モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年1月

HANALEI DOLPHIN【Hanalei, Kaua’i】


Post-14252010年09月22日(水)

ハナレイ・ドルフィン(HANALEI DOLPHIN)はカウアイ島ノースショアのハナレイにあるシーフード・レストランです。
ロコ(地元の人)にも人気のレストランで、その歴史は古く、この地で30年も営業しているそうです。
シーフードレストランの老舗ということになるわけですが、メニューはその日の水揚げで変わるといいます。
日本のようでもあります。(笑)

さて、いよいよ中に入りますが、この日はガーデンしか空いていないといいます。
少し雨が降っていましたが、まあ、ヨシとしました。



晴れていれば、とても良い席だと思います。(笑)

メニュー

友人から「魚が旨い」と紹介されていましたので、狙いはもちろんシーフードです。
アヒ(マグロ)のグリルやマヒマヒ(白身の魚・シイラ)が好みです。
店員がお任せ&お勧め料理を説明しています。
で、任せることにしました。(笑)

クラムチャウダー


HAWAI’I NUI BREWING SUNSET


マヒマヒの唐揚げ


アヒのグリル


どれもとても美味しかったです。
ただこのボリュームは、我が家には多すぎましたが。(笑)

また、店のすぐ横にはハナレイ川(Hanalei River)が流れています。

いろんな面で素晴らしい店です。
また是非寄りたいと思います。

ハナレイ・ドルフィンへ【天候は雨に】


Post-14242010年09月22日(水)

ハナレイに向かう途中、カウアイ島らしい天気なってきました。
雨です。
雲が広がってきたと思ったら、あっという間に雨が降ってきました。
田園風景もしっとりしています。

緑が多いわけです。

ハナレイ・ドルフィンに到着です。

明るくなってきましたが、雨は降ったり止んだりです。

それにしても駐車場がいっぱいです。
ハナレイのローカル達にも人気の店ということで、仕方のないところでしょうか。
友人のお薦めでもありますので、ここで昼食を摂ります。

カウアイ島のバリアフリー【スロープとレンタカー】


Post-14232010年09月22日(水)

ウェスティン・プリンスヴィルは敷地の特性上(崖っぷちで斜めの敷地)、坂があります。
腕の力がなく、手こぎの車椅子利用者にとって、坂はそれなりに辛い物です。
それでも「さすが」と思わせるのは、スロープの角度です。
取れる限り長いスロープになっていることで、傾斜が少なく造られています。

それでもスロープの下から見るのと、上から見るのとではちょっと違って見えますが。

ハワイでは下肢麻痺の方でも利用できる車をレンタルできます。
手だけで運転できるシステム(ハンド・コントロール)があります。
日本にももちろんあるのですが、ハンド・コントロール装着車のレンタカーは見たことがありません。もしかしたら存在するのかもしれませんが、その数はかなり少ないものだと思います。

ハンド・コントロール装着車

ハンドルに回転ノブ、ハンドルの左下にアクセル&ブレーキレバーが付いています。
このような車は手だけで運転できますが、通常の運転もできます。

このような装置の付いたレンタカーがあることで、下肢麻痺の方でもハワイをドライヴできます。本当に嬉しいことです。

ウェスティン・プリンスヴィルのシャトル・バス


Post-14222011年09月22日(水)

WESTIN PRINCEVILLE OCEAN RESORT VILLAS(ウェスティン・プリンスヴィル)にはシャトルバスが用意されています。
往き先はショッピングセンターや崖下のビーチです。
「乗ってみるかい?」と声を掛けられましたが、今回は利用しませんでした。
ただ、声を掛けて下さったように、車椅子利用者でも利用できます。
このシャトルバスはリフト付きで、車椅子利用者にも対応しています。

もっとゆっくり来れたら、崖下のビーチに行くのに利用したいと思います。

WESTIN PRINCEVILLE OCEAN RESORT VILLAS【プールサイド】


Post-14212010年09月22日(水)

ウェスティン・プリンスヴィルには背の高い建物がありません。
こういった環境だと、不思議な安心感と空の高さを感じます。

朝のプールサイドはまだまだ静かです。
場所取りの忙しさもありません。





建物はいくつかに分かれています。
ここを抜けて、1段上に上がるとロビーです。
崖っぷち?に建つここウェスティン・プリンスヴィルはやや斜めの敷地になっています。

LANAIで朝食【この日の予定を考える】


Post-14202010年09月22日(水)

我が家のハワイ旅行はいつも予定がありません。
早くても前日の夜、翌朝、下手をすると何も決まらないこともあります。
今回は前日に決まらず、朝になって決まりました。(笑)

ハナレイ湾(Hanalei Bay)、ケエ・ビーチ(Kee Beach)を目指します。

WESTIN PRINCEVILLE OCEAN RESORT VILLAS【夜の散策】


Post-14192010年09月21日(火)

ウェスティン・プリンスヴィルの敷地内を散策します。
オアフ島と違って、光は少なく、とても静かです。
プールサイドも昼とは違う顔を見せています。




見上げれば、この日は月の姿が。



見事なMAHINA(ハワイ語で月)です。

Hanalei National Wildlife Refuge【ハナレイ渓谷展望台】


Post-14182010年09月21日(火)

カウアイ島ノースショアのクヒオ・ハイウェイ。
プリンスヴィルとハナレイ中心地の間にハナレイ渓谷の展望台があります。
この日は雲に覆われていて見にくいですが、正面にはワイアレアレ山というカウアイ島の最高峰が聳えます。高さは5148フィート(1569m)です。



ハワイ島のマウナケアやマウナロア、マウイ島のハレアカラには及びませんが、立派な山です。

そして眼下に広がる田園風景はタロイモの水田です。





これは絶景です。
何だかタイムスリップしたかのようです。
見渡す限りの絶景は言葉になりません。
この景色を見るだけでも、ハナレイに来てよかったと感じました。最高です。

ただここはガイドブックによると保護を目的としているため、立ち入りはできません。
野鳥を見ることはできませんでしたが、どこかにいそうな気はしました。(笑)

Java Kai【HANALEI CENTER】


Post-14172010年09月21日(火)

ハナレイ・センター(HANALEI CENTER)に友人に勧められたレストランがあります。
ジャバ・カイ(Java Kai)がそのひとつです。
朝食が特にお勧めと言われていました。
ワッフルが美味しいみたいです。
でもこの時はピザを食べたばかりで、しかも昼だったのでワッフルは次回に。
スムージーと店員に勧められたスコーンだけにしました。

これが意外と美味しく、次回のワッフルに期待が広がります。
生クリームたっぷりのワッフル、頂きたいです(笑)


オープンで、とても良い感じです。

道路の向こうに見えているのは”CHING YOUNG VILLAGE”です。

SHAVE ICE PARADISEの隣にある”Java Kai”は道路から見ると目立ちません。
でもとっても人気のある店です。
今度はワッフルを頂きます!(笑)

HANALEI CENTER


Post-14162010年09月21日(火)

カウアイ島ノースショア、ハナレイ(HANALEI)の中心地に来ています。
最初に寄ったチン・ヤン・ビレッジ(CHING YOUNG VILLAGE)の道路を挟んで反対側にハナレイ・センター(HANALEI CENTER)があります。

ハナレイは1834年に宣教師がこの地にやってきてから、ほとんどその姿を変えていないといいます。昔ながらのハワイの姿が残っているというわけです。
ここはハナレイの街をHOLOHOLO(散策)したあと、ちょっとした休憩所になっています。
ノンビリとした雰囲気の中、マーケットや食事処があります。

Bubba Burgers ・ SHAVE ICE PARADISE ・ Java Kai


HARVEST MARKET

オーガニック・スーパーマーケットのようです。

HANALEI CENTERの案内板

それほど広いということもなく、ちょうどよい大きさのように感じました。
そして何といってもその雰囲気が気に入りました。

まさにレイドバック(laid-back)を感じます。

ここは何度訪れても飽きないと思います。