モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2005年6月

カハラマンダリンホテルのイルカ



カハラマンダリンホテルで飼われているイルカです。

シャンプした瞬間なので、ちょいとボケててごめんなさい。
サンデーブランチでおいしい料理をたくさん食べた後の後、ガーデンに出てイルカを見てぼ〜っとするのが幸せ

ヨスジフエダイの写真を追加します



今日はいつもより早めに起きてしまったので、ヨスジフエダイの写真追加~。
こっちの方が群れっぽいかな?

小さい魚は身を守る為に群れで泳いでいます。
オーロラの様な動きがきれいですよ。

ヨスジフエダイの群れ(マウイ島)



このお魚 4本のスジがあるので、ヨスジフエダイという名だそうです。
なかなかきれいですよね~。

後ろに写っているのはサンゴです。ハワイは透明度も高くサンゴも大きいです。
(写真はもちろん こだちゃん撮影)

エビさんっ!!



エビさん どこにいるか、わかりますか?

エビさんは岩などに逆さまになっているそうです。
スキューバを始めてから、知ったオマヌケな私でした

マウイ島でのダイビング



マウイ島の「ファーストカテドラル」というポイントです。(こだちゃん撮影)
海中から海面を見た写真です。

海中散歩の楽しみは、人それぞれです。
フィッシュウォッチ、地形を楽しむ、水中カメラ撮影、大物狙い、マクロ狙い。。

私は ただただ無重力感覚を楽しみます。
早く潜りた〜い

ヒーリングストーンって?



ヒーリングストーンって言うからには、何かに対して癒しがあるのでしょうね。
という事で調べてみたら、やはり病気や怪我が治る石なんだそうです。

先に申し上げますが、私には霊感はありましぇんっ。
でもね。石の前に立つと暖か~い空気の圧力が感じられるのです。なじぇ?
そのうち 手のひらもビリビリしてきたりして・・・・
 ひぇ〜 これってしゅんさんの言ってた「マナ」かしら。
そう言えば膝の痛みも軽くなっているかも

霊感ゼロの私でもこんなに感じられるなんて。。
う〜む やはりハワイってパワースポットだったのね〜。

 

WAHIAWAのヒーリングストーンへ行きました。



皆さんご存知 へなちょこしゅんさんの本「行くべしオアフ島 見るべしオアフ島http://www.catchbon.jp/smg/cb/shop/goods/detail.aspx?goods=012268」の49に「バースストーンズ」が紹介されています。

昨年6月の渡ハの際、バースストーンズやヘイアウに興味を持ったこだちゃんが行きたいとのこと。
そこでナビ専門(恥ずかしながら車の免許を持っていかったりして・・)の私は、地図でバースストーンズに行く道を調べていました。
そうしたらすぐ手前に「ヒーリングストーン」の文字が。これは行かねばなるまいっ。

ヒーリングストーンは、同じWAHIAWAの街にあります。
バースストーンが道の途中にぽっかり現れるのに対して、ヒーリングストーンは住宅街の中にあります。まるでどなたかの庭先の建物かな?と思ってしまうくらい ひっそりとたたずんでいます。

ワイキキから向かう場合 KAMEHAMEHA HWY とCALIFORNIA AVEが交差したところを左折し、スピートを落として、右側に注意していけば見つけられます。
白い祠のような小さな建物と写真の看板が目印です。

プロフィールの写真をアップしました。



モーハブログが始まってから2週間。
プロフィールの写真をどうしようか、迷っていました。

モーハブログ仲間の皆様を拝見すると、それぞれ工夫なさっていますね。
う~む どうしよう。
ペットの方もいらっしゃったので、私も以前飼っていたジャンガリアンハムスターの写真にしてみました。

Kマートで売っていた緑色のハムスターフードが大好きな「チビ」でした。
今は天国で遊んでいる事でしょう。。

スノーケリングで使えるカメラを買いましたっ!



最近ウォータープルーフのカメラが出ていることは知っていました。
でもプール程度で、塩分が含まれている海では無理なのかと思っていた所、会社の同僚が最近買ったカメラは「海でもOK」だそうな。。
うっ 惹かれますな~。 という事でチェック。

そのカメラはPENTAX OPTIO WPというもので、1.5mまでの水中撮影であれば、ハウジング無しでOKだそうです。お値段は45000円位。
なかなかのお値段ですな~。

今まではハワイのロングスかスーパーでハウジング付き使い捨てを買っていました。でもお魚さんの動きは早く、「何を撮ったっけ??」というものも少なくありません。
でもその点 デジカメならチェックして消せるので、安心してバシバシ撮れますよね~。

スキューバダイビングを楽しもう



私はハワイでスキューバダイビングと出会い、そのままダイビングを楽しんでいられるのは体験ダイビングで「パシフィックアイランドスキューバ」(以下PIS)にhttp://www.pacificislandscuba.com/出会えたからだと思っています。

ダイビングショップにも色々あり、相性が悪くて体験ダイビングでもうダイビング自体懲りてしまったという話も良く耳にします。I
私は日本では決まったショップに属さず、旅行先のリゾートでのみダイビングを楽しむ、いわゆる「リゾートダイバー」なので、今までグァム・サイパン・ハワイ・オアフ・マウイ・セブ島・沖縄・伊豆で計10箇所位のショップにお世話になりました。

その中でもPISはレベルがダントツ1位です。
何のレベルか・・といいますと、何と言っても”人”そして”器材”です。

まず”人”ですが、予約のレスの速さは天下一品ですね。
やはり早めの返信をもらえると安心感が高まりますし、HPで予約状況が確認できるのもうれしいです。
それからもちろんTAIZOさんはじめインストラクターの皆さんのレベルの高さです。
TAIZOさんは気さくで楽しい態度でダイビングの大敵 緊張感を和らげて下さいます。(これ大事)またJimさんなんてインストラクターの試験官 ”エグザミナー”ですもんね ファンダイビングのガイドなんて、光栄過ぎますっ。

そして”器材”は海中での命を預ける物。
でも何せ高価なものなので、減価償却まで時間がかかるのかもしれません。でもちょっと大丈夫?というものもレンタルされたりしているショップ見かけます。

その点PISはメンテが良く、新品同様のものが多く、安心してレンタル出来ます。
器材をそろえた今でもPISは安心して借りる事が出来ます。(自分の器材があるなら、持ってけ という声が聞こえそうですが・・(^^; )

写真は以前PISのファンダイブでマコトさんに連れて行って頂いた、ハナウマ湾の(ウィッチーズブルーに向かう途中)です。