アーカイブ: 2007年7月

浴衣



今日は、すがっちドットコムのオフィスへ行ってきました。大阪から阪急に乗って、京都は終点の四条河原町駅で降ります。外へ出たら熱気に包まれました。盆地京都の夏はめちゃくちゃ暑いです。今日も暑かったです。ふう。四条河原町からすがっちドットコムのオフィスがある三条河原町まで歩きます。いやあ、ほんまに暑い。汗が出てきます。と、途中、あちこちで浴衣姿の女の子を見かけました。今日は何かの日なんですかね。この暑い中、涼しげな浴衣はすんごく輝いて見えました。ええですなあ、浴衣姿の女性って。

ただいま帰りました。



へなちょこ・しゅん、日本時間7月30日に帰国いたしました。いやあ、今回は遅かった。ノースウエストの15便で帰ってきたんですけど、出発が夕方の4時30分でした。でもって、関西空港についたのが夜8時30分でした。で、現在10時30分です。眠いです。あ、でも、これだと時差ぼけしなくていいかもなあ。さてさて、今回の帰国目的ですが休暇ではありませぬ。現場復帰してから1カ月、今までで一番仕事したんちゃうかっていうくらい働きました。4月に命がけの手術をしたのがウソのようです。そしてそこに、新しい仕事が山ほどふってきました。そうか、これらをやるために「生かされた」のね。明日は京都ですがっちドットコムと打ち合わせです。で、そのあと東京へ向います。

すんごいサーファーか?



手術してから、まだ海には入っておりません。入りたいけど我慢してます。怖いとかじゃなくて、会社のみんなにまたまた迷惑をかけてしまうようなことがあってはいけないから。で、マジックアイランドまで行って、ぼーっと海を眺めておりました。と、すんごいサーファーを発見してしまいました。まず、ヒルトンの沖にサーフポイントがあります。そこへ行くサーファーたちは、ヒルトンの海側にある「アラワイヨットハーバー」のさらにさきっちょにある駐車場にクルマを停めて、そこから出撃します。が、この写真に写ってるサーファーは、アラモアナビーチパークの一番内陸側にクルマを停め、でもって、アラワイ・ヨットハーバーの一番奥から海に入り、そこからパドリングを始めたのです。なんで、そんな遠くからわざわざ! 最初は何もしらないよそ者&素人か?と思いました。だって、そんなところからパドルアウトするサーファーなんかいません。ヨットがサーファーの真横を何艘も追い越していきます。危なくないんか? が、そのパドリングは決して素人のものではありませんでした。わざと長距離をパドルアウトしてるってこと? 修業か?

自民大敗



いやあ、すさまじい結果が出ましたですね。国民が出した答えがこれなわけです。野党圧勝なんて言ってますけど、要は民主党が突出したわけです。これから先、衆議院でどんな法案を決めたとしても参議院で、はじかれちゃうってことです。そして、その絶対数を握ったのが民主党です。野党なんて言ってますけど、民主党の他野党への依存度は思いっきり低くなるんでしょうね。逆に自民党の公明党への依存度は、これでまた少し高くなるんでしょうかね。安倍さんがやろうとしてたことは何ひとつできないまま終わってしまうんでしょうかね。二大政党時代がやってくるんでしょうかね。日本は結局何も変わらないままなんでしょうかね。あ、いや、ある意味変わるのか。

リリハスパゲティ



竜馬と一緒にリリハベーカリーへ行ってきました。リリハベーカリーはここでも何度か紹介させていただいてます。お気に入りのお店です。アホなので、お気に入りのお店とかいいながら、全てのメニューを味わったことがあるわけではありません。リリハベーカリーの場合、「ハンバーグステーキ」か「カントリースタイル・オムレツ」しか食べたことがなかったりします。なぜか今日は、新しいメニューに挑戦したくなりました。で、ミートソーススパゲティなるものをオーダーしてみました。で、でてきたのがこれです。アルデンテとはほど遠い感じのパスタ。
が、しかーし!
なんとこれが美味かったのであります。アルデンテとはほど遠いパスタだからこその食感といいましょうか! ポルチュギーズソーセージがちりばめられてるミートソースは、独特の風味でへなちょこの口内を激しく刺激したのであります。また食いたい!

ゴーハワイの時代から見てくださってる



滋賀県は守山からお越しのヒグチ親子です。なんと娘さんは16歳にして14回目のハワイ上陸やそうです。すげっ。お父さんと弟くんは今回これなかったみたいですけど、毎年家族旅行で来てはるそうな。ええですなあ。ちなみに、お母さんも娘さんも、モーハワイが「ゴーハワイ」という名前やった時代(それって1999年のこと)から見てくださってました。本当にありがとうございます。

名古屋天白区から



名古屋は天白区からお越しの澤村一家です。天白は「てんぱく」とお読みするんやそうです。知らなくてすいませんでした。お父さんは、現在とあるフォークリフトの会社で事務職をやってはりますが、もともとは神戸は有馬温泉のご出身やそうです。まじですか! 奥さんも大阪は都島のご出身やそうです。お二人とも、ばりばり関西ですやん! こういう場合、娘さんの言葉は何弁になるんやろう?(未確認です)

マフラー斗山



朝一番でオフィスを尋ねてきてくださいました、愛知からお越しの斗山さんです。これで「とやま」とお読みするそうです。え、これはどこの苗字ですか?
「熊本です。親父が熊本出身でして」
おお、かっちょいい。ちなみに、お勤め先はトヨタ関係の会社なんですけど、そこはなんと「マフラー」を中心に扱ってるのだとか。しょうがないので、マフラー斗山と命名させていただきました(なんでやねん)

ヤンガー拓巳、今年こそ



赤羽からお越しのヤンガー親子です(お母さんは、恥ずかしいとおっしゃって写られませんでした) ヤンガー拓巳は去年「立て!立つんだジョー!!」に出てくれてます。去年は自力で立てなかったので、今年は自力で立つことに挑戦です。ちょっと人見知りのヤンガー拓巳。今からシンゴ21に連れられて出発します。がんばれよ!ヤンガー拓巳!

KAMボウル閉鎖



城東区体育会系夫妻と晩飯を食いにいきました。途中で、城東区体育会系夫が言いました。「KAMボウルも閉まっちゃいましたしね」 ええ? え? KAMボウルが閉まった? ええええ? それはいつのことですか? 「6月やったかなあ。編集長が日本で療養してはる時ですね」 それは知らなかった!っていうか、ウチの編集員たちは何をしとるのだ。というわけで、肉眼で確かめるためにKAMボウルまで行ってきたのであります。果たしてそこには、廃墟となったKAMボウルがあったのでした。なんだか哀愁。