モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年8月

今日もゴーヤーチャンプルー



今日の晩ごはんのおかずもゴーヤーチャンプルーです。
いくらゴーヤーが夏バテにいいといっても中1日じゃちょっとねえ。
でもまったく夏バテ知らずで、元気いっぱいです。

今日のパターンはゴーヤーとモヤシとシメジです。
卵は入っていませんでした。
炒めてあるだけなのでポン酢をかけて食べました。うーん、イマイチだ

夏バテ防止料理



我が家の夏バテ防止料理はゴーヤーチャンプルーです。ゴーヤーが夏バテにいいとのことで夏はよく食べます。

8月は週に1回のペースで食卓に並びました。ゴーヤーチャンプルーとひと口に言っても色々とパターンがあります。

? ゴーヤーと豆腐と卵
? ゴーヤーとモヤシと豚肉と卵
? ゴーヤーと豆腐とスパムと卵

まだ他にもありますが、この3つが代表的なパターンです。
今日は?のパターンでした。
スパムは沖縄のものではなく、もちろんハワイで買ってきたものです。

ゴーヤーの苦味とスパムのしょっからい味が混ざり合い、これがいちばん旨いです。
味付けですが、以前は塩、コショウとオイスターソース等でやってたみたいですが
最近ではイチビキのゴーヤーチャンプルーの素で済ませているみたいです。

ゴールじゃなかったのね!



ホノルルマラソンを走ると“MARATHON FOTO”と言う会社からレース中に撮った写真のサンプルが送られて来ます。

その中で気に入ったものがあれば、いくつかあるサイズの中から好きなのを選んで注文します。

スタート地点、ハワイカイ、カハラ、ダイヤモンドヘッドなどいくつかのポイントでカメラマンが撮影していますが、やはりゴールでフィニッシュする写真が一番いいですよね!

これはHonolulu Marathon 2000の写真ですが、地面を見ると白地に黒のJALのロゴが入っていないのに気ずきました。(どれを見てもゴールはそうなってる。)

今までずーとゴール写真だと信じて疑わなかった“MARATHON FOTO”で買ったこの写真、ゴールじゃなかったのね

最後のFINISHER CARD



ホノルルマラソンに出場した人なら知ってると思いますが、ディーシーカードも協賛しています。

走り終えた後に、カッパ ・たぬきのキャラクターと一緒に写真撮ったりしますよね。

そのディーシーカードで、ホノルルマラソンDCカードに入会しているとFINISHER CARDがもらえたんですが、2004年で終わってしまいました。

クレジットカードと同じサイズで、プラスチックで出来ています。
完走証と似たようなデザインで、名前、完走時間、順位が印字してあります。

せっかくいい企画だと思っていたのですが、終わってしまい残念です
これを機に、ホノルルマラソンDCカードを退会したのは言うまでもありません。

フェリーからの夕日



苫小牧港を夜7時に出港し、次の日に朝9時半頃に仙台港に入港しました。仙台港では3時間程停泊する為、一時下船が出来ます。

今回のツーリングはあまり距離を走らず、美味しい物を色々と食べたのでヤバイと思い、下船して5?程ジョギングしました。

夕方、船上からなかなか落ちて行かないめずらしい夕日をみる事が出来ました。

次の日の午前中、ようやく名古屋港から自宅に着き、3年連続の北海道ツーリングも無事終わりました。今回のツーリングの走行距離は少なめの1270?でした。

今年は2週間程早かったので東北、北海道共に寒かったです。来年はどうなるかわかりませんが、最終章の道東を走れたらと思います。

札幌市内観光



今日は北海道を後にする日です。午前中、徒歩で札幌市内観光をしました。とは言っても時計台と北海道庁旧本庁舎と大通公園の3ヵ所です。

『けやき』でラーメンを食べた後、1時頃ホテルをチェックアウトして新千歳空港へ向かいました。

空港では1時間程おみやげを買ったりして、かみさんは飛行機で中部国際空港へ、僕は苫小牧港へ行き太平洋フェリーに乗りました。

登別〜小樽〜札幌(191?)



今朝はゆっくり目の9時頃にホテルを出発。白老のアイヌ村を見物し、道央自動車道を使って小樽へ向かいました。
小樽では寿司屋通りの店でウニ丼を食べ(寿司じゃないんかいな!)、買い物などして3時間程ゆっくりしました。

夕方、札幌に着きいつも使っているホテルにチェックインし、いつも行くジンギスカンの店『だるま』に30分程並んで晩ごはんを食べました。

今まであまり気にした事は無かったのですが、今回は服に臭いがしみついて気になり、ホテルの部屋の中まで臭くて大変でした。

函館から登別へ(225?)



8時半にホテルを出発し函館朝市にやって来ました。
思ってたより活気がありカニ、ウニ、イカなどの魚介類の他にメロンも競って売ってました。

1時間近く色々な店を回り、結局何も買わずに長万部へ向かいました。

昼食は楽しみにしていた長万部名物のカニ飯です。ほぐしたカニに醤油のいい味がしみ込んでいてとても旨かったっす。

室蘭市に入り37号線の坂道を下って行くと眼下に巨大なタンクがいくつも立ち並び、中に吸い込まれそうな感じでちょっと怖かった新日本石油の室蘭製油所のようです。他にも多くの巨大工場が立ち並び圧巻でした。

今日の宿泊先である登別温泉には3時半頃到着し、地獄谷見物に行きました。
そこでは色々な国のことばが飛び交い「観光地に来たんだな!」と実感しました。

ちょっと外れて香港の夜景



ハーレー北海道ツーリング日記の途中ですが、ちょっと外れて香港の$100万の夜景です。
エントリーはしなかったのですが、今年の2月にかみさんと二人で行きました。

少し霧がかかっていますが、ヴィクトリア・ピークから写したものです。手ブレと霧であまり綺麗ではありません。
個人的には高層ビルが林立する香港の$100万の夜景より、函館山からの夜景の方が好きですね。

津軽半島と函館の夜景



7月26日に自宅を出て本日4日目にしてやっと目的地である北海道に渡ります。

今日は函館山の麓にホテルを予約してあります。そのまま行ったらほとんど距離を走らないので、午前中津軽半島を一周する事にしました。

竜飛崎まで行って青森港のフェリーターミナルに戻って来たのは12:40でした。
12:30のフェリーが出たばかりで、次は14:20までありませんでした。
こんな事なら時間を調べておけばよかったと後悔しました。

結局、函館に着いたのは6時過ぎで、市内観光は出来ませんでした。
ホテルの部屋からも函館の街の夜景は見えましたが、ロープウェイで函館山に登りました。そこはホテルの部屋からとは比べものにならない程のすばらしい夜景が広がっていました。