モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年2月

絶好のマラソン日和



昨日、地元の浜松シティマラソンに参加しました。私は10km、かみさんは5kmにエントリーし二人共無事に完走しました。
風もなく曇り空で絶好のマラソン日和でしたが、タイムは二人共さっぱりでした。




ゲストランナーの瀬古利彦さんは私と同じ10kmに参加していました。スタート地点
では私より前を走っていたと思いますが、どこで抜いたか瀬古さんに勝ちました。
東京マラソンに比べたら小さな大会ですが、楽しみながら走ることが出来ました。

飛行機の通り道



「当機はあと20分程で、ホノルル国際空港に到着します。」なんてアナウンスが入ると何故か落ち着きませんよね。
そんな時に窓の外を見ていると必ずいつも同じ景色が見えてきます。



それはコオリナビーチの上空です。私はいつも行きも帰りも左側の翼より前の席を予約します。
もうすぐ着陸という時にこの景色が見えます。一度は滞在したいとずっと思っていましたが昨年の12月にやっと泊まることが出来ました。



コオリナビーチでゴロゴロしていても、ひっきりなしに真上を飛行機が飛んで行きます。これはノースウエスト機でしょうか?でもあまり音は気になりません。



ワイキキビーチにいても小さいけど、帰りの飛行機が横切って行くのが見えますね!
「あーあっ、明日の今頃はあそこからこっちを見ているんだろうな!」なんて切ない気持ちになります。

ドラフトギネス



昨日、オリオンビールを買いに行った酒屋にギネスビールが置いてあったので一本買って来ました。
このビールはアイルランドの有名なビールで、発売元がサッポロビールになっていました。

名前は聞いたことがあって知っていたのですが、この歳になって飲むのは初めてです。
夕飯の支度をしながら飲もうと缶を開けました。振ってもいないのに「ぷしゅ〜っ!」という音と共にすごい勢いで泡が吹き出てきます。滑らかでクリーミィそうな泡をこぼしてはもったいないとあわてて缶のまま飲みました。苦味のきいた黒ビールでグビグビと飲み干してしまいました。



「あれ〜、中に何か入ってるぞ!」缶切りで開けると中から直径約3cmの白いピンポン球のような物が出てきました。
何だろうと缶をよく見たら説明書きがありました。「缶内にフローティング・ウィジェットという白いプラスティック製の球型のカプセルが浮かんでいます。この働きで開缶と同時に缶内の圧力が一気に開放され、サージング(泡立ち)を起こし、本場アイルランドのパブで飲まれている樽詰めギネスと同じ、豊かでクリーミィな泡のギネスを作り出します。」ガーン、もう飲んでしまったずら・・・結局グラスに注ぎ、クリーミィな泡を目でも楽しみながら飲むってことなのね また明日買いに行ってこよっと!

オリオンドラフトビール



姪が沖縄旅行に行ってオリオンビールをお土産にくれました。(6本も重かっただろうに!)
2002年の9月に沖縄で飲んだで以来、かれこれ4年半ぶりのオリオンビールです。

その当時アサヒビールが業務提携し、沖縄県以外での販売権を獲得、全国で飲めるようになりましたよね。沖縄のものとは違い「Asahi」の文字が入っていると聞き、さっそく近所の酒屋に買いに行って来ました。



やはり缶の上部にAsahiのロゴが入っていました。(左側)残念、無い方がローカルらしくていいと思うんだけど・・・。
さて味の方ですが、軽い感じで癖も無く、スッキリとした飲みごたえです。両方を飲み比べてみたけど味はまったく同じです。(醸造元がどちらもオリオンビールなので当然ですね。)軽い感じが何かバドワイザーに似てますねえ。

沖縄のオリオンビールは沖縄で飲む方が旨いと思う。やはりその土地のものは、その土地で飲食するのが一番ですね。熱い沖縄の気候では、このさっぱりとしたビールがよく合いますね。

うーん、沖縄に行ってオリオンビールを、ぐいっとやるのが一番かな・・・名護で買うオリオンビールが一番旨いらしい。久しぶりにオリオンビールを飲んでまた沖縄に行きたくなりました。

ハーレーと菜の花畑



昨日の伊良湖ツーリングで、肝心な現地レポートを書くのを忘れてました。
毎年この時期、渥美半島では菜の花が咲き乱れ、ひと足早く春の息吹を運んでくれます。



渥美半島菜の花まつりが1/6〜3/25まで開催され、伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部横の菜の花畑では夜のライトアップもあるそうです。
今年は暖冬のせいですでに満開でした。
昨日、丘の上で写した写真の後方に黄色く見えるのが菜の花畑です。



この辺りでは焼き大アサリが名物ですが、昼食は赤羽根港の近くの食堂でカキフライ定食を食べました。今日は風も強く寒いので、昨日行ってよかったです

ツーリング日和



朝、母をデイサービスに送り出した後、久しぶりにツーリングに行って来ました。
ところでこのデイサービスですが、一日に何台もの色々な施設の送迎車を目にします。
今の時代、老人相手がドル箱のビジネスで、どこも老人を取り合いってとこでしょうね!
自分たちがそう言う歳になった時、世の中どうなっているんでしょう?
今はこうやって健康でハーレーに乗れることに感謝、感謝!

ところでツーリングですが、伊良湖岬に行って来ました。約4ヶ月ぶりに乗るのでエンジンが掛かるかどうか心配でしたが、2週間前にバッテリーを充電してたおかげで2発目で掛かりました。



いくら暖冬とはいえ防寒対策はバッチリです。ジーンズの上にチャップスをはいて(チャップスっていいけど、肝心な所が寒いんですよ〜)、革ジャンを着て、ネックウォーマーを着けて、シールド付きのメットをかぶって、そうそうハーレーにもウィンドシールドを装着していざ出発!



結局こんなに大げさな格好です。今日は特に暖かかったのでここまでしなくてもよかったかも・・・でもそのおかげで快適な早春のツーリングでした。
 

マリオット・タイムシェア



昨年の12月、ヒルトンのカリアタワーに4泊したので、マリオット(コオリナ)の見学プランには参加できず、正規料金で2泊しました。
(マリオットは4泊プランのみなので、両方は日程的に無理っす)
ちなみにこのプランはスタジオタイプの部屋ですが、4泊で$499は安いかと思います。(ヒルトンは4泊で$799でした。)

 

オーシャンビューの1ベッドルーム(1泊$324)で予約を入れてあったのですが、会員様が優先とのことで、1Fのガーデンビューの1ベッドルーム(1泊$284)に変更になってしまいました。(まあこれはこれで窓から出入りできてよかったですが・・・)

さてTS(タイムシェア)ですが、ここはすべて2ベッドルームになります。
間取りは以前紹介した通りで、115?の広さがあります。

TSは通常年間に1週間単位ですが、ここは1ベッドルームとスタジオに分ければ2週間に期間を延ばすことも可能だそうです。
マウンテンビューの2ベッドルームで$33,100なので、ヒルトンのシティビューの1ベッドルームの$38,900よりもお買い得かと思います。ただワイキキから離れて
いるのと、毎年同じ所に泊まるとなると、飽きてしまうかもしれませんね!



ここもヒルトン同様、建設ラッシュで3棟目を作っていました。

ニュービートル&ビートル



早いものでニュービートルを買って3月で1年になります。
普段あまり乗らないので、走行距離もやっと5000kmを越えたところです。
2000ccでなかなか走るのですが、何せ燃料がハイオクだし、荷物もあまり乗りません。
(ハッチバックになってるけど撮影器材を乗せるにはちょっとねえ・・・)



アルバムを見ていたら昔乗っていた空冷ビートルの古い写真が出てきました。
年式は覚えていませんが、確か1600ccだったと思います。エンジンが後ろ
で前がトランクだったんですが、こっちのが更に荷物が乗りませんでした。
(そう言えばこの当時、サーフィンもやってたなあ!)



希少なスポルトマティク(VW AUTOMATIC)で純正クーラーも付いていました。
現在もこのエンブレムだけが残っています。

ちなみに古い写真のビートルの後ろにいる女性は半年後に奥さんになりました。
(そう、ニュービートル&ビートルに写っているのは、うちのかみさんです。)
 

『苦しい時には腕を振れ』



2月25日の浜松シティマラソンに備えて久しぶりに10km走りました。
タイムは画像通りでベストより5分程遅いのですが、半年ぶりの10km走です。



浜松シティマラソンはまだ歴史が浅く今年で3回目になります。
毎年この時期は犬山ハーフマラソンに参加していました。
(どちらも地元の大会で知らない人には申し訳ないっす。)

今年も同日の開催なのですが、浜松の方に初めて参加することにしました。
ハーフマラソンはたまに走るのですが、10kmは今回で2回目です。
まったくの練習不足ですが、43分を切るのが目標です。

今日の練習で後半かなりバテましたが、なぜか高校時代の『苦しい時には腕を振れ』という先輩のことばを突然思い出し、腕を振って何とか走り切りました。
(これでも昔、駅伝走ったことあるんですよ