モーハワイ☆コム

カテゴリー:バリアフリー

バリアフリーのハイヤーサービス【ホノルル空港】


Post-15222011年05月01日(日)

ハワイ島からオアフ島に到着しました。
ホノルル空港はコナ空港とは違い、人があふれています。
さすが、ハワイの玄関です。

ホノルル空港からはワイキキ・シャトルを利用しようと思っていましたが、時間が合わず、うまく利用できなかったので、タクシーを利用することにしました。
運良く現れたのが”Hired Barrier-Free Car Service”に似た個人タクシーです。
運転手はかなりお年を召しているようでしたが、とても親切にして下さいました。

後ろから車椅子のまま乗り込めるので楽でした。

乗車スタイル

バンタイプの車なので、あと数人は乗れますが、車椅子は1台しか乗れないようでした。

ハワイではこのようなリフト付きのバンやバスなどがあり、バリアフリーがとても進んでいます。



Herz Rent A Car KONAの障害者送迎【コナ国際空港内】


Post-15202011年05月01日(日)

コナ国際空港内のレンタカーは何度か利用しています。
今回のハーツ、そしてダラーを利用したことがあります。
写真は車椅子利用者を送迎できるシャトルですが、以前はありませんでした。

シャトルがないときはどうしていたかというと、空港渡しです。
乗り口、降り口に車を持ってきてもらいます。
空港渡しだと、車の乗り降りがない分楽なのですが、原則はシャトルなので仕方ありません。

どちらにしろ、ハワイのバリアフリーは本当によくできています。



カウアイ島のバリアフリー【スロープとレンタカー】


Post-14232010年09月22日(水)

ウェスティン・プリンスヴィルは敷地の特性上(崖っぷちで斜めの敷地)、坂があります。
腕の力がなく、手こぎの車椅子利用者にとって、坂はそれなりに辛い物です。
それでも「さすが」と思わせるのは、スロープの角度です。
取れる限り長いスロープになっていることで、傾斜が少なく造られています。

それでもスロープの下から見るのと、上から見るのとではちょっと違って見えますが。

ハワイでは下肢麻痺の方でも利用できる車をレンタルできます。
手だけで運転できるシステム(ハンド・コントロール)があります。
日本にももちろんあるのですが、ハンド・コントロール装着車のレンタカーは見たことがありません。もしかしたら存在するのかもしれませんが、その数はかなり少ないものだと思います。

ハンド・コントロール装着車

ハンドルに回転ノブ、ハンドルの左下にアクセル&ブレーキレバーが付いています。
このような車は手だけで運転できますが、通常の運転もできます。

このような装置の付いたレンタカーがあることで、下肢麻痺の方でもハワイをドライヴできます。本当に嬉しいことです。

SHUTTLE【HONOLULU INTERNATIONAL AIRPORT】


Post-9392008年04月26日(土)

:emojiwheelchair: 専用のシャトルです。
ホノルル国際空港のシャトルですが、ずいぶんと綺麗になりました。
一般客とは別のルートを行きます。

それにしても乗り心地も良くなって、ありがたいかぎりです。

Hilton Hawaiian Village Kalia Towerの :emojiwheelchair: シャワー・ルームとトイレ :emojiwheelchair:


Post-3602006年04月29日

カリア・タワーの水周りです。
:emojiwheelchair: 車椅子利用者にとっては大事な要素です。

最初にシャワー・ルームです。
この部屋は :emojiwheelchair: ハンディキャップ・ルームですが、バスタブのないタイプでした。
折りたたみのイスが壁についていて、そこに座ってシャワーを浴びるタイプです。
意外と使いやすかったです。

そしてトイレです。
このトイレは、部屋としてはシャワールームと同じですが、とにかく広いです。
洗面台も脚が抜けているタイプで、鏡も低いところから写るので、車椅子でも問題ないと思います。

:emojistar2:
部屋全体の評価は、床のフローリングと合わせて、とても使いやすいと思います。
:emojiwheelchair: 車椅子での利用も問題ないです。



Sheraton Moana Surfriderの水回り~車椅子 :emojiwheelchair: 目線~【Waikiki, O’ahu】


Post-2492004年10月28日

まずは、バリアフリーです。
サーフライダーの水回りからチェックします。
障害者専用の部屋ではありませんでしたが、使いやすいものでした。
トイレもバスタブも :emojiwheelchair: 車椅子で近づけます。
これなら、ある程度のサポートで利用できると思います。

スターウッド系のホテル :emojihotel: では、水回りの状況はこんな感じが多いようです。

障害者用の部屋がなくても、この感じであれば、そこそこ使えると思います。



サンセット・クルージングへ向かうバスの乗降用リフト【オアフ島】


Post-2041997年11月01日

今日のメインはサンセット・クルージング、大型のバスが送迎してくれます。
バスのサイドにリフトが付いていて、そこから乗車します。
車椅子 :emojiwheelchair: にはありがたい設備です。

ハワイではこういったバスが多くあります。
担いでもらって乗車するより、楽ですし、迷惑をかけなくて済む点がいいです。

途中

陽気なおじさんでした。(笑)



車椅子 :emojiwheelchair: でも乗れる専用のシャトル【オアフ島】


Post-1921996年10月31日

会社の慰安旅行で3年連続のハワイ旅行です。
この年は会社やツアコンも私の扱いに慣れてきたのか、すべてがスムーズです。
空港には専用のシャトルが着けていました。
この写真はそのシャトルの内部です。
写っているようなベルトで、 :emojiwheelchair: 車椅子を固定します。

次はシャトルから降りるところです。

こんなリフトは当たり前なんですね。

そして最も驚いたのは、私一人のためにこんな車が用意されたことです。
ありがたいことです。



ハナウマ・ビーチの :emojiwheelchair: シャトル?


Post-1751994年10月31日

写真の日付が日本時間のままだったり、現地時間に合わせてあったり。。。
ばらばらですね。(笑)

まあそれはともかく。。。

これはハナウマ・ビーチにあるシャトル?です。

実はビーチまで行くには急な坂を下っていくのですが、自力で行きました。
でも帰りはどうしよう???というくらい急です。
そしたらちゃんとありました。
シャトルです。(現地の人がそう呼んでいたと思います)

これもバリアフリーですね。
さすがハワイです。



ラハイナで見つけた簡易の :emojiwheelchair: 障害者用トイレ


Post-1632006年08月24日(木)

バニアンツリーのある公園で簡易の障害者用トイレを見つけました。
一番左がそうです。
どうして今まで気づかなかったのか。。。

しっかりできています。
段差も少なく、広い。

日本では見たことがありません。
お祭りなんかがあるときに、これがあると助かります。
苦手ですが。