モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2017年4月

別荘を所有しながら世界中の施設も利用できる、、、ではお幾らなのか?


あろっは!そっか、所有権なので日本の会員権みたいに業者が破産しても紙切れにはならないのか?ほぉ、硬い商品に聞こえるけど、では実際お幾らで所有できるのか?

そう、せっかちな方はすぐに価格を聞きたがります。

では、あくまでも平均的なところでお話をしましょう。一般的なサラリーマンの方は休みが取れる時代に入ったとはいえ、そこまで毎年ハワイに来れている方はそう多くはいらっしゃいません。私も27年前は東京で普通にサラリーマンをしておりました。会社をサボる事は出来ても休みはなかなか取れませんでした。

バケーションオーナーシップの所有権は基本的には所有されたお部屋に毎年7泊泊まれる権利が生涯続きます。もちろん所有しているうちは、ということです。

でも毎年7泊お休みをとれない方は、隔年という所有権から始められます。所有権を最初に偶数年か奇数年かお選び頂けます。もし所有されたお部屋1LDKを偶数年で契約されたとしましょう。その部屋に7泊泊まれる価値のポイントが7200ポイントだったとしましょう。そうしましたらその1LDKのお部屋に7泊毎偶数年一生涯泊まれる権利を手に入れるのです。

そのお部屋は、ヒルトンの1LKD。私も昔グアムでホテルマンをしておりました。ヒルトンクラスで1LDK(リビングダイニングキッチン付)のスイートルームを普通に予約すると一部屋1泊約7万円はするでしょう。これがオーシャンビューであるとやはり10万円はくだらないと思います。7万円の部屋に7泊、生涯偶数年で利用できる権利が発生するのです。

これを100%ポイント制にしているところが日本人のバケーションスタイルに合っているのです。そう、そもそも7泊休みを取れませんから。そう、所有しているお部屋に2年に1回7泊泊まれる権利も、自分の所有しているお部屋ではなくてグレードの低いお部屋に予約をすることにより、10泊泊まれる価値に変わるのです。その所有ポイントはしかも、1年分前借り、繰越しが出来ますので2年に1回10泊の旅行が5泊分前借りすることにより毎年5泊の旅行ができてしまう。

おっけぇ、では管理費が負担になるのでは?隔年の所有権であると管理費も2年に一回のお支払いとなります。1LDKであると、為替にもよりますが(ってかまた今円高に向かってますね)約15万円前後です。管理費の発生しない年は年会費だけお支払い義務があります。約2万円ちょいです。ということは2年に1回約17万円。1年で約8万円だとしましょう。

リピーター様ほど気がついてます。毎年5泊のハワイ旅行、、、このご時世、5泊で8万円で取れるお宿がありますでしょうか?ユースホステル、、、悪くはありません、でも私は泊まりたくありません。子連れの旅行であると他のお客様に迷惑をかけまくってしまいます。

お得な一般ホテルを探そうとしても、実際難しい時代です。アウトリガー・オハナアイランダーホテル、ミラマーホテル、、、残念ながら閉館しております。

ハワイは税金が高いですから、一部屋1泊200ドルちょこっとで探せたとしても税金、リゾートフィーなどが加算されお得なホテルでも一部屋1泊3万円はする時代です。5泊泊まると15万円。シェラトン、ハイアットクラスになると当然それ以上です。それよりも低い経費で、1LKDのスイートに5泊泊まれるのです。オーナー様なのでリゾートフィーなどございません。ワイファイも無料、洗濯機乾燥機も無料です。

では、初期投資はいくらなのか!これが一番大切なところですね。これが10万円であれば払いますでしょうか?1000万円であれば契約しますでしょうか?私自身の考えの中ではいくらであっても構わないと思ってます。なぜならば、権利書が貰えるからです。会員権ではないからですね。

あくまでも参考まででございます。このサイトはヒルトンの営業サイトではなく私の個人のぼやきのサイトなので、絶対にこの条件で話が進むとは思わないでくださいね。約380万円前後(全く為替によりますが)というお金を権利書に預けていただけると、今話しました旅行が生涯楽しめます。

私は今あくまでもアベレージな旅行を推定して話しをしました。もっと旅行される方は最初から大きな区分所有権を持たれますし、もっと旅行をされない方は、もっとお安く所有権を持つことができるということです。

さぁて、ワイキキも花金を迎えております。週末のスティーブはファミリータイム。今日はこれくらいにしまして、次回は実際どのあたりで利用できるのかをご案内させてくださいませ。

ご質問その他ございましたら以下のメールにお気軽にどうぞぉ。

スティーブ宛て、、、 steve@ai-landhawaii.com

その他情報、、、  https://www.facebook.com/steve.uchida

ということで、またお互いに酔い週末を過ごしましょう!あふいほぉ〜!

旅行する分だけ所有できる別荘、、、って?


https://www.hori-uchi.com/2016/05/grand-islander-hgvc-2ldk/ (グランドアイランダーのモデルルームを紹介しております)

あろっは!一般的には、旅行といえばホテル費用を払うのが当たり前!と私も以前は思っておりました。
と同時に各地に別荘を持ちながら旅行を楽しんでいる方もいらっしゃいます。そのちょうど中間の旅行のスタイルがバケーションオーナーシップ(タイムシェアー)のバケーションです。

昔日本でも別荘ブームってありました。熱海に別荘!夢のような話でした、、、でも結局のところ、毎回活用している人は別として、一般的には数回利用して使う頻度が減ってしまう、徐々に傷んでいく、いない間の管理も大変、行っても掃除帰る時も掃除!私の人生なんなのよぉ〜!って奥様に怒られているケースも見受けられ。しかも所有しているそこしか使えない!

であれば、旅行する分だけ所有すれば酔いのではないでしょうか?

非常に合理的なバケーションプランです。土地の所有権を持ちながら、世界中のヒルトンまたはその関連施設をポイントの分だけ利用できる!そう、所有権をポイント化しております。ヒルトンってどこにありましたっけ?そうこの地球上に約4600件。どこにでもあります。

もっと分かり易く言いますとバケーションオーナーシップと言うのは土地付きの永代所有権です。そう、日本のマンションと同じです。土地と建物の区分所有権、区分所有割合何パーセントって日本の不動産契約書には記されております。ただ、ヒルトンの場合はその一部屋をさらに数人で割っている分区分所有割合が小さくなるだけで、しっかりとしたこのワイキキのオンザビーチ土地付きの資産となります。(とぉ〜っても小さいですけどね)

旅行をたくさんする方は大きな区分所有権。あんまりしない方は小さな区分所有権を持たれます。大きくお金を預けると大きなポイント、小さく預けると小さなポイントが毎年毎年、自分のオーナーの口座に付与されます。そのポイントを利用して、全地球上のヒルトン系、そして提携先の施設に予約をすることができるのです。

と言うことは一度所有されると生涯にわたりホテル費用を払わないで旅行を楽しむことができるわけですね。資産も持ちながら、、、。

ただ、未だに日本のリゾート会員権、ゴルフ会員権と同じようなもの、、、っと勘違いしている方がいらっしゃいますが、一言で大きな違いを申しますと。日本は遊びの法律がやはりまだ遅れていると思います。なので会員権を保護する法律がありませんので、もし万が一その管理会社、業者が倒産してしまうと紙切れになってしまっておりました。営業マンは誰でも営業できます。

アメリカはこれだけ法律に厳しい国です。タイムシェアー法が不動産法の中にしっかりとあります。ということはこれをご案内する営業担当者はアメリカ合衆国、ハワイ州の国家資格を所有していなければなりません。そう、日本でいう宅建ですね。宅地建物取引士、それのアメリカ版、ハワイ版を持っていなければバケーションオーナーシップの交渉をすれば違法となるわけです。それだけ安心出来る商品だということになりますね。

、、、それだけ法律に守られていなければ、この法律に厳しいアメリカで旅行の手段として40年以上も続くわけがございません。何かあったら訴えるぞ!、、、のアメリカの方々ですから。

さっ、ちょいと長くなってしまいましたが内容(所有権の価値)に関しましてはなんとなく理解をしてまいりました。では次回はポイントの価値、どれくらいお得なのか、をご案内したいと思います。

ワイキキも月曜日の朝を迎えました。早寝早起きは健康に酔い、、、ってか早く目が覚めすぎです。来年にはもう50歳だそうです。人生って短すぎる、だから余計に無駄なく一生懸命に楽しんだ方がいいのですねぇ。

今日も1日笑顔でエンジョイしましょうねぇ。あふいほぉ〜!


(注意!あくまでも私が活用しておりますバケーションプランを記させていただいている内容だとご理解下さいませぇ)

酔い汗かこうよ、、、。


あろっは!今日は珍しくオアフで過ごす土曜日です。

本当は久しぶりにラウンドしたかったのですが、そこまでの時間が取れず、、、(本当は友達が居なかったりして、涙)

畑仕事もしないので一汗かきにやってきました。リニューアル後初めてのアラワイ練習場。体を動かすのって気持ち酔いね!

場内はなんとなく綺麗になってますね。その分価格が上がってはおりますが、、、。詳細はスティーブのフェイスブックにアップしますねぇ。

https://www.facebook.com/steve.uchida
あふいほぉ〜!


IMG_4006

 

タイムシェアーでのバケーションって、得なの損なの?


あろっは!みなさんお変わりございませんでしょうか?

最近よくタイムシェアー(アメリカではバケーションオーナーシップと言われてます)という言葉を耳にする、けどなんなんだろう?という方はまだ多くいらっしゃると思います。実際得なの損なの?よくわからないので始めていない、という方もいらっしゃいます。

簡単に申し上げますと、アメリカでは40年以上続いている旅行の手段です。この法律とお金に厳しいアメリカでです。旅の種類は何種類かあるのですがそのうちの一つだと思ってください。

【 旅行する分だけ所有できる別荘! 】

では、何故これが今まで日本に入っていなかったのか?そう、日本人は一般的には休めない人種だったからですね。私も47年前銀座でサラリーマンしていた頃は休みなんて考えられませんでした。

でも最近では、残業は宜しくないと言うのが当たり前になってきており、結構以前よりは休めてきております。

そしてハワイはリピーター天国!リピーター程一回の旅費にお金を掛けないですぐにまた帰ってきたいと思ってます。あとはインターネットの時代というのもバケーションオーナーシップの躍進に貢献しているのですね。そう、マイルで旅行している方などは特に「部屋代をお得に、でもお部屋のグレードは下げたくない。滞在費も節約したいのでキッチン付きのお部屋でのんびりと過ごしたい。」
IMG_4002

ここ数回にわたり、旅の手段としての特徴を私の経験をもとにご案内していきたいと思います。

旅行の種類に関しましては、前回ご案内いたしました。

http://www.mo-hawaii.com/steve/3508.html
どの種類でも旅行はできます。どれをチョイスするかはもちろん本人次第ですよね。でも、リピーターさんほどなんと無く気がついてきております、、、「ホテルも以前と比べると取りにくくなってきている。そういえば、アウトリガーアイランダーが無くなった、ミラマーホテルも無くなった。では、高級ホテルは取りやすいのでは?いやいやハレクラニさんなんか逆に人気がありすぎて早めに予約を入れなければなりません、おっとその前に予算が、、、。」

IMG_4003

、、、費用対効果、コスパの面でも徐々にご案内をしてまいりますねぇ。

まぁ、どうのこうの言うよりも実際に活用している方の意見を聞くのが一番ですね。物が良くなければ実際にネットで公表することはありえませんよね。あとはご自身がどう活用するか?まだ活用しきれていない方、私で宜しければアドバイスをしてまいりますよぉ〜!一度の人生楽しんだもん勝ちです。

*出不精夫婦が暮らすように旅するブログ
https://www.hori-uchi.com/aboutblog/
*HGVC満喫生活
http://carpediemm.exblog.jp/
*タイムシェアーのある人生
http://yaplog.jp/oceanpaddler/
そう、私も個人的にオーナー様でございます。自分で活用していながら酔い!っと思うので旅行をされる方には自信を持ってご案内できます。

以下はご参考までに、、、。

*グラバケFB
https://www.facebook.com/hiltongvjp/
*実際のオーナー様のコメント
http://www.hgvc.co.jp/testimonials/
*ハワイのタイムシェアーは口コミがいろいろ
https://matome.naver.jp/odai/2147935126543711901
*タイムシェアーって?口コミは信用できる?
https://matome.naver.jp/odai/2147763954600168201
、、、では、また続きは次回に、、、あふいほぉ〜!