■最初にことわっておきます。戦争がいいか悪いかなんてのとは、別の次元の話です。
■フィリピンのミンダナオ島に、何故旧日本兵がいたのか、わからない人が多いそうな。当時、フィリピンはアメリカ領でした。ベトナムはフランス領、インドネシアはオランダ領。マレーシアに、オーストラリア、ソロモン諸島など太平洋の島々はイギリス領土。アジアは、帝国主義国家に蹂躙されていたのです。有色人種で初めて近代国家として立ち上がった日本を、帝国主義国家群は経済閉鎖で追い込みます。A(アメリカ)B(イギリス)C(中国)D(オランダ)包囲網ってやつですな。日本は、これら帝国主義国家の領土となっていたアジア各国で戦いました。旧日本軍が、この戦争を「大東亜戦争」と呼んだのはそのためです。戦後、アメリカの検閲がはいり、日本の文書から「大東亜戦争」という言葉は徹底的に削除されます。かわりに使われたのは「太平洋戦争」という言葉。
■太平洋戦争だと
太平洋=ハワイ=真珠湾で、日本の真珠湾奇襲が引き立ちます。
■大東亜戦争だと
大東亜=植民地アジアで、列強のアジア侵略が引き立ちます。
日本のために命をかけて戦ってくれた人を、もっと大事に扱うべきです。もちろん、日本で余生を送ってるおじいちゃんたちも含め。