アーカイブ: 2006年11月

エビ



編集長がハワイ前線に復帰したとたんにお客さまです。やってるはやってる「アロハスタジアムのスワップミート」に出てくださったエビーとその実母さんです。いやあ、あれは2003年でしたよね。そんな昔の話ですかあ(遠い目) 確かエビーさんは埼玉? 昨日まで北浦和におりましたで。

ハワイ前線復帰



ハワイ時間11月29日早朝、ハワイ前線に復帰いたしました。今回の日本滞在はあっと言う間でした。短い時間やったのに、腸炎になるわ、取材は入ってるわで、ちっとも日本を堪能できませんでした。くそ!次回はゆっくりのんびりしてやる!(願望) さて、写真はハワイ前線復帰便から撮った写真です。太陽に向って飛んでいくので、窓の外はあっという間に暗闇から青空に変わっていきました。

東京赤坂



モーハワイ・コムの筆頭株主はファーストワイズというツアーをやってる旅行会社なのであります。旅行会社がバックにいながら随分自由にやってるのね、と、時々言われますけど、そもそも編集長は旅行会社の社員やったわけじゃないので当然です。そんなことはどうでもよくて、そのファーストワイズが、最近、引っ越しました。同じ赤坂の中での異動です。かなり広く大きな事務所になりました。編集長は、今回の東京で初めて新オフィスを見せてもらいました。とてもキレイで感動していたら….なんと! 新オフィスに入ってすぐのスリガラスのところに「モーハワイ★コム」のロゴマークを発見しました! おおお、かっちょいい! 一流企業みたいやん! いつの日か、ここで大きな打ち合わせできたらいいなあ(遠い目)

おやじ



「編集長はよく本を読まれますね」と言われます。いやいや、ウチのおやじに比べたら全然です。この本棚にある本、全部読んだみたいです。いや、この写真の手前にもうひとつ本棚があるし、何度か引っ越してるから、もっともっと読んでるわけです。文庫本で多いのは、司馬遼太郎、松本清張、城山三郎、清水一行、遠藤周作。森鴎外全集とか源氏物語全巻、歴史読本なんてのもあります。似たのね、わたくし。
「小説吉田茂」「実録満鉄事件」「昭和軍閥」
読みたい。
「日本経済新論」「エクセレントカンパニー」「管理行動の実践」
そうか、おやじ、サラリーマンやったもんなあ。
「将棋大観」「日本棋院の定石」
ふーん。
「寄席落語名作選」
え?
「プロ野球全記録」「ゴルフの科学」
ううむ。
「みんなの弓道」
今、弓にはまってるみたいです。

大都会東京



今日は、両親の住んでいる北浦和に泊まります。で、赤坂から地下鉄に乗ったわけですが….ううむ、何回見ても東京の路線図は複雑ですなあ。地下鉄はぐるぐるまわりながら交差してるし(大阪の地下鉄は縦横に並んでて分かりやすい)、JRに乗ったら乗ったで、車内に貼ってある路線図は色がいっぱい。「なんとか線」がいっぱいこなのです。いやしかし、ここには「地下鉄路線図」とか「私鉄各線の路線図」は載ってないわけで、全部の路線を表示したらどうなるんでしょうなあ。もう線だらけか? 恐るべし大都会東京。

古すぎ



寒くなってきたのであります。ハワイから持ってきた防寒具ではどうにもならなくなってきました。いつも着てるジャケットは、前回のハワイに着ていって置いてきちゃったし(置いてくるなっちゅうねん)、サラリーマン時代のコートなんか着たくないし、と、あさっていたら、これが出てきました。懐かしい。10年以上前に買ったNORTH FACEのダウンです。今どき誰も着てないかもしれませんな。でも、着ますでー! これで東京へ!(着て来ちゃいました)

なか卯の….



体調が完璧に回復したわけじゃないのに、またまたこんなもん食べてしまいました。なか卯の牛丼さまです。どうしても牛丼が食べたくなったのであります。吉野家は時間限定やったし、この前食べた時おいしかったと思ったのでなか卯にしたんですけど、今回はちと無念な感じでした。病み上がりやからでしょうか。何かとても甘ったるく感じたのであります。なか卯の豚丼美味かったんやけどなあ(もう、ええっちゅうねん」)

勝ちましたな!



お腹壊してしんどかったのもありますけど、連日、家で大人しく男子バレーを見ておりました。そして今日、決勝ラウンドに進出できるかどうか、という大切な試合がありました。連日見てたせいか、気合入れてみちゃいました。結果は逆転勝ち。ずーっと、「気取ってるなあ、このおっさん」と思ってた監督が、最後に男泣きしてるのを見てちょっち感動。いっつも気取ってるなんて思ってしまってごめんなさい。日本を世界8強入りさせてくださってありがとうございます。日本人が外国人と闘っているのを見て応援してしまう気持ち。この普通の感情を否定しようとする学校の先生がいますけど、やっぱり、それ、おかしい。

ハヤシライス



クスリのせいかもしれないけど、体調がだいぶよくなってきております。昨日もアホみたいに静かにしてましたからね。というわけで、今日はちょっとだけ外出したのであります。佐世保バーガーがあった大日イオンです。で、おいしそうなお店を見つけてしまいました。そのお店は、フードコートの中にありました。フードコートといえば、軽食ばっかりなんですけど、そこはステーキを出しておりました。なんじゃ!? これはぜひ味見したい。けど体調がこれではなあ。やむを得ず、ハヤシライスにしました(似たようなもんか?) 普通のハヤシライスとは違いました。ステーキをオーダーしたときと同じ鉄板の上に乗って登場されたのです。温泉タマゴ付きです。おおお。しかも美味い。ハヤシライスは牛肉とデミグラスソースが決め手ですからね。ステーキのお店だけあって美味いわけです。さて、ちょっとお腹が心配でしたが、半分食べても大丈夫でした(心配やったので半分残しました。今のところお腹は異常なし)

点滴最高



観念して病院へ行きました。もう3日間、水分しかとってなかったので、点滴してもらいました。久しぶりに病室に寝転がって、天井を見上げました。25歳のとき、こうやって天井を見つめていたことを思いだします。あれから14年。拾った命で、随分いろんなことをさせていただいております。さて、点滴は、口からできない栄養補給をするための素晴らしい方法やと思っていました。が、実は違うそうですな。多少の栄養補給はできるものの、メインは水分補給なんやそうで。編集長は、ゲーリーになって水分しかとっていませんが、ゲーリーになってるってことは、その水分も満足に吸収できてないわけで、これはこれで意味があります。ただ、病気になったらなんでもかんでも点滴というのは間違ってるんですって。