モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年5月

浜松餃子(その一)



餃子と言えば宇都宮だと、思っていらしゃる方が多いと思いますが、浜松市は2007年2月、1世帯あたりの餃子の年間消費額が1万9403円で日本一と発表しました。
この数値は、なんと宇都宮市の4倍にあたります。
電話帳やweb上等に掲載されている店舗数も約280店と、全国で最も多いそうです。



そんな訳で昨日のランチは、浜松餃子を食べに行って来ました。先ずは『喜慕里』と言う昔からあるお店に行きました。店の中はカウンターが20席ぐらいと、テーブルで35人程が入れます。



皮がとても薄いのが特徴で、口あたりがやわらかく焦げ目の部分だけは厚く、パリッとした食感となっています。具は野菜が中心で、あっさりとした風味となっています。
初めてだったのでぎょうざ10個の小定食を頼みましたが殆どの人が15個の中定食を頼んでいました。あっさりとしたとっても上品な味だったので、中にすればよかったと悔やみました。
となりの常連のおじさんに、他においしいお店を教えてもらい、もう一軒行って見る事にしました。



『喜慕里』から1キロも離れていない所にある『かんべゑ』と言うお店です。先程より店は小さく、20人程が入れます。



ここは逆に皮が厚く全体に焦げ目が付いていて、揚げた様な感じでもちっとした食感です。
ここでは7個入りの小ぎょうざのみを食べました。常連のおじさん曰く、どちらの店も土、日は行列ができてかなり待たされるそうです。
大食漢ではありませんので、2軒行くのがやっとでしたが次回、また別の店に行ったら紹介します。

"inch up"



VWニュービートルを買って1年が過ぎました。リフレッシュをかねてまずは足元を履き替えてみました。
インチアップとは、タイヤの外径をほぼ同じにしたまま、内径(インチ)を大きく(アップ)することです。
ルックスの向上を目的にするのは勿論ですが、タイヤの剛性が高くなって、走る、曲がる、止まる能力がアップします。

VWニュービートルには18インチや19インチも履けますが、大きくなる程、乗り心地がやや固めに変わります。
個人的にはタイヤが薄っぺらくなるのは、あまり好きではありません。
また不意にキャッツアイ(道路の中央線上や横断歩道などにボルトもしくは接着剤で固定された道路鋲のこと。)を踏もうものなら、バーストする確立が高くなります。



悩んだ挙句、ホイールは ドイツ製 PS PRESTIGE 8J−17、タイヤは YOKOHAMA DNA dB 225/45R17にしました。(乗り心地重視!)



オーソドックスな6本スポークで、シンプルで飽きないデザインです。標準リム幅が7.5Jなので少し張り気味ですが、見た目はちょうどいい感じです。
純正で付いていたホイールと似たようなデザインで、1インチアップして2センチ太くなっただけですが、ルックスが向上したと自己満足しています。

さて走りの方ですが、コーナーを攻める車では無いですが、峠に行ってみました。
足回りはノーマルのままですが、ハンドリング及びコーナーリングが良くなりました。 しかし乗り心地は少し悪くなりました。
純正よりオフセット量が小さい分、若干フェンダーからはみ出している感じです。
これで車検通るかなあ〜

GW九州ツーリング後編



4日目(5/4)
8:30、内牧温泉を出発し今回の九州ツーリングでかみさんが1番行きたがっていた阿蘇カドリー・ドミニオンへ向かいました。10分程で到着しバイクを駐車していると、もうゾロゾロと家族連れが園内に入って行きます。
9:30からの営業だと思っていたのですが、GWという事もあって早く開けたみたいです。そうなるとパンくん&ジェームズが出演するお目当てのみやざわ劇場も早く行かないと・・・



結局、こちらも公演回数が通常の1日3回から8回に増えていて、早く行ったおかげで2回目の公演を前から3列目で見れました。それにしてもパンくん&ジェームズ、人気者は大変だ!アニマルトレーナーの宮沢さんとパンくんと記念撮影

昼頃、カドリー・ドミニオンを後にして2年前、道に迷って行けなかった黒川温泉に向かいました。しかしまたしても雨・・・今回はナビのお蔭ですんなり行けましたが、ここも人気で観光客でいっぱいでした。(雨の為、写真は撮りませんでした。)

15:00頃まで温泉に浸かりのんびりしていたので、帰りのフェリーの新門司港に着いたのは出航の1時間前でちょっとあわてました。
船内は行きとは違ってかなり混み合っていました。
【走行距離:200km】

5日目(5/5)
9:00、泉大津港に到着。天気予報では今日も雨が降り出すとの事。



しかし全く降る気配がないので奈良公園に寄り道して、東大寺の大仏さんを見て帰りました。家には16:00頃、無事到着しました。



今回のツーリングは結構雨に降られましたが、ナビのお蔭で道に迷うことも無く、快適に走れたとてもよいツーリングでした。
【走行距離:270km】 【総走行距離:1,090km】

GW九州ツーリング中編



3日目(5/3)
8:30、柳川を後にして阿蘇に向かいました。443号線から325号線に入ると徐々に渋滞し始め阿蘇草千里に予定より1時間遅れで到着。
火口まで行く予定ではなかったのですが、世界一の火口と書かれた看板につられ行って見ました。



火口近くの駐車場にはかなりの数のバイクが止まっていました。
本当に世界一なのかなあ・・・ハワイ島のキラウエアの方がすごいと思うんだけど



阿蘇山上レストハウスで昼食を済ませ、高千穂峡に向かいました。
ここへは渋滞もなく快適にハーレーを走らせることができました。



高千穂峡に14:40頃到着。静かな所だとイメージしていましたが、観光客でごった返していました。
旅行会社のパンフレットみたいに手漕ぎボートに乗って美しい渓谷を眺めようと思っていたのですが・・・14:30で受付が終了していました。
もし受付できたとしても乗れるのは3時間以上後との事で、諦めも付きました。



レストハウス前で東国原知事が推奨する宮崎地鶏の網焼きを食べて、再び阿蘇へ・・・やはり阿蘇の広大な草原、勇壮な山々はほんとに素晴らしい景色です。
17:00頃、今日の宿泊地である阿蘇内牧温泉に到着しました。
【走行距離:220km】

GW九州ツーリング前編



今年のGWは家内と二人で九州へツーリングに行って来ました。

1日目(5/1)
昼過ぎに家を出発して伊勢湾岸道、名阪国道を走り大阪の泉大津港へ向かいました。四日市辺りから雨に降られましたが、家からカッパを着て荷物にもシートを被せていたので、予定通りに泉大津港に到着し、20:00出港の阪九フェリーに乗船しました。
GWの谷間の平日だったせいか、思ったよりも船内は空いていました。
【走行距離:245km】

2日目(5/2)
8:10に北九州の新門司港に到着。岐阜から来た3人組のハーレー乗りと握手を交わし、フェリーを降りるとまたしても雨が降り始めました。



ちょっと変わった建物のフェリーターミナル前で写真を撮っているうちに雨も上がり、朝日が射して来ました。玄界灘の景色を見ながら走ろうと、495号線で博多に向かいましたが、まったく見えずちょっと期待外れでした。



途中から高速に乗り、昼過ぎに柳川に到着し、柳川名物うなぎのせいろ蒸しを食べました。昼食後は風情あふれる川下りを楽しみ、名所を訪ね、ゆったりとした時間を過ごせました。この日はこのまま柳川に泊まりました。
【走行距離:155km】