カテゴリー:映画&ドラマ&DVD

Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶



Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶の監督、マツゲンさんからメールをいただきました。
—————————————
東京、大阪、横浜と上映が続き、ハワイへの移民を多く排出した地域としては、広島から上映が始まります。広島での上映は、上映後の質疑応答や私の話が盛り上がり、映画とほぼ同じ時間、実に1時間以上も舞台トークをしていた事になります。

その後、ロビーでも誰彼を紹介等して皆さんでお話をしていたら、そこでも1時間が過ぎてしまいました。広島には、ハワイ島ヒロ生まれのMerry Uemotoさん、マウイ生まれの女性、そして隣県山口の岩国からホノルル生まれのSetsuko Uemuraさんがいらっしゃいました。やはり、広島・山口はハワイ移民を多く排出した県。まだまだ移民の歴史は終わっていません。

しかし、一つ気になる事があります。それは、若い世代の方が殆ど来られなかった事。いくらハワイへの移民を多く排出した広島といえども、若い世代には、もうハワイは関係ないのでしょうか。広島の歴史でもあるのですが。

今後、熊本や沖縄での上映の話も進めています。共に、ハワイへの移民を多く排出した地域です。それらの地域も、広島と同様、若い世代には興味を持たれないのでしょうか。先達の事を考えると、余りにも寂しい想いです。

劇場の後に、Merry上本さんと、昨年夏のハワイ島での上映行脚でお世話になったハワイ島ヒロの「Hawaii Japanese Center」の本田教授のお母さまと一緒に、広島中心部にある「コナ・スタイル・オブ・アロハ」でランチを摂りました。

以下は、今後の上映インフォメーションです。

・4月27日〜5月3日 広島横川シネマ 13:50〜
http://yokogawa-cine.jugem.jp/

・5月23日(木)神戸朝日ホール 14:00〜17:30
 第1部:高木ブーさんをゲストに迎え、ハワイアン音楽ショウ
 第2部:映画上映後、松元の舞台挨拶
 料金:3500円
 主催・問い合わせ:中けい子ウクレレ音楽事務所 電話:090-4410-7416

・6月2日 東京都文京区民センター 3-A会議室 18:00〜21:00
 料金:未定
 主催・問い合わせ:ハーラウ・ケ アラオカマイ
http://kealaokamaile.jp/index.htm

・6月16日(日)八王子東急スクエア11階
 学園都市センターイベントホール 10:00〜12:00
 料金:一般1500円 中学生以上大学生まで1000円
 主催:レイデイ・ハワイデイ実行委員会 080-3128-2056/aloha@yun.name

・6月22日(土)〜 熊本デンキカン 詳細未定
—————————————
写真は、広島での上映の様子やそうです。

『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』上映情報



マツゲン監督からメールが届きました。
————————————-
今回は、東京、大阪、横浜、そしてボクの地元である鎌倉での上映の情報をお送りします。宜しければ、是非とも皆さんにお教えください。「ヤッテルハヤッテル」で11月に442のクラブハウスを訪ねた記事を読みました。

★日系人部隊のおじいちゃんに会いたい

シャーリーンさんやビルさんも元気そうで嬉しくなってしまいました。その記事の女性も、大阪やったんですね。来てくれると良いなぁ。それでは、上映情報は次の通りです。
————————————-
■ドキュメンタリー映画『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』上映情報
————————————-
・2月16(土)・17日(日)北鎌倉 ツドイ(各日2回 11:00/15:00)
料金:1800円(茶菓子&1ドリンク付き)※子供料金の設定はありません。
http://dopodomani.jp/schedules/867

・2月23日(土)〜 渋谷 UPLINK
料金:一般1500円 学生1200円(平日学割1,000) シニア・UPLINK会員1000円
http://www.uplink.co.jp/movie

・3月2日(土)〜 大阪 シネ・ヌーヴォ
料金:一般1500円 学生1200円 高以下シニア会員1000円 前売券1200円(劇場窓口他にて発売中)
http://www.cinenouveau.com/coming/coming.html

・3月9日(土)〜 横浜 ジャック&ベティ
料金:一般1500円 大専1200円 小中高シニア1000円
http://www.jackandbetty.net/lineup.html
————————————-
日本でも反響あるといいですね!

遠い昔の柴又



執筆活動がひと段落し、週末がやってきて、ほっと一息つきました。本日、ダブルブッキングしちゃってちょっと大変やったんですけど、なんとか終了いたしました。久しぶりに早くから自由時間ができました。どうしようかな。よし。男はつらいよを見ようっと。

見るべし男はつらいよ



仕事が終わって、ニュースをチェックしようと思ったら、『三崎千恵子さん死去』という文字がいきなり目に飛び込んできました。え、誰やったっけな。この文字に見覚えが。っていうか、すんごく懐かしい感じが…..

クリックしてそれが『おばちゃん』であることを知りました。そうか、寅さんのオープニングで見る名前です。これで、車家はみんないなくなってしまいました。御前様は『男はつらいよ』シリーズが続いてる最中にお亡くなりになられました。タコ社長も寅さんをおいかけるようにお亡くなりになりました。人間は遅かれ早かれ死にます。わかっていても寂しいです。

飲み屋でバイトをしている時に、飲みにきた警察官が言ってたのを思い出します。
核家族化の一番の問題は、死が遠くなったこと。人は、身近な人間の死を見ることで命の尊さを知る。現代人は死を知らなさすぎる。そして恐ろしいことを平気でするようになった。
いつまでも年をとらないサザエさんもよくない、と。確かに。

おばちゃん、ご冥福をお祈りします。寅さん見ようっと。

ツインピークス



クリスピークリームのことを書いてたら、おいしいドーナツが食べたくなってきました。まずは日本のミスドが頭に浮かびました。つづいて、今はなきハワイ島のデイライトドーナツを思い出しました。おいしかったんすよね。で、カウアイ島に同じ名前のドーナツ屋さんを見つけて…..あ、この前のカウアイ島取材で訪問するのを忘れてました(涙)
くそ、次回は絶対に行かねばならぬ!

で、ドーナツのことを考えてたら、ツインピークスにたどりつきました。一昔前にはやったドラマですね。なんともすっきりしない終わり方をしたせいか、今でも気になって仕方ありません。っていうか、作り話なのにいつまでも気になるというのは、よっぽど人物や背景の設定が人間くさかったってことでしょうか。

こういう時って、ふと気がついたりするんですよね。そういえば、ツインピークスの舞台となった町って、ワシントン州じゃなかったっけ? 慌てて調べます。わたくし、リンクUSAの取材でワシントン州の田舎町を訪問したことがあるのです。その時に見た風景が似てるような似てないような(今頃気づくなっちゅうねん)

撮影場所は、『スノクァルミー』という町でした。なんと、営業マンたかしと行った『マウントレーニア』よりも、シアトルの近くでした。くそ、行けばよかった! っていうか、シアトルは数ヶ月前にも息子たちを連れて行ったばかりです。うううう。

442/フォーフォーティーセカンド



ドンキホーテへ買い物へ行った時に衝動買いしたDVDです。もう3ヶ月以上も前のことやったと思います。噂に聞いていたんですけど、まだ見ていませんでした。っていうか、日本から何人かの方がコピーして持ってきてくださっていました。が、すいません。お土産にいただいたのに見れてないDVDが50枚ほどありまして、もう、どれがどれかわからない状態です。そんなこんなで、自分で金を出して買えば、もったいないから見るに違いない!と思って買ったのです。が、やっぱり見れなくて3ヶ月が過ぎていたのでありました(号泣)

今日は動画の編集をやっておりました。で、出力を待つという空白の時間ができました。今日は休日です。こんな時しか見れないに違いない!というわけで、会社のパソコンで、動画の出力を待ちながら見始めました。

442というのは、第二次世界大戦中、日系人で構成された米軍の連隊ナンバーです。彼らの活躍をとりあげたドキュメンタリー映画でした。わたくし、やってるはやってるなどで、何度か日系人部隊の取材をしています。そこで知った点の情報が、どんどんつながっていきます。すばらしい。まだ半分しか見れてないんですけど(動画出力が終わったため)、これは見るべしな映画やと思います。っていうか、編集がすんごく上手くて、めっちゃ勉強になります。後半もなんとかして見なくては!

ターミネイター4 Terminator Salvation



ハワイは3連休でした。メモリアルデーです。戦没者を弔う日で、建国以降戦争ばっかりやってるアメリカには必要不可欠な記念日なわけですが、それを書いてると長くなるので置いといて、昨日、息子と映画を観てきました。いやあ、仲良いですなあって言われますけど、学校へ行き始めたら相手なんかしてもらえなくなるはずで、今だけでしょうなあ(遠い目) そんなこともどうでもよくて、ターミネイター4を観てきました。特に観たかったわけではなく、英語になれるために、ハワイの映画館でも行っとくか?みたいな軽いノリででかけました。

ちなみに、息子はハワイの映画館へ入ったことはあります。まだ小さくて、長期滞在をしてた頃です。『スパイキッズ』やったから、英語がわからなくても楽しく観ることができました。大人の映画はどうかな?(っていうかわたくし自身も半分以上意味わかんないんすけどね)

さて、ターミネイターです。わたくしは前3作は観ておりました。息子も2と3は観ていました。二人とも、『3はひどかったな。あれはおもろくなかった』という見解で一致しておりました。あれが4でどうなるのか? 4はまったく違う配役になっているらしいぞ。興味をそそられて入ってみました。

期待してなかったのがよかったかもしれません。ここ数年で観た映画の中で一番おもしろかったかも。日本ではまだ上映されてないんでしたっけ?

死について



この前いただいた爆笑問題のDVDを、やっとこさ観ることができました。この『爆問学問』という番組、かなりおもしろかったです。爆笑問題の二人が、いろんな分野のトップにお話を聞きに行くという内容です。NHKで実際に放映されてたってことでしょうか? NHKについては賛否両論あるみたいですけど、こういう番組を作らせたら天下一品やと思います。個人的には『新日本紀行』とか好きやったんすよねえ。また観たいなあ。

今回いただいた『爆問学問』には、10話が収録されていました。一番印象に残ったのは、『人間の体はもともと死ぬようにプログラムされている』という話。どんな人間にも必ず訪れるのが死です。わたくし、自慢じゃないですけど、死について考えさせられる機会をたくさんいただいております。で、これを観て、ちょっと書きたくなったので書いてしまいます。

中学生くらいのころでしょうか、『探偵物語』というドラマがありました。主演は松田優作です。最初か最後か忘れましたけど、『どうせ一度の人生さ♪ 運が悪けりゃ死ぬだけさ♪』という曲がかかっていて、それがすんごくキライでした。人生をなんやと思ってるんや!と思ったわけです。
★ご指摘いただきました。この曲は『俺たちは天使だ』のテーマ曲でした。すんません。

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の冒頭で、竜馬が天から降ってくる岩におびえるシーンがあります。要は、死に対する恐怖心です。これを読んで『すんげえよくわかる』と思ってました。

何度も死にかけて、今、生きていて思うことは、『今、この瞬間を一生懸命生きなくちゃ』ということです。人間、いつ死んでもおかしくないし、ほっといてもいつか死がやってきます。だからこそ、今、この瞬間を思いっきり有意義に使わなくちゃ。運が悪けりゃ死ぬだけさ、も、投げやりになるんじゃなくて、それだけの覚悟で生きるんじゃ!と思って口ずさめば、すんごく腑に落ちる文句なわけです。

『爆問学問』の中に、『哲学』の回がありました。そこでは、哲学とは何か、を検証するために『心とは何か』について話が進んでいました。まったく個人的な感想ですけど、他の9話は全て興味深く見せていただいたんですけど、これだけは、どうでもいいではなく、腹立てながら見ちゃいました。
「そんなくだらんこと考えてる時間があったらマジメに生きろ!」
いやいや、まったく個人的価値観で書いてます。
哲学というものが理解できないし、キライみたいです。
やっぱりわたくしは偏固オヤジやなあ、と思った次第で。

父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers



紫さんからいただいた御土産の中に、DVDが入っていました。
『 Flags of Our Fathers 』
大東亜戦争末期の硫黄島での激戦を、日本と、アメリカのそれぞれの視点から描いた2本の映画のアメリカ視点編です。監督はクリント・イーストウッド。わたくし、2年前の夏に日本視点編の『硫黄島からの手紙』を観させていただいております。めっちゃ考えさせられて、アメリカ視点編も観たい!と思ったまま2年経っておりました。時のたつのは早いですね。じゃなくて。

昨夜、ちょっと時間ができたので観ることができました。やっとです。邦題は『父親たちの星条旗』というのですね。『硫黄島からの手紙』がよかったので、こっちは期待してなかったんすけど、これまためっちゃくちゃいい映画やと思いました。いやしかし、こんな映画を作れて上映できる国が、今も戦争しまくってるんやから、なんちゅうかほんちゅうか。もっと言えば、あそこまで骨のあった国が、今じゃ骨抜きになって、アメリカと中国にいいようにされてるんやから、なんちゅうかほんちゅうか。

っていうか、紫さんさん、ありがとうございました。

爆笑問題のDVD



突然、送られてきたのであります。現在、モーハワイのトップに、カイルアビーチでのカヤック体験の動画が表示されております。本来はやってるはやってるの記事やったんですけど、ユースケZが追いついてなくてまだ記事ができていません。出ていただいたのは、この奥さま二人組でした。で、その奥さまの一人から、箱が送られてきました。あけると、DVDが山ほど出てきました。うれぴー! いやしかし、これって。これ、載せちゃってええんでしょうか? バレちゃいますけど、ええんでしょうか? ちょっとドキドキしながらメールしてみました。しばらくしてお返事が届きました。
「今、だんなさんにブログで紹介したらだめ?と聞いてみたところいいんじゃない?と申しておりました。なのでいいんじゃないかしら?」
まじですか! でも、びびって、それ以上は書かないわたくし…..