カテゴリー:アメリカ本土

エンパイア・ステート・ビルディング / Empire State Building



『エンパイア・ステート』を直訳すると『帝国州』となります。なんだかスターウォーズにでてきそうな名前ですが、この『エンパイア・ステート』というのは、ニューヨーク州の別名というか愛称というかそういうのらしいです。要は、ニューヨークを代表するビルやってことですね。2001年のテロで崩壊した『ワールドトレードセンター』ができるまでは、確かにニューヨークで一番高いビルでした。そして今、新しい『ワールドトレードセンター』が建つまでの間、再びニューヨークで一番高いビルになりました。

わたくし、アホなので高い場所が大好きです。ニューヨークの街を空から見下ろしたい。いやいや、個人的な嗜好だけじゃなくて編集者としても見ておかねばならぬ!と思ってやってきました。が、失敗しました。今日は週末やったのです。実際は週末かどうかは関係ないのかもしれませんが、そう思わないと納得できないくらい人がたくさんいらっしゃってました。セーフティー・チェックで並び、チケットを買うのに並び、そしてエレベーターに搭乗するのに並びました。わたくし、人ごみと行列が死ぬほど苦手です。めちゃくちゃ天気よくて最高の景色を見ることができたんですけど、なんだか素直に感動できませんでした。ほんまにわたくしは偏固なおっさんです(涙)

セントラル・パーク / Central park



昨日一日歩き続けて、足はくったくたになっておりました。今日は歩くのやめようっと。が、今日はホテルを移動せねばなりません。3泊だけの短い滞在なのですが、連泊で予約できなかったみたいです(人任せなので正確な理由はよくわかってなかったりして)

今夜の宿となるホテルを目指してマンハッタン方面を目指しました。マンハッタンといえば、映画『バニラスカイ』にも出てくる公園『セントラルパーク』があります。ううむ、これは一目見ておかねばなるまい。というわけで、かなりミーハーな感じで訪問しました。地下鉄に乗って適当なところで降ります。で、セントラルパークの中へ入ってから後悔?しました。キレイなのです。でもって広いのです。足が棒のような状態なので歩きたくない….でも、見所らしき場所だけは見ておきたい….結局ね、歩きました(涙) 

セントラルパークはまじで広かったのであります。めちゃくちゃしんどかったんですけど、でも歩いてよかった。いろんなものを見ることができました。記事作るのめっちゃ楽しみっす。

※写真は公園南部で見つけたスケートリンクです。近くまでいかないと気づかないくらい樹木の中に埋もれてました。最初は小さいリンクやなあ、と思ったんですけど、滑ってる人の数がすんごいので気が付きました。まわりが広すぎるので、広く見えなかったわけです。うひゃー。

グラウンド・ゼロ / ワールドトレードセンター跡地



ニューヨークへ来ています。ニューヨークへ来たら見なくちゃ、と思っていた場所が3つありました。

一つ目は『自由の女神』です。当時、イギリスと覇権国家の地位を争っていたフランスから送られてきました。そして、送り主のフランスを向いて立てられました。昨今の、アメリカとフランスの衝突を考えると、なんとも滑稽な、あ、いや、そんな話はまあええか。

二つ目は『ブルックリン橋』です。イタリア系マフィアの映画には必ず登場する橋ですね。これについても語ると長くなるので割愛して、三つ目です。2001年のテロで倒れた『ワールドトレードセンター跡地』です。

グラウンド・ゼロと呼ばれていますが、この言葉、本当は『爆心地』を指す言葉なんやそうです。広島、長崎なんかの爆心地がそう呼ばれているんですってね。今、日本で『グラウンド・ゼロ』と聞いてみんなが頭に思い浮かべるのはどっちでしょう。ううむ、なんとも複雑な気持ち…..。工事現場で働くおっさんが、アメリカ国旗をデザインしたヘルメットをかぶっていたのが印象的でした。

ニューヨーク・ヤンキース優勝パレード



リンクUSAの取材のため、ニューヨークへやってきております。ニューヨーク!ニューヨーク! 今日は朝から美術館まで行って、でも時間が限られてるから中へは入らずに(涙)、ブルックリン橋を目指しました。地下鉄です。映画で見る恐いシーンばっかりが頭に浮かんできてドキドキしたんすけど、果たしてそこにあったのは、東京みたいな地下鉄でした。いや、細かいところをいろいろ言えば、東京のほうが機能的かも。合理的なのはニューヨークかもしれんけど。まあ、そういう話は記事に書かせていただくとして….

ブルックリンの橋に一番近い出口で降りると、そこには非日常の空気が流れていました。たくさんの興奮気味の人間が似たような格好をしてうろいついているのです。頭にはNYのマークが入った帽子をかぶっています。ニューヨークヤンキースですね。え?ひょっとして?外に出ると、道路は通行止めになっていました。これから優勝パレードがやってくるというのです。キャー!まじで? なんという偶然! 松井もやってくるんやろうか? わたくし興奮しながらパレードがやってるく方角を探しました。が、そこはパレードがやってくる大通りから何本か離れていました。

大通り方面はすでに通行規制がしかれていて、今からそのあたりに近づけるには住人だけ、みたいな状況になっていました。編集者として、こういう非日常な風景は取材すべきです。でもわたくしは人ごみが超苦手です。取材したいけど、通行規制がしかれていてしょうがない!すぐにこの状況に納得したわたくしは、人の流れと反対になりながら、ブルックリン橋を目指したのでした。

やがて、後方で歓声が聞こえてきました。振り返ると、空から何かが舞ってきます。紙ふぶきでした。今頃、あの下を松井選手が…..

ニューヨーク New York



突然ですいません。リンクUSAの取材で、ニューヨークへやってきました。はい、初めてです。ニューヨークといえば、映画の見すぎのせいか、すんごくキケンな街やと思っていたのですが、いやさ、東京とそっくりですな。いや、東京がマネしたんかな? とにかくじっくり観察してレポートさせていただこうと思っておりますので、ご期待くださいまし。

ちなみに、ハワイとの時差は5時間やそうです。つまり、
15:00■ニューヨーク
10:00■ハワイ
05:00■日本
となるわけですね。はい、時差ぼけで死にそうです。今からちょっと寝ます。

キャンピングカー体験レポーター募集



突然ですいません。モーハワイ日本営業戦闘員営業マンたかしから連絡が入りました。営業マンたかしは、モーハワイだけでなく、全米サイト『Link-USA』の営業活動もやっております。で、今回、レポーター募集をしたいそうです。では、営業マンたかしから送られてきた募集内容をどうぞご覧ください。

■キャンピングカーでアメリカを旅する2週間無料
■モデルコース:グランドサークル1周
ロサンゼルス〜ルート66〜セドナ〜グランドキャニオン〜モニュメントバレー〜レイクパウエル〜ザイオン〜ラスベガス〜ロサンゼルス
■対象外:ガソリン、保険、RVパーク代、修理にかかった費用等を除く
■条件:ロサンゼルス発着
■期間:1月9日〜2週間程度  
■催行会社:Travel Depot, Inc

つまり、ロサンゼルスからグランドキャニオンをまわって、というコースをドライブできるわけですな。うう、行きたいぞ。2週間も留守にできへんしなあ(涙) よし行ったろうやないか!というみなさんは、takashi@mointer.jpまでご連絡くださいまし!

リンクUSAが、リニューアルしております。



モーハワイのハワイの旅本が出て大騒ぎな(うちだけか?)時になんなんですけど、同じ日に、リンクUSAがリニュアルしております。新しいはリンクUSAは、これ、ちょっと他には見ないようなすんごいWEBサイトになっております。aiko ちゃんという、すがっちドットコムの会社の美人システムギャル(どんな言い方やねん)が、どうやってこれ作ったん?というようなページを組み立てています。でもって、体育会系編集戦闘員いけだかが、アメリカ50州を紹介する記事をすべて書き起こしてます。時間あったら見てやってくださいまし。わたくしのレポートもスタートしております。

新しくなったリンクUSA

シアトル国際空港



さきほど、一足早いハワイアンエアラインで、シアトル・たかしが帰っていきました。今日から営業マンたかし復活です。わたくしの飛行機もあと少し。でも、日本まで10時間やそうです。今回5泊で本当によかったです。3泊でこれやったら間違いなく体壊してそうやし(涙) 日本へ帰ったらそのまま赤坂で会議です。で、大阪へもどって、明日の便でハワイ前線に復帰します。さらば、レーニア山!

シアトル国際空港でワイヤレス接続にアクセスしてみました。AT&Tのサービスで、画面は英語ばっかりです。わしはUSしゅんなのじゃ!大丈夫じゃ!と自分に言い聞かせながらドキドキしながらアクセスしました。クレジットカードナンバーをいれ、ぼったくられたらどうしようとか思いながら、なんとか無事に接続完了、ちょっち嬉しくてぶろぐを更新してみたりして。リンクUSA取材で初めての空港からの報告でおざいました。

マウントレーニア Mt.RAINIER



シアトル・たかしが、「絶対にマウントレーニアだけは行きましょう」と言うのです。シアトルの街とか文化は下調べしてましたが、『マウントレーニア』はノーチェックでした。マウン?トレーニア? 何それ? きょとんとしているUSしゅんに、シアトル・たかしは怒ったような顔で言うのでありました。
「何言うてるんですか! あれですよ、あれ!」
シアトル・たかしが指さしたのはクルマのナンバープレートでした。ハワイのナンバープレートには虹が描かれています。あんな感じで、ワシントン州を走るクルマのナンバープレートには、白雪をかぶった山が描かれているのであります。マウン・トレーニアじゃなくて、マウント・レーニアなのですね。そうか、それは見なくてはいけないな。曇り空の中、レーニア山を目指して出発しました。シアトルから南下すること数時間。気がついたら道の両サイドには雪が積もっていました。が、シアトル・たかしは上機嫌&興奮状態です。
「編集長! ここがこんなに晴れているなんて奇跡ですよ!」
果たして、奇跡は続き、雲の中からレーニア山の山頂が姿を現しました。ほんまに、すんごくキレイでした。いやあ、ええもん見させていただきました。

スターバックス1号店



シアトルに上陸しました! ずーっと大自然の中&田舎にいたので、シアトルに近づくにつれ、ちょっとブルーになっておりました。人ごみが苦手やからです。大都会はしんどいなあ。が、シアトルはなんとも人間臭い街なのでありました。巨大なビルの足元は、坂道だらけのでこぼこな土地です。クルマは、信号待ちでサイドブレーキをかけて停まります。はあはあ言いながら坂道を登ってくるのは、黒人のおっさんです。なんか知らんけど、浮浪者もいっぱいいます(理由はわかったので、それはリンクUSAの記事で書きますね) 市場へ行ったらサカナが宙を飛んでるし、アジアなニオイがぷんぷんしています。何より、ここは港町なのであります(へなしゅんは港町好き)

るんるんと歩いていたら、アカペラでR&Bが聞こえてきました。4人か5人のおっちゃんがハモっているわけです。かっちょいい。歌声につられてやってきたら、スターバックスという看板が見えました。うたっているのは黒人のおっちゃんたちでした。
「あれ、スターバックスの1号店っすよ」
シアトル・たかしが教えてくれました。そうか、スターバックスはこの街から始まったんよね。急激に興味がわいてきて、今、この街の歴史についていろいろ調べているところです。