カテゴリー:ホノカアボーイを勝手に応援する会

ホノカアボーイ、ならぬ寝屋川ボーイ



ホノカアボーイの先行試写会にご招待いただけたことから、思わず鼻息を荒くして『ホノカアボーイを勝手に応援する会』なんてコーナーを作ってしまいました。が、時間がたち、ネタもつき、ああ、どうしたもんんか….と思っておりました(正直に書きすぎやっちゅうねん)

と、突然、こんな写真が送られてきました。かゆりさんって方からです。一緒に写ってるのはマサシのツアーの山ちゃんですね。っていうか、山ちゃんの家の階段ですやん、これ。

「ホノカアボーイを意識して写真撮ってみました。かゆりは本名です。本国を含めどこの国の方も私の名前をまともに発音してくれません(涙) 生まれは(山ちゃんと同じ)寝屋川です。育ちは鹿児島。毎年ハワイ島に通うようになって10年くらいになります。今回は2ヶ月滞在しました。明後日帰ります(号泣)」

…..やっぱり、このコーナー、そろそろ終了か?

その昔、ホノカアには、鉄道の終着駅がありました。



取材で、『食べ放題!まきの茶屋』へお邪魔したときに気がつきました。テーブルに昔のポスターが描かれています。『まきの茶屋』さんの発案ではなく、もともとここにあったテーブルやと思いますが、ポスターはいずれも、ハワイ旅行をPRするようなものばかりでした。『まきの茶屋』さんは、アロハタワー・マーケット・プレイスという場所にあります。今じゃ、ツアーなんかで最初に連れて行かれる場所としてしか認識されてなかったりしますが、ここは飛行機が登場するまでハワイの玄関でした。移民たちもここから上陸しました。そんなこんなで、このようなテーブルがあるんでしょうけど、ここで紹介したいのはその話ではありません。それらのポスターの中に、ハワイ島を描いたものがありました。多分、ハワイ島の観光PRポスターやと思います。

カイルア・コナからワイコロアに抜ける19号線がまだ存在しません。もちろん、そこからHAWIへ抜ける270号線もありません。ハワイの幹線となる鉄道が見えますが、カイルア・コナとはまったく関係ないあたりを通っています。当時のカイルア・コナは、今ほど栄えていなかったのです。

鉄道はヒロとホノカアを結んでいます。ヒロはハワイ島で一番大きな町です。そこを出発した鉄道が、ホノカアまでやってきていました。前にも書きましたけど、ホノカアはハワイ島で2番目に大きい町やったんですよね。歴史を知ってると、こういう絵を見ても楽しめちゃったりするんですよーということをご紹介したくて書いちゃいました。

ホノカアボーイを見て、移民史に興味を持ったみなさまへ



ホノカアボーイが上映されたみたいですね。いやあ、もう一回見たいなあ。
「勝手に応援って言ってますけど、本当は宣伝活動なんでしょ」
みたいなメールをいただくことがあります。違います。映画からは、ほんまに一銭もいただいてません。書きたくて書いてます。移民史に興味があるから、いろんなことを感じて書きたくなるんやと思います。今までも書いてきましたし。
「移民の歴史に興味が出てきました。何から勉強すればいいですか?」
わたくし勉強が大嫌いでした。興味のないものを頭に入れることほどつらいことはありません。なので、勉強しろなんて書けません。が、ヒントならお教えできるかも、というわけで、わたくしが大切にしてる1枚の写真をご覧いただきましょう。

あちこちの記事で使いまわしてるので、ご覧いただいたことがある方もいらっしゃると思います。べしべしハワイ島にも載せさせていただいてます。ハマクアコーストは19号線沿いにある、『ラウパホエホエトレインミュージアム』で撮ったものです。写真というか、データが書かれています。左から
■移民を送り出した国
■初めての移民がハワイに上陸した年
■1909年までに何人が上陸したのか

これを見て感じることは人それぞれ違うと思います。自分が興味を持ったことから調べてみるってのはいかがでしょうか。例えば、
■なぜ日系人が一番多くなったのか
■日本と沖縄が別カウントされているのはなぜか
■白人の移民もあったのに今目立たないのはなぜか
■今、フィリピン人はすごく多いのに、この表では少ないのはなぜか
■それぞれの国の移民が、なぜそれぞれの年にはじまったのか
■どうして1909年までのカウントなのか。

書いたらキリがないですね。でも、調べたら面白いですよ。

ホノカアボーイ、本日ロードショーですよね?



モーハワイのリニュアルでバタバタしてて、ホノカアボーイの応援をするの忘れてました。日本では本日ロードショーですよね。観に行かれた方の感想、早く聞きたいです。めっちゃ楽しみ。さてさて、写真は、2009年2月22日に『ホノカア・ピープルズ・シアター』で撮ったものです。映画が終って、観客総立ち拍手の中、映写室脇のベランダ?からビーさんが現れました。他の出演者もいらっしゃったのかもしれませんが、まわりの観客の口からは、「あ、ビーさんだ!」という声しか聞こえませんでした。この映画、圧倒的にビーさんの印象が強いかも。いや、「ビーさん=ホノカア」で、ホノカアという空間が印象に残る映画かもしれません。

ホノカアの風景



「ホノカアボーイを応援する会って言いながら、ネガティブなことばっかり書いてるじゃないですか!」
とのご指摘メールをいただいてしまいました。ネガティブなつもりはないんですけど、すいません。というわけで、今日は、キレイなホノカアの風景をご覧いただきましょう。ハワイ諸島は、どの島も、島の北側がえぐれ気味です。冬になると大波がざっぱんざっぱんぶつかってくるし、偏西風で雨風にさらされっぱなしだし。ハワイ島もそうです。ホノカアからヒロまでの『ハマクアコースト』の人が生活しているエリアは、海からかなり高い位置にあります。さとうきび畑も、高い位置に広がっていました。さとうきび畑はなくなってしまいましたが、当時と似たような風景は今も眺めることができます。水平線が大地の上に見えるこの風景は、はるか昔から変わってないんですよね。

移民労働者たちがどう扱われていたかがわかる写真



ホノカアボーイを勝手に応援するといいながら、映画からどんどん脱線していっています。すいません。でも、今回も超脱線します。ホノカア在住日系移民『後藤潤がなぶり殺しにされた事件』について、sakich さんがコメントくださってます。
「しかし、いったいどのくらいの感情になったら、なぶり殺した後に電柱にぶら下げられるのか…」
これは、当時の移民労働者の立ち位置というか認識のされ方というか、そういうのがわからないと理解できないと思います。わたくしの手元に、『SUGAR TOWN』という1冊の本があります。日系人 Yasushi Kurisu さんが、プランテーション時代のことを書いてくださってる本です。中に冗談のような写真が載っていました。ハマクアコーストでの移民労働者の送迎?シーンです。

A■上陸地点
B■大型船から沿岸までの送迎ボート
C■上陸する移民労働者

このあたりの沿岸は、波も高いし、岩場やし、しょうがないのかもしれません。けど、家畜じゃないんやし….(涙)

マラサダ Malasadas TEXドライブイン



ホノカアボーイに、マラサダというパン菓子が登場します。揚げドーナツです。ホノカアのマラサダといえば『TEXドライブイン』の名前がすぐにでてきます。が、マラサダと聞いて、オアフ島はレナーズ(Leonard's)と同じものを想像してはいけません。『TEXドライブイン』のは、レナーズのよりも大きいし中身もつまってる感じです。わたくしは、1個食べたらお腹いっぱいになります。

さて、マラサダはハワイ名物になっていますが、もともとハワイにあったものではありません。ポルトガル移民が持ってきました。ウクレレもポルトガルの民族楽器『ブラギーニャ』から派生したって言われてますよね。ポルトガルからの移民たちも、さとうきびプランテーションで働くためにやってきました。
1852年 中国人
1868年 日本人
1878年 ポルトガル人
3番目に古い移民です。が、彼らは白人だったので、労働者というよりも、現場監督って感じやったみたいです。楽器を弾き鳴らす余裕があったし、揚げパンを作ってくれる奥さんをつれていました。日系移民との待遇も雲泥の差やったみたいです。

高山なおみさんは、写真家・高山モトムの…..



ホノカアボーイの中で、たくさんの料理が登場します。ビーさんが、玲雄に作ってくれる料理です。その料理を監修?されたのが、高山なおみという料理家?さんです。本もいっぱい出していらっしゃるすんごい方なわけですが、なんと、モーハワイにカベガミ写真をご提供くださってる、写真家高山モトム氏の妹さんです。兄、モトムさんにしたら「妹のほうがすごいから気まずい」ということなんですけど、いやいや、ステキな兄妹さんです。この試写会にもいらっしゃってたそうなんですけど、しまつーた。ご挨拶できませんでした。っていうか、相手にしていただけないかもしれませんけど(涙)

そうそう、この『勝手に応援する会』はコウコクなのですか?とのEメールをいただきました。いや、コウコクであれば、モーハワイのコンテンツにさせていただきます。あくまで、わたくしが勝手に応援させていただいてます。オバマ氏を勝手に応援する会とまったく同じスタンスでございます。

もうひとつ、『わたしは原作はすばらしいと思ったけど、映画はイマイチだった。編集長は本当にいいと思ったのですか?』とのEメールもいただきました。いやあ、こういうEメールをいただくことになるかもなあ、と思っておりました。歴史好きのわたくしが、『ラストサムライ』を見たときに感じてしまった感情に近いんやと思います。わたくしは『ラストサムライ』を見て、史実があまりにも違う!と鼻息を荒くしてしまったわけですが、『ホノカアボーイ』原作ファンの方は、原作とイメージが違う!と鼻息を荒くしてしまわれたのでしょう。

正直に書きます。原作の主人公は、とても特別な環境にある方だと思います。いろんな意味で恵まれています。映画は、その部分を目隠ししてくれてます。特別な男の子を、普通の男の子に見せてくれています。なので、玲雄とビーさんの心の交流を素直に感じることができると思います。ハワイ島の、ホノカアのステキな風景を、素直に受け入れることができると思います。

というわけで、わたくしは、原作を読んだ後の今も、映画支持派?です。

マライア 長谷川潤 ママはハワイ島の Naturalist Guide



2月22日、ホノカア、ホノカア・ピープルズ・シアター。エンディングの音楽が流れ始めると、会場は歓声と拍手の渦につつまれました。お客さんは総立ちです。両手を頭の上へ持っていって、スクリーンへ向かって、映写室へ向かって、いつまでもいつまでも拍手を続けるのでありました。ジーンと感動していると、マサシのツアーの山ちゃんの姿を見つけました。なぜか、関係者席に座っています。映画が始まる前、チケット余ってないかなあ、とウロウロしていたのに….。しかも、家族全員連れてるし…..。
「しゅんさん、長谷川さん、紹介してあげようか。ヒロでガイドしてる人」
エコツアーをやられてる長谷川久美子さんですね。ぜひ紹介してください。
久美子さんのWEBサイト/ハワイ・ネーチャー・エクスプローラーズ
「あの長谷川潤ちゃんのお母さんやでー」
え! あ、長谷川! そうやったんすか! と、なぜか、山ちゃん一家と長谷川久美子さんを一緒に写真を撮ることになり、デジカメを構えました。そこに、長谷川潤ちゃんが飛び込んできてくれました。あうっ。嬉しいかも(モーハワイ動画をご覧いただいた方は、わかっていただけると思いますが、役の中だけじゃなくて、素も明るくて素直でかわいいロコガールなのであります)

構図的に、山ちゃんの奥さんがあぶれちゃって、こんな写真になってしまいました。すいません。山ちゃんは、潤ちゃんのお父さんではありませぬ。っていうか、そんなことはどうでもよくて、故郷に錦を飾ってくれた娘を、眼を潤ませながら見つめる長谷川久美子さんの姿に、何度もジーンときちゃったわたくしでございました。

吉田玲雄 岡田将生



ホノカア・ピープルズ・シアターについて、最初に眼にとまったのが、主役の彼でした。吉田玲雄を演じた岡田将生。すらっとしてて、赤いシャツを着て、ポケットに手をつっこんで、チンピラのような歩き方で。テレビ局の撮影隊でしょうか。カメラや、音声のスタッフが機材をもったまま彼のまわりを移動します。他にもいろんなスタッフがいて、とにかく彼を中心に、大の大人がだだだーっと動くわけです。わたくし、いい年をしたおっさんなので、まずは反感を持ちました。若いクセに! 演技じゃなくて、どうせ顔で選ばれたんちゃうか! が、映画を観させていただいて、素直に謝りました。他の役者さんだったら、こういうほんわかした雰囲気は出なかったかもしれない。この映画は、倍賞千恵子大先生の存在がすんごく大きいわけです。が、岡田将生の存在は、ひょっとしたら同じくらい大きいかもしれない。わたくし、単純なので、一気に好感を持ってしまいました。

オアフ島へ帰ってきたら、アロハエクスプレスが届いてました。そこで初めて、原作者、吉田玲雄さんの写真を見ます。どわっ、めっちゃ男前やし。
★写真左が原作者吉田玲雄。右が吉田玲雄を演じた岡田将生くん。
力強くて男くさい感じ。吉田玲雄さんが吉田かばんの息子であることも知りました(それまで知らんかったんかい!) でもって、後から原作を読んで、またまた岡田将生という役者に興味を持ってしまいました。調べたら、ここんとこ、立て続けに5本の映画で主演してるんすね。すげえ。でもって、なんと、岩井俊二がプロデュースしている『ハルフウェイ』という映画にも主役で出ているではないですか。すげえ。

あ、原作者の吉田玲雄さんも、ちょい役で映画の中に登場します。これがまた、岡田将生くんと対照的な感じでおもろいです。