題名■戦後・歴史の真実
版元■扶桑社
著者■前野徹
っていうか、わし、こんな本ばっかり読んでるなあ。さて、出版されて文庫本になってるということは、多くの人がこの本を読んだということなのでしょう。この本を絶賛している石原慎太郎も、東京都知事をやってるってことは多くの人が支持しているからなのでしょう。「歴史の真実を体感した人」たちは、まだまだたくさんご存命だし、いろんな人が日本を憂いているのに、何故か日本は変わらない。なんでかねー。