アーカイブ: 2008年11月

感動した話



ハワイ上陸当時のこと。ウエディング会社へ行くと、某大手企業への批判を聞かされることがよくありました。流れ作業だ、とか、心がこもってない、とか。数年後、モーハワイで記事コウコクがスタートしました。取材させていただく度に驚きました。みなさん明るいし、何より「仕事を楽しんで」いらっしゃいます。

わたくし、以前、採用のお手伝いをする仕事をしておりました。いろんな会社の社長に取材させていただくことがよくありました。大企業でも中小企業でも、業界のトップクラスを走り続けている会社の社長さんはやっぱり違ってました。何ごとも実力がなければトップを走り続けることはできません。走り続けるためには、やっぱり走ることが好きでなくちゃいけません。すんごい社長さんは、走り続けることが大好きだし、社員を走り続けさせるための気遣いを忘れていません。そして社員は楽しく走り続けます。のせられてるんじゃなくて、本当に楽しく仕事してるのです。

あれ、何を書きたくて書き始めたんやったかな。

脱線しちゃったので戻します。本日、まきの茶屋の社長に呼び出されてお話をお伺いしてきました。まきの茶屋で出してる和牛は本物かどうか、ということについてです。社長は鼻息を荒くしながら、冷蔵庫まで行って、和牛だってことを見せてくださいました。
まきの茶屋のページへ▼

まきの茶屋は成功している会社です。毎日たくさんのお客さんで賑わってるし、ショッピングセンターからも引っ張りだこだし。正直言って、アメリカの農務省から調査を受けてまで、和牛を仕入れなくていいのです。でも、この社長は走り続けています。

たくさんのお客さまが来てくださるようになったから、それでできることをしなくては。
日本のおいしい和牛を世界舞台に引っ張り上げたいんだ。

お話をお伺いしてるだけで、アドレナリンが出てきて、わたくしまで鼻息が荒くなってしまいました。で、興奮したまま書いちゃいました。ちゃんと書けてるかなあ。まあええか。アップしちゃおう。

シーズン到来ですか!



どうもどうも、夜景大好きなアホおっさんです。昨夜、へなちょこカーを走らせておりますと、輝く家を発見いたしました。あわてて引き返します(わざわざ引き返すなっちゅうねん) そのオウチは、クリスマスイルミネーションな格好に着替えておられました。早っ。

ホノルルでは、12月にはいってすぐ、クリスマスイルミネーションの点灯式が行なわれます。
ホノルルシティライツ』です。
で、それが終わると、あっちこっちのオウチが、家ごとイルミネーションを始めます。点灯式にあわせて、イルミネーションを点灯するオウチが多いと、勝手に思いこんでましたが、まだ11月やっちゅうのに、突っ走っちゃってるオウチもあるんすね。イルミネーション好きの田舎モノとしてはかなり嬉しかったりするのであります。12月にハワイ入りされるみなさま、これからしばらく、夜のドライブが楽しいですぜ。

さる去る



前回、上海でシステムバリバリ全開だぜと紹介させていただいた『さる』さんです。わたくし、この方の名前は覚えてました。いや、名前というか呼び名ですけど。で、前回の記事にリンクをはろうと『サル』で検索してもでてきません。あれ?漢字やったっけ?と『猿』で検索したら、淡路島の本物の猿が登場しました。ぐえっ、サルって名前じゃなかったっけ? と、ずーっと遡って探したら、ひらがなで『さる』でした。人騒がせな!(自分が間違えただけやし)

右は、たまたまそこにいた紅コーイチです。まきの茶屋のまきの社長から女性は50%オフのクーポン企画をゲットして、超嬉しそうやったので、一緒にぱちり。いやしかし、二人とも、けっこう顔濃いかも。

駄洒落博士復活か?



前回、青い顔をして登場された駄洒落博士が、元気になって現れました。衣類の色も軽快な感じで、完全復活でしょうか。ホノルルマラソンに参加するみなさんで集まって宴会をやられるとかで、「編集長も顔出しなさい!」と命令されに来られたようです。いや、わたくし、そういう酒の席が苦手でして…..が、顔を出すことになってしまいました。ほんまにこの人、仕切り屋みたいですね。

熱い男!まきの社長



さきほどまで、アロハタワーに行っておりました。まきの茶屋の社長のところへお邪魔しておりました。紅コーイチがコウコクを受注してからちょうど1ヶ月。結果を報告するためでした。ページビューの推移と、あと、グルメ掲示板で話題になっていたことと。

グルメ掲示板で、「まきの茶屋の肉は本当に和牛なのかどうか」という話が議論にまで発展してしまったことをご説明させていただいてる時でした。

「要は、この値段でこれだけ食えて、それで満足していただけるかどうかってことだからね。まずは食ってみて、どうなのか、ってことだからね。食べてほしいね。実際に食って判断してほしいです。どうせなら、いい食材がそろってるディナーに来てほしい。でも、ディナーはちょっと冒険だっていうなら、よし、わかった。女性は50%オフだ。まずは食べていただこう。どうだ!」

というわけで、50%オフクーポンを作っていただいちゃいました。これ、モーハワイだけです。まきの社長、めっちゃ熱いです。っていうか、まきの社長をそこまで言わせちゃった紅コーイチも熱いです。みなさん、どうぞプリントアウトしてお使いください。

焼きイモ 〜 懐かしい味(号泣)



今日はサンクスギビングでハワイ中お休みですが、わたくしには無関係です(強調せんでええっちゅうねん)
モーハワイ動画の新作を、じりじりとアップロードしながら、うーん、お腹空いたぞ。ふと見ると、茨城からお越しの高岡一家が、お土産にもってきてくださった『焼いも』の文字が目に飛び込んできました。おお、これ、まだいただいてなかったなあ。と、箱を開けると、もう2本しか残っていません。みんなに食われる前に食わなくては。っていうか、どういう焼きイモなんやろう?

包装の裏に書いてあるとおり、袋に切れ目をいれて、電子レンジに入れました。ドキドキします。わたくし、かつて電子レンジから煙を出させたことがあります。また、セキュリティのおじさんを呼んでしまうことになったらどうしよう。

ドキドキしながらスイッチオン!

この前は見ていなくて煙が出たので、今回はじーっと眺めます。
1分経過。どわーっと膨らむのが見えます。
2分経過。ぶわーっといい香りが広がります。
3分経過。チーン!

果たして!包装の中から出てきたのは、昔懐かしい焼きイモでした。どういう仕組みになっているのか分かりませんが、そんなことはどうでもいいのです。おっちゃんが軽トラで売りにくるあの焼きイモが、我が手の中にあるのです。感動です。高岡一家さま、本当にありがとうございました。美味かったっす。身も心も温まりました。よし、帰り道、思いっきりガスを噴出すべし!

すなぎもまゆさん、ココパフ持ってご登場



今日はサンクスギビングです。はい、わたくしは無関係です。オアフ島を一周してきました。いやあ、ノースの海は素晴らしかった(見ただけですけど)

で、オフィスに戻ってきたら、朝、高橋果実店で出合ったモーハブロガーまゆさん(すなぎものきもち)から伝言が残っていました。
『戻ってこられたら顔出します』
連絡入れたら、なんとココパフを持って登場されました。ココパフとは、リリハベーカリーで売ってる、ココクリームが乗っかったシュークリームみたいなおやつ?です。うひゃー、ありがとうございます。というわけで、一緒にココパフをいただきました。そうそう、高橋果実店のサンドイッチ、気に入っていただけたみたいです。もう、他で買う気しない、とおっしゃってました。

高橋果実店、サンクスギビングも営業中



今日は、サンクスギビングデーです。アメリカは国中お休みです。たとえば、ハワイなら、ワイキキから一歩外へ出たら、街が『もぬけのから』のようになっています。みなさん、オウチで、ギビングに感謝してるんですね。わたくしは日本人なので関係ありません。今日もオフィスへ向かいます(涙)

いやしかし、腹減った。どこもやってないかな? ダメでもともとで高橋果実店の前を通ってみたら、開いてました。うーん、さすが日系人! でもって、中に見覚えのある顔が! おお、まゆさんですやん。初めてこられたそうな。そうですか。というわけで、一枚。パチリ。

さてさて、せかっくなので、サンクスギビングについて、昔書いた文章をはっつけておきます。参考になれば。
——————————————-
★インディアンがくれたターキー
——————————————-
メイフラワー号はアメリカを発見します。これはヨーロッパから見た歴史で、アメリカにはネイティブなアメリカンが住んでいらっしゃいました。
コロンブスが、インドと間違えて見つけた島々を「西インド諸島」なんて名づけたばっかりに、ネイティブアメリカンはインディアン「インド人」と呼ばれるようになってしまいます。なんでやねん、ってつっこみ入れたくなりますよね。
さてさて、メイフラワー号でアメリカに上陸した清教徒です。慣れない土地でさっそく農業を始めますがうまくいきません。で、初年度の冬は半数近くが亡くなってしまったそうです。
それを見かねて食べ物をくれたのが先のインド人さんたちです。ネイティブアメリカンたちですね。食べ物をくれただけでなく、生活の仕方や食べられる植物を教えてくれたりしたのだそうで。
一説には、そのネイティブアメリカンさんたちは、以前にヨーロッパに奴隷として連れていかれた人たちだったそうです。アメリカに戻されてほっとしてるところに清教徒さんがばばばーんと上陸してきはったのですね。
アメリカで、サンクスギビングを説明してある文章を探すと、必ずネイティブアメリカンに助けられた話が書いてあります。だからみんな知ってることなんですよね。でも「助けてくださった神さまに感謝する日」と締めくくられてたりするんですけど。ネイティブアメリカンに感謝する日では?
その後、清教徒たちはフロンティア精神とかいって、アメリカ大陸を侵略していきます。これもみんな知ってることなんですよね。恩を仇で返してないか?
いやしかし。

茨城からお越しの高岡一家



茨城県からお越しの高岡一家です。茨城といえば、なんだっぺ?です。編集長の父親は、栃木県でももっとも茨城よりのエリアで生まれ育っております。小さいころ、おばあちゃんの家へ遊びに行く度に『なんだっぺ』を聞いておりました。

「今はそんなに訛ってないんですよ」
お母さんのセツ子さんはそうおっしゃるのですが、イントネーションは立派に北関東です。さて、いつものように、お父さんにご職業をお伺いして興味津々になってしまいました。お父さん、浩平さんは、もう引退されてますけど、陸上自衛隊に勤務されてたそうです。

うにゃー。いろいろお話聞きたい!

やってるはやってるにご出演予定なので、いろいろお伺いしちゃおうっと。わくわく。

※お母さんと娘さんの久美子さんは、美容師をやってはるそうです。

ハワイの旅本プレゼント当選者登場



モーハワイのハワイの旅本というMOOKが出た時のこと。視聴者プレゼントがありました。特等はハワイ旅行が当たるというものでした。ここでも、告知させていただいたことがあります。
これです▼

その当選者のお二人です。え? どこかでお見かけしたことがあるような….なんと!
2007年3月にいらっしゃったことのある二人でした。当時は、二人の関係について、二人とも、もごもごしてはりました。ちょっとは進展はあったんでしょうか?

これまたなんと! 入籍されてました。おめでとうございます!ちょうど結婚一周年にあたる11月に、ハワイへ来ることができたそうで。本当におめでとうございます。そうかそうか。