アーカイブ: 2006年2月

モーハトップ



パソコンの画面がどんどん大きくなって、WEBサイトの文字はどんどん小さくなってるようです。で、モーハワイはちょっと見難いなあ、との声をいただくことがありました。なので、3月のリニュアルで、ちょっと文字の並びに変化をつけてみようと思っています。その前段階として、まずは、モーハワイのトップページから、リンク文字を示す「アンダーバー」を消してみました。読みやすくなったかなあ、と自画自賛してたら、「なんか寂しい感じ」「たよりない感じ」「見難くなった?」とのメールをたくさんいただいてしまいました(涙)
みなさん、どう思われますでしょうか? よろしければご意見をお聞かせいただけましたら、と思います。ご協力いただけましたら幸いでございます。

中身



「いつも腰につけてるシザーバックの中には何が入ってるんですか?」
とのご質問をよくいただきます。どうでもええことなんですけど、ちょっとご紹介してみたいと思います。まずは重要なものが2つ
■携帯電話
■この写真を撮ってるデジカメ
でもって、常に写真を撮れる状態にしておくために2つ
■デジカメの予備バッテリー
■予備のメモリー
そして、ずーっとこの仕事しててついた知恵で
■USBメモリ(人様のPCからデータをいただくときに使います)
あとは定番の
■スケジュール&メモ帳
■ボールペン
でもって、視聴者の方からいただいた
■東郷神社のお守り
を入れております。

やってもた



ボクは読売、産経、朝日のサイトを毎日見ております。いや、毎日見てるけど、毎日は見てません。そんなことはどうでもよくて。で、どこをどうクリックしたか忘れたんですが、こんなページが出てきました。
「ジャーナリスト宣言。」
捏造記事いっぱい書いて、多くの人々に迷惑をかけてるところなんですけど、そこが、
「言葉は感情的で、残酷で、時に無力だ。」
なんて書いてはります。ブラックな笑いがこみ上げてきました。なんで今(っていうか今年)こんな宣言をしてるのか。しかも宣言の内容が意味不明です。その昔、文章(コピー)の書き方を教えてくれた大先輩が言ってはりました。
「抽象的な言葉を並べても、いかがわしくなるだけでちっとも力強くならない。説得力のある文章を書こうと思ったら、できるだけ事実と情報を並べなさい」
ちなみに、ジャーナリストとは、編集者・記者・寄稿家などの総称なんだそうです。ボクもぎりぎり入るんかなあ? へなちょこやから入らへんかなあ。どっちにしろ、「編集者宣言」なんて書いたら、大先輩に叱られるやろうなあ。

とんぼ返り



オアフ島にもどってきました。結局海には入れませんでした。カバンに忍ばせておいた乾いた海パンが悲しい感じ。いやしかし、ハワイ島というのは、上陸しただけで元気になる不思議な島です。ハードスケジュールやったけど、ちょっとだけ疲れがとれたような、もったいなかったけど、でも行ってよかったような妙な気持ちです。

ハワイ島



マサシさんに呼び出しをうけて、急遽ハワイ島にやってきました。やっぱりハワイ島はええですなあ。でも仕事なのでゆっくりできません。でもって、オアフ島にも仕事があるので、1泊だけしてもどります。ええなあって言われたりしますけど、かなり複雑です。せっかく来たんやからハワイ島の海で泳ぎたい….

君が代



トリノを流しながら仕事をしてたら、フィギュアの中継が始まりました。確か、荒川が勝ったはず、と、仕事を置いて見てしまいました。次々と優勝候補者が転倒する中、なんとも落ち着いた感じで確実に技を決めていきます。コーエン(アメリカ)が舞っているときは大はしゃぎやったテレビの解説者が沈黙してしまい、技が決まるたびに、ため息とともに「すばらしい」と唸ります。そして、アメリカの全国ネットに「君が代」が流れました。荒川、かっちょいい。サブイボが出ました。

ポキ



最近、魚好きなのであります。ハワイのアヒには水銀がいっぱいなんてニュースで流れてても、やっぱり食べたいのであります。で、リエさんにおいしいお店を教えてもらいました。
「教えたくなかったのよ」
もったいぶって教えてもらったのは、とある酒屋さんの中にあるお店でした。$13.99もして、貧乏人の編集長は涙ものでしたが、すんごくずしりとくるアヒポキなのでありました。とても美味しかったのですが、ローカルのお店にありがちな難点がひとつ。やや甘い感じ。

カウアイ島からの便り



やっとカウアイ島ボケから開放されたのであります。で、べしべしオアフ島3の資料作りを必死になってやっておりました。と、そこに、カウアイ島のナイアさんから小包が届きました。なんやろう? 開けるとそこにはキャプテン・スプラッシュ(ナイアさんのだんなさん)撮影の写真がぎっしりつまったCDが入っていたのでした。ああ、ダメ。いけないわっ。そして、見てしまったのであります。カウアイ島の写真たちを。そして、またしてもカウアイ島ボケ状態に陥ってしまうのでありました(涙)

困るなあ



朝、出社したらすんごくいいお天気でした。で、モーハワイのトップページに、雲ひとつない青空の写真を載せました。新型アヤと取材へ行き、昼飯食べて帰ってきてびっくり。一応晴れてはいますが、西の空が雲だらけになっていたのです。トップページの写真をご覧になられた方から、「へなちょこうそつき」と思われてしまいそうなので、こんなところで弁明しておいたりして。上の写真は朝8時。下の写真は午後1時です。うそつきって思わないでね(涙)

モンちゃん



オアフ島はずーっと曇りなのであります。こうなると、カウアイの空が懐かしく、恋しく思えてしまいます。撮ってきた写真を眺めてはため息をつく感じ。と、コイツが出てきました。ニイハウ島に転がっていたハワイアン・モンクシールです。拡大して見てなかったので気づかなかったのですが、こんなに気持ち良さそうな顔をして寝てたんですな。幸せそうやなあ。と、より一層、カウアイ島ぼけが進むのでありました。