モーハワイ☆コム

KTAのコーヒー売り場


ちょっと知らん間に(といっても1年もですが・・・)ブログの形式が変わってしまって、IT音痴のおっさんにはログインすら出来ん(涙)・・・、と嘆いてたんですが、モーハのページを色々見ると、同じような悩みを持つ人がいてちょっと安心。(わしだけやなかったわ~ホッ)

ま、それはともかく、やっとこさログインできたので投稿しておきましょう。

コナコーヒー好きのおっさんは、毎回お気に入りのブランドをショップなどで買いますが、今日はちょっと変わったコーヒーの買い方をしましたのでご紹介したいと思います。

KTA1

ハワイ島ではもうおなじみのKTAスーパーストアですが、何年か前までのコーヒー売り場は、こんなに多くの種類を取り揃えていなかったような気がします。

「おお!色々あるやん!」

SN3N0625 SN3N0622 SN3N0621 SN3N0620

今回はいつもと違うコーヒーを仕入れようと足を運んだのですが、個人ファームのものや、コンテスト入賞経験のあるものまでかなりの数です。小さなファームのものは、おそらく焙煎加工をどこかでまとめてやっているのでしょう。パッケージが違っても焼き方が同じというものもあるかもしれません。

また、お値段も高くも無く、ハーフパウンドや7オンス6オンスといった土産用にも使えるものがありました。

これだけ種類があるなら、いっそ全部の種類を飲んで見たいものです。

コレは使える!ホノカア Blanes Drive inn



ホノカアに行くと昼飯を食べるのにどうしようかと迷うことがあります。我が家はTEXドライブインではマラサダ以外あまり手をつけていないのですが、いつもTEXとなると芸がないなと考えてしまいます。そこで・・・

ホノカアの街をホロホロすると、結構イケルDeliがあったりします。ここはホノカアのメインストリート沿いにあるドライブイン。ファーストハワイアンバンクのお隣のマカイサイドです。



何度かここでハワイの定番チキンカツを頂きましたが十分おいしい味でした。今回は子供がいるので、あっさりしたサイミンを求めていたのですが、TEXでも食べたことがなく、このBranesの値段を見て、トライすることに・・・。



結果はGood!値段も安く、私にはスープがあっさりとして中々ウマイサイミンでした。
写真のメニューはスーパーサイミンのラージ。チキンテリヤキが付いて、6ドル40セント。安いですね!量もアホほどあります。もちろん3人でシェア。しかし私はコレだけではちょっと足りないので、持っていたおにぎりをあわせて定食風に!


この日はローストポークとペプシのキャンペーンをやっていたらしく、近所の中学生でにぎわっておりました。




きっとほかのメニューもおいしいかもしれないし、また弁当があるのが気になります。値段も安いです。
ではご参考までにメニューの写真を公開!






撮影スタッフ用ロケ弁当なんかに便利かも!(予算削減の折…涙)

ハワイアンの聖地「ワイピオバレー」!



ワイピオバレーはおっさん一家にとっては、プウホヌアホナウナウと並んで、何度来てもそのパワーに癒される大好きな場所です。

もう多くを説明するまでもありませんが、昔、谷の底には多くのハワイアンが住んでいて、ハワイの政治経済の中心であったといわれています。また、多くのアリイ(王)の骨が眠るともいわれ、それだけにハワイアンからは聖地とされています。現在は50人ほどのハワイアンや外部入植者が住んでいるということです。

中野次郎さんが書かれた本「ハワイマナ」に、
「ちょうど日本人が古都奈良、飛鳥、斑鳩の里を思慕するように、ハワイアンはワイピオを敬虔の情を持って語る。」
という文章があります。


ハワイアンサンクチュアリーならではのナイスな交通標識も存在します。



野生の馬が静かに暮らしています。こちらは親子のようです。


中には気性の荒いドンキーもいますが、人前に出てくる馬はとても人懐っこくやさしいので、決して餌をあげたり、むやみに触れたりしないようにしましょう。

いやしかし、子供を大自然に触れさせるにはすばらしい場所ですが、子供だけにあらず。大人も感動です。

ホルアロア・フアラライガレージ?



前にも書きましたが、ホルアロアのキムララウハラショップの向かいにある自動車修理工場、フアラライガレージです。

昔、コーヒーやサトウキビ栽培などで栄えていた頃、ホルアルアには多くのゼネラルストアがあって、そこには多くのガソリンスタンドがありました。この修理工場も例にもれず。4機の給油タワーがあったそうです。




その名残がこちら。取り壊した日付がコンクリートに刻まれています。





こちらのタワーは、1939年の4月25日となっています。かなりの古さです。


もう一方は最近のようで1993年の12月。






こういった記念の刻印は給油タワーだけでなく、ほかにも多く残ってるそうで、マクロなところに目をやると、日系移民の方々の当時の生活が目に浮かぶようです。

ハワイ島と伊豆大島、姉妹島盟約50周年



みなさんは姉妹島というのをご存知でしょうか?ハワイ島と伊豆大島は1962年2月12日、世界で初めての姉妹島盟約を結び、今年で50周年を迎えました。

写真は平成4年に伊豆大島(東京都大島町)がハワイ島を公式訪問した際に建立した記念碑です。この記念碑は、ハワイ島ヒロにあるリリウオカラニパーク(日本庭園)にあります。リリウオカラニパークでは、1968年に日本移民100年を記念して移民を輩出した各県から灯篭や鳥居など、いろいろなものが寄贈されました。



姉妹島のきっかけとなったのはずばり活火山。三原山は ハワイのキラウエア火山・イタリアのストロンボリー火山と共に 世界三大流動性火山の一つに数えられている活火山です。
記念碑には伊豆大島の活火山三原山とハワイ島のキラウエア火山のシンボルが刻まれています。



今年の50周年記念日はもう過ぎてしまいましたが、今後、大島やハワイ島では何かイベントがあるかもしれませんね。

姉妹島盟約の歴史とエピソードはコチラ

持って帰ってきてしまった。



私はマウイスタイルチップスが大好きです。ちょっと塩分が濃いのがウィークポイントですが、それでも少量ならビールのお供に最高です。

で、このチップス、KTAやロングス、ウォルマートといったスーパーでももちろん手に入るわけですが、この一口パックの大きさはCOSTCOに行けば、24パックが10ドル程度で手に入ります。
昔は平べったいダンボールにラップをかけてあっただけなのですが、今回購入したものは箱になっていました。



さらに手持ちの取って穴まで開いています。いつもは渡航してすぐにこれを買ってほとんどなくなり、あまったものをスーツケースに入れて持ち帰るのですが、そんなわけで、今回は24パックのまま持って帰ってきてしまいました。実は24パックのみならず、開いたスペースにさらにスナックを詰めて帰ってきたわけです。機内へ持ち込めたのでめでたしめでたし。。。

いやいや、これだけあるとしばらく持つかと思いましたが、あっという間に最後の袋が空いてしまいました。日本のCOSTCOに売ってないかなぁ。。。


※チョイトびっくり!こんなん出てました・・・

アロハな原チャくん?



ウチの原チャリ「アロハ号」が前回のシート張替えから4年も経ち、衣替えの時期を迎えました。
前回はアロハ柄生地をシートの上にそのままオーバーシードしたのですが、雨で濡れるやら、埃や太陽熱などで劣化が激しく、柄も薄くなってきました。

黒バイクなので、今度は黒が少し入ってる赤い柄を選びました。柄が少々大きすぎましたが満足です。上からビニールシートも張りましたので、汚れや雨から少々は守ってくれるでしょう。もちろん自作です。



実はこの張替え、老朽化だけではなく、4年前に駅前の駐輪場でカッターでシートを切られた事件が事の発端なのです。大変腹立たしく、また世の中には必ずこういう心無い人間がいるものだと思いますが、ネガティブになってしまってはいけませんね。
以来、ハワイアンテイストを前面に押し出し、知る人ぞ知る「アロハスピリット」※を願うお守りのつもりで張替えをやってます。これでまた新たな気分で日常を送りたいものです!

※アロハスピリットの意味はいろいろありますが、私はここではとりあえず「他人を思いやる心」「物や自然に対する優しさ」としています。ほかにも色々あると思いますが。。。

セントラル・コナ・ユニオン・チャーチの・・・



先日、キャプテンクックの「セントラル・コナ・ユニオン・チャーチ」の墓地にある、林三郎さんと言う日本人のお医者さんのお墓に参ってきました。墓地はチャーチの少し南のマカイ(海側)にあります。



林医師は医療はもとより�、当時、英語の苦手なコナの日本人移民のために、「コナ反響」という日本語新聞を発行するなど、コナの日本移民のために大変尽くされました。



林三郎医師の伝記として�書かれた「ジャカランダの径」(中野次郎著)をご存知の方も多いかと思いますが、この英語版が「KONA ECHO」(コナ反響)という名で発行されています。



すでに廃盤となった貴重な1冊は「キムララウハラショップ」で見ることができます。

今回のホルアロアでの滞在は、日系人の方々と語らう機会が多く、日本移民144年という長い時が、つい最近のことのように感じられた1日でした。

驚きの!AKAKA Falls 有料化!



2年ぶりにアカフォールズへ行くとびっくり!駐車場が有料化されていました。車1台につき5ドル、入場料が一人につき1ドルです。車の場合は人数に関係なく5ドルのようですが。。。



トレイルもきれいになったので、これは仕方ないのでしょう。ハワイもバブル弾けてから税収の落ち込みが深刻のようで、州の収入も大変なようです。

ペインメントマシンが2種類建っています。ひとつは一般車用で、もうひとつはツアーなどの営業車用のタワーがあります。

こちらは営業車用のタワー




営業車はPUCで始まるナンバー(ナンバープレートではなく車両のサイン)をつけているもので、なななんと!一般車と比べると0が一桁違うそうです。ガソリンは高い、入場料は高いで、ツアー業界も大変です。大きなバンにお客さん2人だけなんて大変です。もっともそういうのは中々成立しないそうですが。。。

さて、話を戻して、支払い方法について。
この時期は係員の方がいて、サポートしてくれます。



クレジットカードを入れて、車のライセンスプレートナンバーを入力します。私はやってもらえたので、ナンバーを口頭で伝えましたが、「G」と「Z」を間違えて聞き取られたので、

私:「間違ってますよ」

と言うと、

係員:「かまへん、かまへん、適当でエエねん」

と言ってました。(関西弁はウソですが内容は本当です)

エエかげんで通るからコワイねぇ。。。

コナスノー満開!



今回コーヒーの花が咲くのを見たのは2回目。前回よりも豪快に咲いております。ママラホアハイウェイでホルアロアの町を走ると、両側の車窓はまさに雪景色です。




写真はUCCハワイ農園にて。