モーハワイ☆コム

カテゴリー:遊ぶトコ

Luau – Pradisecove2


Post-18前回の、
Luau – Pradisecove」の続きです



バスがハイウェイから降りると、コ・オリナリゾートが見え、
ParadiseCoveはそのすぐお隣でした。


バスの中で説明されたとおり、園内に入る前に記念写真と
ドリンクチケットをもらいますが、その際に証明書を出す必要があるのです。
つまり、U-21は「未成年者ですよ」というような腕輪をさせられます。

そして、私は30歳を過ぎているにもかかわらず、
パスポートを持参しなかったので
スタッフの人に
「うーん、あなたがOver21 y.o. だというのはわかる気もするけど
確証がないままに、放っておくことはできないわ。」
というわけで、飲めない人のワッカをはめられてしまったわけです、
・・・ガックシ


ま、それは良いとして。

園内に入ると、食事の前にいくつかアトラクションがあって
体験した見学できるのが楽しかったですねー。
私は、ボディペイントと花飾りを作りました。


ほかには、ボートを漕いだりできたみたいですね。

そんな体験をやっていると、途中で「ブオーーーッ」と貝の笛がなります。
戦が始まるわけではなく。(←当たり前)
ハワイに昔から伝わる漁のショーが始まります。


砂浜に座って、ゆっくりと陽が落ちてくるのを見ながらの、
なんともいえないTHE Hawaii的、雰囲気のあるショーです。





そして、まもなく陽が暮れる!というときに、
イムのセレモニーがはじまりました。


これまた、素敵な夕焼けを背景に、
素敵なハワイアンの歌声と演奏を聴きながら、
カルアピッグが土の中から掘り出されます。
あー、これ食べれるのかなー。と、ワクワク感がつのります。



イム・セレモニーが終わると、いよいよショーの始まりです。



バスごとに振り分けられた席に座って、バッフェが整うのを待ちます。
私達のバスはおじいちゃんおばあちゃんが多かったので、
アナウンスなんて聞きやしません。
1番のバスの人ー、取りに行ってください。と言っているのに、
さっさと食事を取りに向かってます。さすが、アメリカ人です。
いや、私も英語がわからないふりしてさっさいきましたけど(笑

お食事は、さっきのイムのショーで出来上がったと思われる
カルアピッグ、ロミロミサーモン、タロイモのペースト、
マヒマヒ、チキングリル、ポキ、ハウピアのゼリー。
味は。。。私がきちんと食べれたのは付け合せのパンと
カルアピッグだけでした。。。

ご飯の間は、ショーは歌がメインでしたが、
だんだんと暗くなるにつれ、舞台では
タヒチアンダンス→古典フラ→現代フラ
というような流れでダンスが披露されてきます。


すっかり陽が沈み、星空がとてもきれいでした。
司会の人が、
「コ・オリナのあたりは晴天率も高く
また、星がとてもきれいに見えますよ。」
と言っていたとおり、
少し涼しい風が吹き満天の星空の下で
現代風の英語のバラードでフラを踊ったりして、
ロマンチックな気分でいっぱいです。
いや、まわりはおじいちゃんとおばあちゃんだらけなんですけどね。。。



そして、最後に迫力のファイアーダンスがあって、
1時間ほどのショーが終了です。

帰りのバスからは、パールハーバーやホノルル空港の
きれいな夜景を見ながら、バスの中の興奮はさめやらず
アテンダントのお姉さんとワイワイとはしゃぎながら、
ワイキキに戻ってきたのは22時頃。

日本語をまったく話さない半日Luau体験でした。。


お気に入りの一枚、にこ母と。

Luau – Pradisecove


Post-16ハワイに一時期住んでいたお友達のお勧めで
LUAUを見に行きました。

Luau(ルアウ)は、ポリネシアンカルチャーセンターや
ロイヤルハワイアンでやっている夜のディナーショーです。

今回はParadisecove Luau について書いてみます。

申し込んだのは、現地のフリーペーパーにあった
一番安いオプショナルツアー会社に電話して、1人65$だったと思います。

滞在はコンドミニアムでしたので、お迎えは近場のホテルまで歩いて向かいました。
Paradise Cove Luauは、基本的に日本的サービスはなくて、
お迎えの人もEnglish ONLY 
だけど、ここはハワイ。 なんとか通じてしまうんですね。

ちなみに、英語がまーーーーったくわからない・読めない人は
さすがに参加するハードルは高いかもしれませんが
英語にそんなに恐怖心がなかったり、多少はわかるという人
なんとかノリでやってみる!という元気な人には、超おすすめです。

ちなみに、私、送迎付きで、ご飯付きのオプショナルツアーだし、
お金もほとんど必要ないと思っていたので
10ドルといざというときのクレジットカードと
カメラだけもってぶらぶら参加したんですね。これ、大失敗。

お迎えのバスは、もちろん時間通りに来ません(笑)
30分ほど遅れてやってきて、添乗員のお姉さんがBIGSMILEで
「ALOHA~~~!NICO? 」ですって。
あー、置いていかれたかと思ってドキドキしました。

私達は、英語がよくわからないので前の席に座りました。
そのほうが、ガイドの人の目が届くので、モタモタしてても
手助けしてくれるので、安心ですよ。


バスに乗り込んだら、添乗員のお姉さんが、何やら英語で
ぶわーーーーーっと話しはじめます。
よくわからないうちに、ゲームになったり、笑い話になったり
バスの中は大盛り上がりになります。
ここで一緒になったからには皆仲良くなりましょ!OHANAですよー!
ほかのバスもやってくるけれど、私達「2号車」は
ビューティー&セクシー2号車でほかを圧倒させちゃいましょ!!

こんな感じで、お姉さんが盛り上げます。車内は
YEAAHHHH!!!! と妙に和気藹々荷なってきます。
わからなくてもいいんです。でも楽しんじゃったほうが良いもんねー。

ちなみに、私達のバス、日本人3人を除くとみんな
アメリカの田舎からやってきた、おじいちゃんおばあちゃんでした。
なので、しゃべり方も超スロー。 なんとか楽しく会話をしながら、1時間。
バスがハイウェイをおります


次に続く・・・