Home > Archives > Archive

Archive

花の楽園ハワイ


一年中色とりどりの花に満たされる花の楽園ハワイ。

空港を降り立った時のプアケニケニの甘い香りやワイキキの街中を彩るハイビスカスは、
ハワイに訪れたことを歓迎してくれるかのようです。

今回はハワイで身近に出会うことのできる代表的な花々をいくつか紹介します。
人々に愛され、時に神話や伝説を生み出してきた花々の魅力を、ぜひ再発見してください。

□ハイビスカス
現在5,000以上の園芸種がつくられているといわれるほど様々な種類のあるハイビスカス。
1920年代からハワイのシンボルフラワーとされてきましたが、
黄色の原生種が正式に州花とされたのは1988年のことです。

□プルメリア
ハワイだけでなく、日本でも人気のプルメリア。
プルメリアはきれいで、香りが良くて、レイにもよく使われますが、
茎を折ると白い乳液状のものが出ますが、毒ですから気を付けて下さい。

□ジャスミン
ジャスミンはモクレン科の植物。
甘く優しい、エキゾチックで魅惑的な香りです。
ジャスミンは、「花の王」や「聖林の月光」と呼ばれて人々から親しまれてきました。

□ジンジャー
ハワイ中のどこでも見かける花です。
白や黄色、レッド、ピンク、トーチ・ジンジャーなど多くの種類があって、
マノア渓谷やタンタラスなどで野生のジンジャーが咲乱れているところに出会うことがあります。

□ブーゲンビリア
日本では5〜10月に咲きますが、熱帯地方では一年中咲いているため
南国の花のイメージが強いですね。
ハワイでは門のアーチや垣根に多く使われるそうです。

□モンステラ
「モンステラ」はラテン語で「怪物」や「異常」という意味で、モンスターと語源が同じらしいです。
代表的なのはデリシオーサですが、種類の区別がしにくいほど色々な種類があります。

帰国後もハワイを感じることの出来るお土産「ハイビスカス栽培セット」はいかがですか?
お土産ならおまかせ「キングマカデミアン株式会社」

あなただけの旅をお手伝いします!ハワイ旅行なら専門店ファーストワイズへ

夕陽を見ながら美味しいカクテルを!


南国の島ハワイの夕暮れに似合うのは、なんと言ってもトロピカルドリンク!
フレッシュフルーツをたっぷり使って仕上げるカラフルでゴージャスなカクテルは
遊びつかれた身体をゆっくりとクールダウンさせてくれます。

しかし、ひと口にトロピカルドリンクといっても多種多様です。
今回はスマートにオーダーする為に少しお勉強しましょう。

□カクテルの女王「マイタイ」
ライトラムとダークラムをベースにフルーツジュースを加えて作る。
ポリネシア語で「最高」という意味をもちトロピカルカクテルの女王とも呼ばれる王道の一杯。

□ハワイ生まれの「チチ」
プエルトリコ発祥のラムカクテル、ピニャコラーダをウォッカベースで作ったものがチチ。
ココナッツシロップ、パイナップル、レモンジュースを混ぜてつくるミルキーなテイスト。

□長年愛される「ブルーハワイ」
エルビス・プレスリー主演の映画と同じ名前のハワイアンカクテル。
ライトラム、ブルーキュラソーにフレッシュジュースを混ぜた見た目にも涼しい一杯。

□孫の手がアクセントの「トロピカルイッチ」
イッチとは「かゆい」というカクテル名にちなんで孫の手が付いたユニークなドリンク。
ダークラム、ライトラム、パッションフルーツなどが使われトロピカルなフレーバー。
ラムの香りがちょっぴり大人向き。

□ハワイの火山をイメージした「ラバーフロー」
ホワイトラムをベースにパイナップルジュースとココナッツバナナを混ぜ、デザート感覚の
スイートなカクテル。
赤いストロベリーソースが熱く流れる溶岩を表しています。

トロピカルドリンクは口当たりもよくついつい飲みすぎてしまうことも。
皆様くれぐれもご注意を。
そして日本人は若くみられがちなので必ずパスポートを持参しましょう!

あなただけの旅をお手伝いします!ハワイ旅行なら専門店ファーストワイズへ

いつもとは違う旅行を!


いつもの旅行には飽きてしまった方にお薦めなものが、無料のカルチャーレッスンです!
せっかくハワイを訪れたからには文化を学んで帰りましょう。

特にロイヤルハワイアンショッピングセンター内には色んなカルチャーレッスンがあります。
レッスン日は曜日によって変わるので帰国まで毎日違うレッスンに
チャレジンジしても面白いですね。

■ ロミロミ・レッスン (月曜 11:00〜12:00)
2008年1月にスタートしたロミロミ・レッスン 。
「モクオラ」というハワイアン・ヒーリング・センターのオーナー、ピイラニ・ライト先生によるレッスン。
参加者はペアになって実際に首、肩、頭、腕などをマッサージしながら、
ヒーリングの鍵となる祈りや心のあり方、呼吸など、ハワイのロミロミの基本を学びます。

■ フラ・レッスン (火曜 11:00〜12:00)
ハワイのトップ・フラグループ「ハラウ・フラ・オ・マイキ」所属、プアケアラ・マンさんによるフラ・レッスン。
1時間のレッスンで1曲踊れるようになるという大人気のレッスンです。

■ レイ・メイキング (金曜 13:00〜14:00)
ロイヤル・ハワイアン・センターにあるレイ・スタンドによるレッスン。
トロピカルフラワーを糸に通す簡単な作業なので、キッズにもおススメです。

■ ウクレレ・レッスン
  (火・水・木・金曜 10:00〜11:00)
簡単なコードを使ったハワイアンソング1曲をマスターできます。
講師は、火・木曜は女性プロシンガーのワイナニ・イムさん、水・金曜はフラ・レッスンも
担当するプアケアラ・マンさん。ウクレレは無料でレンタル。

■ ハワイアン・キルト製作 (火曜 9:30〜11:30)
キルトメイカー、シャーロット・キャスカートさんによる2時間のキルト・レッスン。
キットを購入すれば、滞在中何度でも参加できます。好きな色のキットを選ぶために、
早めに受け付けすることをおススメ。

ハワイでも私〜ら・し・く〜ハワイ旅行のご相談は専門店ファーストワイズへ

世界一幸せ〜なコーヒー


ハワイ島のコナで栽培されるコナコーヒーはコーヒーの中でも最高級品です。
ところで・・・・コナコーヒーがどんな場所で出来るか皆さんご存知ですか?

ハワイ島の西の玄関口、ケアホレ・コナ国際空港からコナの町を南へ車で20分ほど下ったあたり、
マウナ・ロア山とフアラライ山の中腹に沿って数キロにわたって帯状に広がるわずかな地域こそが、
世界で最も美味しいといわれる「コナ・コーヒー」の生まれ故郷です。
コーヒー豆は、赤道をはさんで北緯・南緯それぞれ25度の地帯(コーヒーベルト)でしか栽培されません。
この限られた地域の中でもハワイ島の「コナ地区」は、特別に“コナコーヒーベルト”と呼ばれ、
コーヒーの生育にはこれ以上ない完璧な自然条件を満たしている場所といっても
過言ではありません。
有機質に富んだ肥沃な火山性土壌からの栄養をたっぷりと吸収します。
午前中は海からの暖かい貿易風と陽光が降りそそぎ、昼すぎには通り雨のシャワーを浴び、
そして午後にはフアラライ山から湧きたつ白い雲に覆われた日陰のもと
コーヒーの木々は心地よい午睡のひとときを迎えます。
やがて夜になると山からの冷たい風がコーヒーの実をひきしめてくれます。
コーヒーの木々が育つには、楽園のような環境です。
このような自然の営みが、毎日毎日繰り返されるのでコーヒーにとってこんな幸せなことはありませんね。

コナコーヒーは恵まれた気候の中で育つ世界一幸せなコーヒーなのです・・・・。

一口飲めば気分はハワイへ。
こんな豆知識と一緒にコーヒーを飲んでみてはいかがですか。

ハワイでも私〜ら・し・く〜ハワイ旅行のご相談は専門店ファーストワイズへ

Home > Archives > Archive

お知らせ通知登録
メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。このブログの新着記事をメールでお届けします。
お知らせ通知登録:
最近のコメント

ページTOP