金城武主演の「不夜城」という映画がありました。新宿で暗躍する中国マフィアの話です。当時は、新宿のことを「眠らない城」って例えてるわけね、と思っておりました。ハワイへやってきて、チャイナタウンが漢字で「中国城」って書かれているのを見て、初めて間違いに気づきました。中国語の「城」は、日本語の「城」とは意味が違ったのです。外からの侵入者に備え、昔から中国の「まち」は城砦化していました。「城」は「壁で囲まれたエリア」であり「まち」を指す言葉になったのです。いや、なったというか、そもそもそういう意味というか。中国では、今でも地方へ行くと、集合住宅のような「城」つまり「まち」があるそうです。というわけで、「不夜城」は「眠らないまち」なんですな。