)

夕方、ホノルル空港に到着。ザ・バスでワイキキへ向かいました。ワイキキでの宿泊ホテルは今回初めてのアラワイ運河側です。まあ寝るだけなので、ワイキキ・サンドビラの一番安いスタンダードをネットで予約したのですが、夜景の見える8階のデラックスにアップグレードされていました。
ここはネット接続が無料で、他にも無料室内金庫 、無料市内電話、無料コンチネンタル朝食、更には駐車場料金の50%ディスカウント(通常一日税込みで$15.71が半額の$7.85となります。)のサービスが付きます。夜、持参したノートパソコンで、今日のマウイマラソンの記事をブログにUP、パソコンも程々で切り上げて、ご就寝・・・
マラソンで疲れたのか、程なく  (続く)

マウイ&オアフの旅☆2日目(9/15)



〈シュノーケル三昧〉

6:30起床。
雲が多くあまり天気がよくない朝だ。手早く作った朝食をラナイで摂ると、そそくさと身支度を済ませて、スパムにぎりとゆで卵の弁当を持ってレンタカーの置いてある駐車場へ。



本日の予定は午前中、マケナの先のアヒヒ・ベイでシュノーケルをして、午後からはカアナパリに戻りシェラトン・マウイ前のブラックロックでまたしてもシュノーケルだ。まずはマラソンのコースにもなっているラハイナの街を見物してキヘイへと向かう。


ラハイナの1901年に創業のパイオニア・インとレンタカーのミニバン

さらにその奥の高級リゾート地ワイレアを通り過ぎ、マケナも通り過ぎた所で殆どの車が右折してその奥にあるパーキングへ入って行く。
キヘイから南でナンバーワンのビッグビーチだ。


ビッグビーチ隣のこの岩場の向こうがリトルビーチ

〈リトルビーチ〉

この奥の岩場の向こうがヌーディストビーチとして知る人ぞ知る、リトルビーチ。折角だからちょっと寄っていこうと、急な岩場を登る。30〜40人位の人達がいて、衣類を纏った人もいるが、噂どおりスッポンポンの人がほとんどで、なんとも異様な光景だ!サーフィンをする人、シュノーケルをする人、ボディサーフィンをする人、浜辺で寝そべる人、皆スッポンポンです。そうだ、アヒヒ・ベイはやめてここでシュノーケルしよう、それもスッポンポンで・・・郷に入りては郷に従え、英語版だと「Do in Roma as Roman's do」(ローマにありては ローマ人のごとくせよ)ということわざ通り、スッポンポンでシュノーケルを楽しむ。
しかしこのビーチ、テリトリーがあるらしく、私の陣取った一番奥の端っこは、なんとゲイビーチになっていたのです!見渡す限り、男!こりゃ早く退散した方がよさそうだな・・・持ってきたスパムにぎりとゆで卵の弁当を食べて退散。
でも思う存分、開放感を堪能でき、ちょっとクセになりそうなビーチでした。


本当はヌーディストビーチでの撮影はルール違反ですが、こんな雰囲気!


                       モロキニ島ツアーも皆でこっちを見てます

〈ブラックロック〉

14:30頃コンドに戻り、今度はブラックロックでシュノーケル。ここはカナアパリビーチの最北端に位置しています。午前中は裸ばっかりで、魚なんていや〜しない。今度こそ沢山の魚を見るぞ!っと海に入るとさっそく体長80?程のホヌ(アオウミガメ)に遭遇、思ったより沢山の種類のトロピカルフィッシュを見れて、満足、満足!
30分程楽しんだ後、雨もパラついて少し寒くなったので上がりました。


何で水着を着けてシュノーケル?リトルビーチの光景がまだ残ってます。

夕方、明日のマウイマラソンに備え、コンドの前にあるカアナパリゴルフコースの周りを軽くジョギング。夕食は日本から持ってきたスパゲッティを茹で、ナポリタンソース、ミートボールをかけて食べ、風呂に入り、マラソンの用意をして、今日も早めの
20:00に就寝  (続く)

マウイ&オアフの旅☆1日目(9/14)



6月に母と行った最後のハワイ旅行記も書き終え、今度は9月のマウイマラソンに参加した時の、マウイ&オアフ旅行記を書くことにしました。前回と同じ様な感じで書きますので、読み辛いところがあるかもしれませんが、ご了承下さい。


〈出発〜機内〉

夕方17時半に家を出て、電車でセントレアへ。19時半頃到着すると、ターミナルはガラガラ。
JALのチェックインカウンターで搭乗券を受け取るとカード会社のラウンジへ。9月に入ってマラソンの為にアルコールはやめているので、トマトジュースを飲みながら持ってきた仕事を少しかたずけることに。
20時半、仕事に熱中していてクローズ時間に気付かず、ラウンジを追い出され仕方なく出発ロビーへ。ここでは仕事はやめてゆったりと過ごす・・・


 機内食は6月の時と全く同じ

機内に入ると、思ったより人がいっぱい。ここでもアルコールはガマン、ガマン!
私はいつも機内ではほとんど眠ることが出来ないので、なるべく体を休めるようにして時間を過ごす・・・

〈ホノルル到着〉

10:25、定刻より10分送れでホノルル空港へ到着。でも入国審査は空いていてあっさりと終了。しかし預けた荷物がなかなか出て来なくて30分待つことに・・・やっと出てきた荷物を持って税関へ進み、乗り継ぎの荷物を預けると(ネイバーアイランドターミナルまで持って行かなくてもここで再び荷物を預けることができる)団体到着出口を抜けてネイバーアイランド出発ターミナルへ。

ハワイアン航空のカウンターで左窓側の座席をリクエストするもすでに満席。出発までまだ3時間もあるのに本当かなあ?長い待ち時間を利用して出発ロビーでノートパソコン開いて少し仕事。

1時間程たった所で搭乗口の所にいた係りの女性に、左窓側の座席に変えてくれないかと尋ねると、何故か一つ前の便に変更してくれるらしい・・・考えた末、景色より時間を優先することに。でもよく考えたら荷物はどうなるんだ!人だけ先に行っても、結局預けた荷物を待っていれば同じじゃんか・・・(涙)


 カフルイ空港の様子

〈カフルイ到着〉

40分弱でマウイ島カフルイ空港に到着。心配していた荷物はすでにターンテーブルから降ろされて無造作に置いてありました。いったい、いつからここに置いてあったんだろう?
(無くなったとしても着替えだけで、たいした物は入ってないのでまあいいか!)


 ミニバンはまだ700マイルしか乗っていない新車

いつも使うアラモの営業所に行き、予約したコンパクトタイプを待っても、いっこうに戻ってくる気配なし。ミニバンかコンバーチブルしか空いてないみたいで、今回はミニバンにしました。
同じ値段($51)の変更でラッキーなんですが、これがガソリン食うんだよね!

予定より30分早く空港に着いたのでマラソンのスタート地点であるクイーン・カアフマヌ・センターに行って見ました。しかし、どこがスタートかわかりませんでした。
(結局、マラソン当日もスタートラインは無かったです。)

〈カアナパリ・リゾート〉

今回の宿泊ホテルはマラソンのゴールになるべく近く、$200以下で探したらアウトリガー・マウイ・エルドラド($199)しか空いて無くて、ネットで予約しました。


 アウトリガー・マウイ・エルドラドはカアナパリゴルフコースに隣接したコンド

1時間弱でカアナパリに到着、チェックインを済ませると、歩いて会場のあるウェスティン・マウイホテルへゼッケンを受け取りに行きました。会場に入ると少し活気があって、何となく安心しました。

いったんコンドに戻り、車でラハイナ・キャナリーモール(=ショッピングセンター)のセ−フウェイまで食料の買出しに出かける。水、スパム、チョコ、パン、卵、サラダ等の必要最小限の食料を調達してコンドへ戻る。今日の夕食は日本から持ってきたサトウのご飯に生卵、レトルトカレーをかけ、スパム焼、サラダ。食後、スーツケースの荷物をチェストに移し、さすがにくたびれたので、風呂に入って早めの就寝 
(続く)

デアゴスティーニのハーレー



テレビのCMを見て、デアゴスティーニからハーレーが出たよ、とかみさんが言っていました。
私はそのCMをまだ見たことがなかったのですが、昨日近くの大型スーパーの書店にそれが置いてあったので迷わず買いました。

以前、デアゴスティーニは車などのフィギアを出していたので、ハーレーもフィギアで今後色々な車種が出るんだなと思っていました。初回は創刊号特別価格で890円です。それも私が乗ってるのと同じ車種、 Fat Boy です。



家に帰ってワクワクしながら中を見ると、タイヤとタンクの半分しか入っていません。フィギアだと思っていたのが、パーツを集めて組み立てるシリーズだったのです。
それも毎週火曜日に発売され89号で完成します、と書いてあります。
さらに次号からは1790円になります。ひぇ〜、と言うことは完成までに2年近くかかって、全部で約16万円かかるってこと〜今さら返してやめる訳にはいかんしなぁ・・・えらいものに手を出してしまいました(涙)

Re:「 いつも一緒に。」



本日、母の納骨を済ませ、これでやっと父と一緒にしてあげることが出来ました。以前、ムナゾーさんが書かれた記事、「いつも一緒に。」は私と母ではなく、
↓この二人を言っていたんでしょうね!(ムナゾーさん、トップの素敵な写真、お借りしましたよ。)

 http://www.mo-hawaii.com/tam/wp-content/uploads/sites/28/2004.7.16+%E5%A4%A7%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%A0%B4%E6%89%802.JPG

2004.7.16 大相撲名古屋場所にて (元気な頃の父と母)