モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年8月

Island Airでマウイ島KAPALUAへ~上空~


Post-502006年08月12日(土)

8月12日の日付変更線を越え、2回目の8月12日です。

アイランド・エアーとアロハ・エアはマークが似ているので同じ会社かと思っていました。
小型のプロペラがアイランド・エアーかと。。。
でも子会社ですが、違う会社なんです。チケットはアロハ航空経由でしたが。

アイランド・エアーの搭乗口は遠いです。一番遠い。。。(笑)
このせいもあって、まったく別物に感じます。

この風景みたことあるのでは?高速に近いです。


さて、このプロペラ機に乗り込むわけですが、あまりに小さいので、車椅子は大丈夫なのか心配でした。しかし、当然のごとく問題ありませんでした。
スロープを横付けです。

何でもあるものですね。

プロペラ機のコックピットです。

小さい飛行機なので、とても近くに感じます。

いよいよ離陸に向けて動き始めます。
アロハ航空の姿が確認できました。

アイランド・エアの親会社です。


さて、いよいよ離陸です。

上空からの画像です。上空から見ると一味違ったオアフが見えますね。
①アロハタワー


②イリカイのヨット・ハーバー


③ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ


④ハレクラニ・シェラトンワイキキ・ロイヤルハワイアン・モアナサーフライダー


⑤アラワイ運河


⑥ココヘッド


⑦ハナウマ湾


⑧モロカイ島


⑨マウイ島


⑩マウイ島上空(カアナパリ)


もうすぐカパルア空港です。

プロペラ機の音が心地いいです。
ホノルルから約30分のフライトですが、飲み物のサービスもあります。



マウイに出発!


Post-492006年08月12日(土)

いよいよマウイに向けて出発です。
この日の成田空港は雷雨。車から出るのに40分もかかってしまいました。
それでもNWAがビジネスクラスを用意してくれたので何のその。(笑)

今回はチェックインが大変でした。
イギリスでアメリカに向かう飛行機でのテロ未遂が発覚した後だからです。
水溶性の爆弾テロということで、水分という水分は機内に持ち込めなくなりました。
コンタクトレンズの利用者は保存液の持込ができずに大変でした。
ボールペンですら持ち込み禁止です。


さて、ビジネスクラスです。
実は何度か無料でのグレード・アップをしてもらったことがあります。
フラット・シートは快適です!

そして何と、席に着くと同時に飲み物が運ばれてきます。
とりあえず、シャンパンを頂きました。(笑)

離陸後、安定飛行に入ると食事の時間になりますが、料理もグッドです!
アメリカらしく、料理も明らかに差があります。

洋食にしても和食にしてもどちらも美味しかったです。(とはいってもほとんど食べませんでしたが)
予定外のビジネスでしたので、食事は済ませていたんです。。。(笑)



2006年夏休みはマウイ島!


Post-482006年08月11日(金)

いよいよ明日からマウイ島に行ってきます。
8月12日に出発して8月27日に帰ってきます。
場所はマウイ島はカアナパリ、ラハイナの近くです。
ラハイナはハワイ語で「 :emojisun: 灼熱の太陽 :emojisun: 」という意味。
ハワイ語で、LAは太陽、HAINAは灼熱のという意味です。

LAHAINAはハワイ州の首都であったことでも有名ですが、もっとおもしろいこともあります。
「ラハイナ・ヌーン」と呼ばれる「回帰線と赤道の間に位置する地で太陽が天頂部を通過する時に影がなくなる熱帯特有の自然現象」が起こるのです。
他の島でも見られるそうですが、ラハイナが有名です。

また8月12日、13日にピークを迎える「ペルセウス座流星群」も楽しみです。
北東の空、カシオペア座のそばに、1時間に100個近くの流星群 :emojinight: が見えるかもしれません。
日本でも見えますが、マウイで見れたら最高です。

宿泊先は「THE WESTIN KA’ANAPALI OCEAN RESORT VILLAS」です。
2月なら鯨も見れる絶好のロケーションです。

では行ってきます!戻ったらまた遊んでくださいね!



初のマウイ旅行~レンタカー~


Post-472006年08月09日(水)

初めてマウイ島に行くわけですが、どうしても車を運転したかったのです。
実は私、ハワイで運転したことがありません。
いつも誰かに乗せてもらっていました。

何年か前に車椅子利用者でも運転できる車をレンタカーできるという話を聞きましたが、それでも誰かに乗せてもらっていました。

私は車が大好きで、本当は助手席よりも運転席のほうが好きなんです。(笑)
なのにハワイでは妻が運転しています。
それで今回は何としても自分で運転したいと思ったのです。

普段は「ハーツ」を利用していましたが、今回は「ダラー」にしました。
モーモートラベルの岡田さんにお世話になりました。
実は足の不自由な人が運転するには、アクセル・ブレーキを手で操作できる装置を取り付けなければならないのですが、私の知る限り、日本では対応してくれません。
それがアメリカでは可能なのです。
それらの手配のすべてを岡田さんがやってくれました。

岡田さんの対応の速さと親切な対応に感謝です。



初のマウイ旅行~航空券~


Post-462006年01月

2006年の夏休みはマウイ島に往くことに決めました。
実は8月12日の土曜日から2週間の予定です。

:emojiairplane: 成田→ホノルル(NWA)→カパルア(ISLAND AIR)
航空券は1月にとりました。

初めてのマウイ、とても楽しみです。
期待が大きいです。



Hawaiian Music :emojimelody: 【E ALA E~天国から雷~/ISRAEL KAMAKAWIWO’OLE】IZ


Post-45ISRAEL KAMAKAWIWO’OLE(イズラエル・カマカヴィヴォオレ)
彼は1997年38歳という若さで世を去りました。
彼の歌声とウクレレは神のようです。
ジェイクとは違った優しいウクレレ。亡くなったことを思うと涙が出そうになります。

そんな中でも大好きな1枚を紹介します。
『E ALA E』邦題は『天国から雷』です。

そしてこのアルバムの中に珍しい曲があります。
日本語のタイトルが付いた曲があるのです。
Tengoku Kara Kaminari(Thunder from Heaven)という曲です。
この曲はハワイ出身の相撲取りである「曙」「武蔵丸」「小錦」を称えた内容になっています。
They are champions.
They are Hawai’i Sumoutori.
Akebono,Musashimaru,and Konishiki

機会があったら聴いてみてください。

HAWAII MARITIME CENTER


Post-442006年05月03日(水)

ハワイ・マリタイム・センターは、ハワイの海の歴史館です。
アロハタワーの隣、ホノルル港第七埠頭に1988年にオープンしました。
ポリネシア人がカヌーでやってきてから現在に至るまでのハワイの航海の歴史を語る貴重な資料が数多く展示されています。

その建物は、第七埠頭近くにあったハワイ7代目カラカウア王のボートハウスを復元して建てられたので、開館当時は「カラカウア王のボートハウス・ミュージアム」と名づけられていました。

4本マストの帆船オイルタンカー(現存世界最古)やザトウ鯨の骨(159個の骨が弧を描いて連なり、体長 13.5メートル)、マトソン海運、キャプテン・クック、そしてホクレア号についての展示もされています。

ハワイの海の歴史を学ぶことができます。
ビショップ・ミュージアムとは一味違う、海の博物館です。



DELL PC買いました。これで復活です!


Post-432006年08月03日

PCが壊れてブログから離れていましたが、ようやく復活です。
その間、訪問頂いた方々には本当に感謝です。
ちょっと忙しいので、更新、訪問は遅れると思いますが。。。
また遊んでやってください。