Post-11882008年08月19日(火)

ハレアカラ国立公園のゲートにやってきた。
快晴のハレアカラ、どんな景色が見れるのかとても楽しみ。



このゲートから1マイルのところに公園管理事務所がある。


もしかしたら、ネネを見つけることができるかもしれない。


標高は7000フィート。


旗を右に入れば事務所だ。

それにしても風が強い。

事務所の前には銀剣草(Silversword)


残念だが枯れているものもある・・・。もう花を咲かせたのかもしれない・・・。



実はこの銀剣草は絶滅することが決まっているらしい。
この銀剣草は、数十年と言われている生涯で1度だけ花を咲かせるといわれる。

そして、花が咲くとあとは枯れるのみ・・・。

何だか儚い・・・。

受粉を助けているのは蜂だが、その重要な蜂がすでに絶滅してしまったとのこと。
私たちは何もできずに、ただただその生を終えていくだけの銀剣草を見守るしかない。
本当に切ない。
固有のものが姿を消していくのは気分の良いものではない。

遥か彼方を見る。

何だか寂しい。

事務所内にある案内板。





ハレアカラの天気などの情報を得て、いよいよ山頂を目指す。


ここでもらったスタンプ。

ハワイのこういった施設は意外と記念スタンプが多い気がする。