IMG_1747
6年ぶりの北海道ツーリングはめずらしく雨に降られず、曇の多い天気だったので走り易かったです。
もし1週間早く出発する計画だったら、台風とかち合ってフェリーも飛行機も欠航で行けなかったです。
旅行にはハプニングが付き物ですが、かみさんは行き帰り共、飛行機が1時間遅れ、特に帰りは仙台で
の乗り継ぎ便に間に合わず、大阪伊丹空港まで行って新幹線で戻り、結局予定より3時間半遅れで家に
着いたそうです。6年前の道東の時も新千歳空港発の直行便で5間半出発が遅れたとぼやいてました。
おかげさまで私の乗ったフェリーはほとんど揺れもなく、行きも帰りも定刻より10分だけ早く入港しました。

DSC01582
しかし、出発ギリギリまでハーレーの故障に悩まされました。JAFの人に北海道出発までにハーレーを修理
したいので腕のいい修理屋さんを紹介して欲しいと言うと、旅先で壊れるのが怖いから、みんなハーレーでは
遠乗りしないで近場を走ってるよ!なんて言われました。確かに行きのフェリーでハーレーは、3/50台だけ
でしたし、道内でもあまり見かけませんでした。(まぁ、行く時期にもよると思いますが…)

DSC01648
青い池 美瑛近くのセルフスタンドでガソリンを入れて店を出ようとすると、店のオッチャンが飛び出して来て
「珍しいハーレーだね~!映画でシュワちゃんが乗ってたエボのファットボーイだよね!」と言われました。
20年目なので、まだまだ珍しい域には達していないと思うのですが、最近めっきり見かけなくなったそうです。
きっとJAFの人が言ってたように、旅先で壊れるのが怖いから古いハーレーで遠乗りしなくなったのかな?

IMG_1922
また、北海道では昔からバイク同士がすれ違う時に左手をすっと挙げて挨拶をする習慣があるのですが
今回のツーリングでは動作が派手になっていて殆どのライダーが手を激しく振って挨拶してくれました。

DSC01709
あと笑えるハプニングではアメリカで買って来て、着ないで大事に取っておいた新品のルート66のTシャツを
中に着て新千歳空港に向かった時のことです。出発まで買い物をしている時に腕に違和感を感じたので見る
とTシャツがボロボロと崩れ出していました。おまけに粉まで吹き出して床に撒き散らして歩いていました。
予定ではかみさんを見送った後に支笏湖や中山峠に行く予定だったんだけど諦めてホテルに戻りました。

IMG_1728
あと何年ハーレーに乗っていられるかわかりませんが、故障を恐れずまだまだ遠乗りを楽しみたいと思います。

走行ルート : 小樽 → 稚内 → 宗谷岬 → 猿払エサヌカ線 → 網走 → 青い池 美瑛 → 札幌 → 小樽