Home > Archives > Archive

Archive

ハワイで急に体調が悪くなったら・・・

楽しいハワイ旅行!いくら体調を万全に整えても、
具合が悪くなってしまうことはありますよね。

外国の薬って・・・英語だからわからないという方の為に!
今回はハワイのコンビニエンスストア「ABCマート」で購入できる薬を紹介します!


【TYLENOL タイレノール】

頭痛、筋肉痛、腰痛、関節炎、歯痛、月経痛、普通の風邪に効果的。

【ADVIL アドヴィル】
タイレノールと同じような効能があります。一般的な痛み止めです。

【peoto-Bismolペプトビスモル】
胸やけ、吐き気、むかつき、消化不良、下痢に効果があります。
アメリカンなピンク色をしています。タブレットと液状があります。

【VICKS SINEXヴィックス シネックス】
鼻の通りが悪い、風邪やアレルギーによる鼻水、鼻づまりに効果的。
シュッと鼻の中にスプレーするタイプです。

【ベンゼドレックス】

ヴィックスと違って、鼻でスッとする匂いを嗅ぐタイプです。

【Bendadrayl ALLERGY ベナドリル アレルギー】
アレルギーによるのどのかゆみ、痛み、鼻水、くしゃみに効果的です。
.
【Sominexソミネックス】
【Nytolナイトル】

ウトウトと眠くなります。時差ぼけが直らない、
帰国する飛行機でがっつり寝たいという時に効果的です。

サーフィンの父デューク・パオア・カハナモク

ワイキキビーチで一際目立つ銅像といえば・・・・・
そう!デューク・パオア・カハナモク像ですね!

サーフィンの父と呼ばれたハワイの英雄はいったいどんな人なのでしょうか?
今回はデュークについてちょっとお勉強してみましょう。

DUKE PAOA KAHANAMOKU
デューク パオア カハナモク

(1890-1968)

ワイキキで育ったデュークは、幼い頃から水泳やサーフィンが得意!
十代の頃は、高校を中退してワイキキ・ビーチでサーフィンを教えたり、
ビーチの監視や救助をするビーチボーイだったそうです。
1911年、20歳の時に地元の競泳大会で世界記録を更新したことをきっかけに、
翌年開催されたオリンピックに出場することになるのです。

1912年スウェーデン ストックホルム大会(金メダル1個、銀メダル1個)
1920年ベルギー アントワープ大会(金メダル2個)
1924年パリ大会(銀メダル1個)
1932年ロサンゼルス大会(銅メダル1個)
なんとデュークは全部で6個のメダルを獲得!
オリンピック?ホール?オブ?フェイム(オリンピックの殿堂)にも堂々選ばれた彼は、
42歳の時に競泳の世界から引退しました。

銅像を見たことある方はご存知でしょう。
とてもハンサムだったデュークは、ハリウッド俳優としても活躍。
当時、まだ無声だったハリウッド映画約30本に出演したことが、
ハワイやサーフィン人気を高めるきっかけとなりました。
また、晩年は、ホノルル市郡の保安官を26年間勤め、ハワイの治安維持に貢献しています。

今度ワイキキビーチに行ったらハンサムデュークの顔をよく見てみましょう♪

ハワイのお土産定番クッキーブランド

ハワイのお土産の定番と言えば、マカデミアンナッツとクッキーですね。

今日はどんな人にも喜ばれる定番中の定番!のお土産
ハワイのクッキーブランドをご紹介します。

【チップ&クッキー】
カイルア発祥のクッキーブランド
カイルアにある有名なクッキー・ショップ「チップ&クッキー」の2号店が、
ロイヤル・ハワイアン・センターにオープンしました。
ロイヤル・ハワイアン・センターのC館2階に新登場の「チップ&クッキー」は、
ウォーリー・エイモス氏が子どもの頃から好きだったチョコレートチップ・クッキーの味を
1975年に完成させて以来、ハワイで大人気となっています。

クッキーの種類は、定番人気のチョコチップをはじめ、オートミール・レーズン、
ペカンナッツ入りバタースコッチ・チップ、マカダミアナッツ入りチョコチップなど6種類。
手作りならではのふぞろいな形と、一口サイズの小ささ、そしてオールナチュラルという姿勢が、
暖かいホームメイド・ブランドの雰囲気にぴったりです。

ロイヤル・ハワイアン・センター店
2201 Kalakaua Ave
ロイヤル・ハワイアン・センターC館2階
電話:922-1844

【ザ・クッキー・コーナー】
オアフ島に12店舗を展開する「ザ・クッキー・コーナー」は、
1981年創業の老舗クッキーショップ。ロコに絶大な人気を誇り、
焼きたてのクッキーを目当てに、行列ができることもあるほど♪
地元新聞ホノルル・アドバタイザーによるクッキー・コンテストでは、
2006、2007、2008年と3年連続「ハワイNo.1クッキー」に選ばれた実績を持ち、
その味は折り紙つき。アラモアナ・センターのステージすぐ脇にお店があるので、
パッケージを見て思い出す人も多いかもしれません。
おみやげにぴったりの可愛いボックスや缶が各種サイズ用意されていて便利です。
アラモアナ店の他、カピオラニ公園に近いリゾートクエスト・ワイキキ・ビーチ・ホテル店、
カハラ・モール店などもあります。

アラモアナ・センター店
電話:973-3500
営業時間:8:30〜21:00(月〜土曜)、8:30〜19:00(日曜、祝日)

リゾートクエスト・ワイキキ・ビーチ・ホテル店
電話:971-0550
営業時間:9:00〜22:00 無休

カハラ・モール店
電話:733-1230
営業時間:8:30〜21:00(月〜土曜)、8:30〜17:00(日曜)

【ホノルル・クッキー・カンパニー】
パイナップル型のショートブレッド・クッキーでおなじみ、
「ホノルルクッキーカンパニー」が、ワイキキの中心に続々ショップを増加中。
ワードセンターやアラモアナ・センターはもとより、ハイアット・リージェンシー・ワイキキ、
ロイヤル・ハワイアン・センター、ロイヤル・ハワイアン通り、
ワイキキ・ビーチ・ウォークなど、主要なところはすべてあります。
パッケージと同じ淡いグリーンを基調としたインテリアとパイナップル型の
照明が印象的な店内には、厳選された素材のみを使用して
焼き上げられたバラエティ豊かなクッキーが勢ぞろいしています。
箱詰めやラッピングされたパッケージの他にも、
「クッキー・ア・ラ・カルト・ステーション」で、
好きなクッキーを選んでオリジナル詰め合わせパックを作ることもできるので、
おみやげには最適ですね。

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ店
電話:921-8300
営業時間:9:00〜23:00

ワイキキ・ビーチ・ウォーク店
電話:924-6651
営業時間:Mon-Sun 9am-11pm

ロイヤル・ハワイアン通り店(DFS山側)
電話:926-3344
営業時間:Mon-Sun 9am-10pm

伝統のロミロミ!

旅行の目的で「日頃の疲れをとるべくハワイへ行く!」という方も多いですよね。
そんな方には是非体験して欲しいハワイ伝統のマッサージ「ロミロミ」。

「ロミロミ」ただ単に体をほぐす為のマッサージではないってご存知でしたか?
今日は「ロミロミ」の歴史についても少し学んでみましょう!

ハワイ式マッサージの「ロミロミ」(ハワイ語で揉むという意味)は、
もとはと言えば、手や腕を使って相手の身体を揉みほぐすだけでなく、
心も浄化する神聖な行為として、王族の間でのみ伝承されてきたものでした。

カメハメハ大王によって統一されたハワイ王国時代、
ロミロミは「クム」と呼ばれる専門家の手によって施され、
血族内の選ばれた継承者だけに引き継がれる門外不出の技術とされてきました。
そんなロミロミが表舞台に登場するようになったのは1978年、
アンティ・マーガレット・マシャドが、掟を破って家族以外の人々にロミロミの手法を
語り始めたのが最初と言われています。
それをきっかけに、ハワイはもとより、世界中に広まることになりました。

手や腕を使って全身を揉み解すロミロミは、一見、筋肉や筋を伸ばすフィジカルな
マッサージのようにも見えますが、その裏には宗教的な深ーい意味があるそうです。
古代のハワイ人は身体と精神はひとつであるという「ホリスティックな考え方」を持っていました。
「身体の不調は肉体的な要因だけでなく、精神的な面にも原因がある」と考えたわけです。
それゆえに、ロミロミの施術者は、単に肉体をマッサージするだけではなく、
精神の緊張を解きほぐす役目も担っていたと言われています。
それゆえ「クム」は、必ずロミロミを行なう前に、祈りの儀式を神に捧げていたそうです。
海・太陽・大地・風など自然からのエネルギー・パワーを体内に取り込むことによって、
身体と心を癒そうと考えたのでしょう。
まさしくロミロミはマッサージというよりも、スピリチュアル・ヒーリングとして発展したものなのです。

体をほぐすだけでなくヒーリング効果もあるロミロミ!
私も次回の旅行ではロミロミで癒されたいと思います♪

Home > Archives > Archive

お知らせ通知登録
メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。このブログの新着記事をメールでお届けします。
お知らせ通知登録:
最近のコメント

ページTOP