今日はお花見を兼ねて姫様道中を見に行って来ました。姫様道中とは姫街道と呼ばれる江戸時代の東海道の脇街道を、お姫様が腰元、侍、奴など100余名を従えて練り歩く道中行列を再現したお祭りです。昭和27年から始まって今年が第59回だそうです。曇り空で少し肌寒い日でしたが、満開の桜トンネルの下、絢爛豪華な道中がゆく様はとても見事でした。一般の人も参加できるみたいなので、来年侍役か奴(やっこ)役で応募してみようかなぁ〜



姫様道中行列はこんな感じ



毛槍奴(けやりやっこ)、箱持奴(はこもちやっこ)



腰元(こしもと)



家老(かろう)



上臈(じょうろう)



駕篭奴(かごやっこ)



そして主役の姫様(ひめさま)

今回初めて見たけど結構おもしろかったなぁ〜