Home > ハワイあれこれ > 花の楽園ハワイ

花の楽園ハワイ



一年中色とりどりの花に満たされる花の楽園ハワイ。

空港を降り立った時のプアケニケニの甘い香りやワイキキの街中を彩るハイビスカスは、
ハワイに訪れたことを歓迎してくれるかのようです。

今回はハワイで身近に出会うことのできる代表的な花々をいくつか紹介します。
人々に愛され、時に神話や伝説を生み出してきた花々の魅力を、ぜひ再発見してください。

□ハイビスカス
現在5,000以上の園芸種がつくられているといわれるほど様々な種類のあるハイビスカス。
1920年代からハワイのシンボルフラワーとされてきましたが、
黄色の原生種が正式に州花とされたのは1988年のことです。

□プルメリア
ハワイだけでなく、日本でも人気のプルメリア。
プルメリアはきれいで、香りが良くて、レイにもよく使われますが、
茎を折ると白い乳液状のものが出ますが、毒ですから気を付けて下さい。

□ジャスミン
ジャスミンはモクレン科の植物。
甘く優しい、エキゾチックで魅惑的な香りです。
ジャスミンは、「花の王」や「聖林の月光」と呼ばれて人々から親しまれてきました。

□ジンジャー
ハワイ中のどこでも見かける花です。
白や黄色、レッド、ピンク、トーチ・ジンジャーなど多くの種類があって、
マノア渓谷やタンタラスなどで野生のジンジャーが咲乱れているところに出会うことがあります。

□ブーゲンビリア
日本では5〜10月に咲きますが、熱帯地方では一年中咲いているため
南国の花のイメージが強いですね。
ハワイでは門のアーチや垣根に多く使われるそうです。

□モンステラ
「モンステラ」はラテン語で「怪物」や「異常」という意味で、モンスターと語源が同じらしいです。
代表的なのはデリシオーサですが、種類の区別がしにくいほど色々な種類があります。

帰国後もハワイを感じることの出来るお土産「ハイビスカス栽培セット」はいかがですか?
お土産ならおまかせ「キングマカデミアン株式会社」

あなただけの旅をお手伝いします!ハワイ旅行なら専門店ファーストワイズへ

コメント:0

コメントを書く
内容を記憶する

Home > ハワイあれこれ > 花の楽園ハワイ

お知らせ通知登録
メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。このブログの新着記事をメールでお届けします。
お知らせ通知登録:
最近のコメント

ページTOP