関西支社にインターネットチームができました。
スタッフは3人だけという小さなチームです。
世の中はまだ「インターネットって何?」という時代でした。
1年働いて、ボクが受注したWEBサイトは3社だけ。
「あのチームは遊んでいる」と、陰口をたたかれてるのも知ってました。
が、ボクがチームを任されることになった翌年には、
会社がインターネットにシフトし始めます。
インターネットチームは、WEBサイト制作ではなく、
顧客へのインターネット啓蒙を行う仕事を担うことになります。
営業同行が増え、企業の社長・採用担当者を集めての
インターネット勉強会も行われるようになりました。
勉強会でボクは、毎日、スーツを着て講師をしていました。
(今からは想像できんけど)
メインでなくなったとはいえ、WEBサイト制作の仕事は時々入ってきます。
そういう場合、インターネットチームは、外部の協力会社へ仕事をふります。
その仕事を請けようと、いろんな会社が売り込みにやってきました。
まだ、WEBサイト制作を本格的にやってる会社が少ない時代です。
妙な会社が多かったです。中に、ポルシェのネクタイをした男がいました。
初対面から男は飛ばしていました。
「まいどっ、すがっちでーす」