アーカイブ: 2007年1月

新橋で



さきほど、チャランボなべと会ってきました。チャランボなべは今、新橋で働いています。で、新橋でランチを一緒に食べてきました。久しぶりのオフィス街でのランチです。なんとも懐かしい感じ。雑居ビルの地下へ降りていったら、良質な和食屋さんがありました。あ、すいません。お店の名前忘れました。で、950円のマグロ丼をいただきました。おいしかったです。ううむ、これじゃ情報にもなってないなあ。チャランボなべが情報を捕捉してくれるのを待つしかあるまい。

生む機械



厚生労働相が女性を「子供を生む機械」と言ってしまいました。言いたかったのは、「数が限られてるからがんばらなくちゃ」ってことなんですよね。が、いつしか「女は子供を生む機械だと思ってる!」みたいな取り上げられ方をされて、大騒ぎになってしまいました。明らかに失言やし、叱られてもしょうがありません。でも、必要以上に攻撃する他党議員の姿とか、論点をずらせて攻撃しまくってる某新聞の社説を読んでると、ううむ、このクニは大丈夫なんやろうか、と思ってしまいます。アメリカの力にかげりが見え始め、中東は荒れ始め、そして中国がなんじゃかんじゃと力をつけ始めています。こんなことで騒いでる場合じゃないんやけどなあ。

千葉から



小隊長ムナゾーからメールが届きました。お客様です。
「今日のお客様は千葉からお越しのKUMAKUMAさんです。 ご職業は時間が意外と自由な音楽関係者。よくお一人でハワイにいらっしゃるそうです。今回10回目。モーハワイの記事を見てKAIのファンになり、KAIにも毎回行かれているそうです。今日はお土産に復刻版大正ラガーと、明治ラガーをお持ちくださいましたので、みんなでのみたいと思います」
まじかよ! わしも飲みたい(涙) KUMAKUMAさん、ありがとうございました。

喜多一郎監督



今日は、渋谷のほうまで行っておりました。道玄坂?の近くです。19歳のころ、そのあたりで弁当配達のアルバイトをしてたことがあるんですけど、どこを見ても見覚えがありません。それだけ変わってしまったってことなのか、単に忘れてしまったってことなのか。ううむ。そんなことはどうでもよくて、渋谷までやってきたのは「ライフ・オン・ザ・ロングボート」の喜多監督と会うためです。「南の島3部作」の最終話はハワイが舞台となることが決定してます。で、ハワイの撮影に、モーハワイがどうお手伝いさせていただくか、みたいな打ち合わせをさせていただいたのであります。麻宮美果ちゃんも来てくれてたりして……。おっさん嬉しかったりして…..。

お客さま



メールをチェックしたら、シンゴ21から写真が届いておりました。以下、シンゴ21のメールをそのまま載せます。
■豊中のオバサンがオフィスにやってきました。強烈で、勢いのあるオバサン軍団です。
豊中のオバサン『アロハスタイルにおっきな顔の写真が出てましたね。初めてあんなアップで見ました』
豊中の仲間『ハワイでお仕事してるのに英語が苦手って書いてあったので、謙遜してるのかなーと思った』
■ただ単に英語がしゃべれない事が伝わってなくてよかったですね。
どういう意味やねん(涙)

すながのうなぎ



今夜も北浦和に滞在することになってしまいました。そういえば、北浦和の駅前で「 ecru 」というお店を発見しました。やってるはやってる「モーハ・スタッフの髪を切りたい」の確か10年メグさんが働いてたはず。まだいてはるんかなあ。と、そんなことに気付くほど北浦和しております。いやいや、日中は仕事してるんですぜ。で、「食/日本」のカテゴリーの一番最初に紹介した「うなぎのすなが」にもまた行ってしまったりして。ほんまにこのお店のうなぎ最高です。おいしかったです。

スープカレーとは?



モーハワイの代表「黒幕ニセサノシロウ」は、旅行会社ファーストワイズの社長でもあります。でもって、ファーストワイズは赤坂にあります。本日は、赤坂まで行っておりました。と、「黒幕ニセサノシロウ」がランチをご馳走してくれました(下で紹介してるランチは昨日のです) 「心」という名前のお店の「スープカレー」というシロモノでした。なんじゃそら。出てきたのは、ちっともトロッとしてないカレーでした。具が、カレースープの中に沈んでおります。こんなのカレーじゃ…..あ…..え? 美味い…..それは不思議な食感でした。スプーンでご飯をすくい、カレースープの中につけてから口に運びます。で、ときどきスープの中の具もいただきます。うううう、おいしいかも。いただいたのは、キャベツとベーコンのカレーです。温泉タマゴを追加して1000円ほどでした。

なごみのそば



母親が「昼を一緒に食べよう」と連れて行ってくれたのが、北浦和にある「食事処なごみ」でした。昼間から酒でも飲むつもりか?と警戒したんですけど、果たしてそこは良質なお食事どころでした。わたくしね、エビは好きちゃいますねんけど、野菜天のついたざるそばなんてあります?と聞いたら「ミニ天ザル」というのをオススメされました。1000円くらいやったと思います。ついてきたのは玉ねぎや草もちの天ぷらでした。最高!おいしくて、ほんまになごみました。おいしかった。

さいたま



両親の住む、浦和に滞在しております。両親のもとへ送られてきた手紙を見てあらためて思いました。「さいたま」って何で「ひらがな」にする必要があるわけ? 市町村の合併がすすんでおります。役所の経費がそれで本当に削減されてるならええんですけど、町の歴史とか文化は大切にすべきやと思うんですよね。いやしかし、「ひらがな名前」って、吸収された市町村に気を使った結果なんすかね? そうじゃなくて、単に「親しみやすくするため」とかそういう理由なんすかね?

田舎太郎



小隊長ムナゾーから写真が届きました。おお、この方は!
「編集長。昨日お客様がいらっしゃいました。お名前などは編集がご存知だと思います。マラソンのときにカップのグレープフルーツをお持ちいただいた方です。今回はエキスポをヤッテルと聞いて、見に来てくださったとのこと」
田舎太郎さまではありませぬか。しまった! ワールドウォー2のビデオ借りっぱなしや。太郎さん、すいません、今日本なんです、ごめんなさい。