モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2014年8月

Coffee Galleryのキャロットケーキ♡


今回のハワイでは、ノースに行くのはやめておこうかなと思ってました。
だってバスで行くの、とても時間がかかるんですもの…。

でも、ハワイに着いてからやっぱり行っておこうかなと思い直し、#52のバスに乗ってハレイワへ
わかっちゃいたけど遠かった~ (*_*)

マツモトシェイブアイスのあたりで降りて、ふらふらと散歩しながらここまで来ました。

IMG_5339
すでに13時くらいになっていて、何か食べたいけどガッツリって感じじゃないし、
どうしようかな…。

そうだそうだ! 前回気になっていたアレを食べよう~。

IMG_5341
ってことで、Coffee Galleryへ。

IMG_5343
奥にイートインスペースがあるっていうことは知ってたけど、こんなに広くてちゃんとしたところだったのね。
なかなか居心地良くて落ち着けそうです。

IMG_5342
食べたのはこちらのキャロットケーキです
うふふ、やっぱり見るからにおいしそう~。

さっそく食べてみると、最初はスパイス(シナモン)が強くて苦手なタイプかなって思ったんですが、
食べているうちに不思議とクセになっちゃう感じの味。
上にのってるクリームチーズと一緒に食べると最高~ (*^-^)b

これは、今までワタシ的にナンバーワンだった、Rose Bakeryのキャロットケーキを超えたかも。
といっても、そんなにたくさんキャロットケーキ食べたことないんですけどね…。

でも、これを食べるために、時間がかかってもまたハレイワに行ってもいいなあと思えるおいしさでした~

Down to Earthのチーズケーキ♡


前回の記事でDown to Earthの話題が出たので、ついでに。

ここのチーズケーキが、私はハワイで一番好きかも。
チーズケーキファクトリーのも好きだけど、ちょっと大きすぎるし、お値段もね…。

IMG_5314
今回買ったのはこれ ↑
ホワイトチョコレート・ラズベリー・チーズケーキ

ホテルに持ち帰って、夕食後のデザートに。

IMG_5315
見た目は地味だけど、おいしかったですよ~。
ぜいたくを言えば、もうちょっとラズベリーが多めに入ってたら最高なんだけど。

Down to Earthのチーズケーキで他に以前食べたことがあるのは…

マンゴーチーズケーキ→ コチラ
ブルーベリーチーズケーキ→ コチラ
などなど(写真撮ってないのもある)。
しかし振り返ってみると、私いつも同じようなこと書いてるね…。

そういえば、このチーズケーキを買った時、こんな袋に入れてくれました。
IMG_5312
かなりしっかりした厚手の紙袋なんだけど、これで本当に保冷になるのかなあ?
でも、あまり効果なかったとしても、ペンギンの絵がかわいいから許せちゃうかも。

IMG_5288
おまけで、こちらはDown to Earthで買った、ブルーベリースコーン。
DHMGのをイメージして買ったんだけど、クリームチーズは入ってませんでした…。
(「クリームチーズ」とはどこにも書いてなかったので、私が勝手に思い込んだだけなんですけどね)

でも、こっちのほうが、「スコーン」らしいとは言えるのかも。
口の中の水分もっていかれる系です。
だからコーヒーに合う~

 

アサイーの次はピタヤっていうけど…?


昨年くらいから、スムージーとか売ってるお店にやたら貼られてたPitayaの販促ポスター。
アサイーの次はピタヤなの?と、なにやら策略めいたものを感じましたが、
まんまとつられてみました(笑)。

ピタヤっていうのは、ドラゴンフルーツのことですね。
これ↓ です。
IMG_1834
サボテン科の果実だそうです。
品種によって果肉が白いものと赤い(濃いピンク)のものがあり、赤いほうが甘みがあるとか。

日本ではあまりなじみのないフルーツかな。
台湾に行ったときに時々食べるけど、少し甘みと酸味があるくらいで、さっぱりしていて、
見た目のインパクトからすると味は地味めな印象です。

それがピタヤボウルとなったらどうなるのかなあ?とちょっと興味アリ。

IMG_5325
私がピタヤボウルを買ったのは、こちらの Down to Earth です。
Down to Earthっていうのはオーガニック食品などを扱ってるスーパーで、
オアフ島に4店舗、マウイ島に1店舗あります。

私がいつも行くのはモイリイリ地区のS.King St 沿いのお店。
店に入って左奥にデリとかスムージーとかを売っているコーナーがあって、
そこでアサイーボウルやピタヤボウルも作ってもらえます。

IMG_5289
お店の2階というのかな? ロフトみたいになっているところにあるイートインスペース。
今回、たまたま誰もいなかったので写真を撮ってみました 

IMG_5291
イートインスペースから下の売場を見たところ。
ホールフーズと似たようなタイプのお店ですが、こちらはかなりのんびりとした空気が流れている感じがします。

IMG_5322
んで、これが肝心のピタヤボウル。
パッと見た目はアサイーボウルと変わりませんね。
(昨年、ここでアサイーボウルを食べた時の記事はコチラ

IMG_5324
でも、中のスムージーはこんなに鮮やかなピンク!
蛍光色?と思えるような毒々しさ(笑)。

そんな見た目のイメージに反して、味はさっぱり。
アサイーボウルと結構似ている味なんですが、多少薄味で酸味がある感じかな。
私は甘めが好きなせいか、ちょっと物足りない感じがしてしまいました。
サッパリめが好きな人には合うのかも?

うーん、私は…次回はアサイーボウルでいいかなあ…。
いやいや、他のお店で食べてみたらまた印象が変わるかもしれません。
しばし判断保留ってことで

モーハワイトップページに…!


モーハワイ☆ブログでブログを書かせてもらいながらも、
普段あまりモーハワイのサイトって見ないんですが(ゴメンナサイゴメンナサイ…)、
今日ふとトップページを開いてみたら、私のブログが紹介されててびっくり ∑(゚Д゚)
(※もう今は更新されてるので載ってません)

モーハTP
(小さくてわかりにくいですが、黄緑色の矢印の部分)

しかし、カテゴリーが「おもしろブログ紹介」となってますが、そんなコーナーあったんですね。
ていうかその前に、たいしておもしろくもないブログなのに、紹介していただいてありがとうございます

ひと味違う?アサイーボウル


ハワイに到着して一番最初に食べたのは、やっぱりアサイー。

機内食を食べてからまだそんなに時間が経ってなくて、おなかはあまり空いてない。
だけど、なにか食べたいなーというときに、ワタシ的にはちょうどいいのです。

IMG_5266
今回お初のアサイーは、宿泊したサンドヴィラホテルに近いHawaiian Crown Plantationというお店。
確かKCCファーマーズマーケットにも出店していて、数年前にそこでカットパイナップルを買ったような覚えがあります。

クヒオ通りとカイウラニ通りの交差点近く、気を付けていないと通り過ぎてしまいそうな店構え(実際通り過ぎちゃいました…)。

IMG_5264
お店のディスプレイを見てわかる通り、パイナップルメインのお店ですから、アサイーボウルにもパイナップルがたっぷり。
トッピングだけでなくスムージーの部分にもパイナップルがブレンドされているようで、
今までに味わったことのないフルーティーな味がしましたよ。

アサイーボウルって、ベリー系とブレンドしていることが多いような気がするので、
パイナップルというのはちょっと珍しいかもしれないですね。

おいしいのですが…でも私は一般的なタイプのほうが好きかな(あくまで個人的な感想です)。
ひと味違ったアサイーボウルが食べたいなぁと思うことがあったら、試してみるといいかもしれません。

IMG_5265
アサイーボウル以外に、スムージーも何種類かありましたが、おいしそうでしたよ。
でも、小さなお店で物販がメインのようで、イートインスペースは2~3席しかないので、
多人数の場合はテイクアウトになっちゃいますね。

まだ初日だったのでおみやげ購入モードではなく、買うまではいたりませんでしたが、
ドライパイナップルやチョコレート、コーヒー豆などを売っていて、なかなかおみやげに良さそうでしたよ~。

クリオウオウ・リッジ・トレイルに行ってみた…その5(最終回)


クリオウオウ・リッジ・トレイルシリーズもとうとう5回目。
思ってた以上に引っぱってしまい、自分でもちょっと飽きてきてたりして… (^_^;)
でも、いよいよ頂上ですよ!

IMG_5517
End of Trail!

(しかし、落書きがひどい…)

山頂の向こうには、登ってきたほうとは反対側の海が見えています。

IMG_5525
これはワイマナロビーチ~。

IMG_5518
右を見ると、マカプウ方面。

IMG_5521
左側はべロウズビーチ~ラニカイのモクルア・アイランズが見えてます!

IMG_5527
今まで見ていたのとはまた違った角度からなので、なんだか新鮮。

しかし、とても高いところから撮っているので、私の安コンデジではかなり無理がありました。
しかも山頂はとても風が強く、カメラを構えるのも大変ということもあり…。
残念ながら、実際のきれいさをまったく伝えきれてません…。

本当はもっともっとも~っとすばらしい景色なんですよ~。

IMG_5522
看板のとおり、端まで行ってみると、かなり険しい崖。
危険です

IMG_5523
ギリギリ大丈夫なところまで行って、写真を撮ってみました。
(私は高所恐怖症ではありませんが、結構怖いのでしゃがんだ状態で撮っています)

IMG_5520
振り返ってみると、頂上の手前でも見えていたココクレーター&ハワイカイ。
頂上に上がってしまうと、手前の山の木がかぶってしまうのですね。

IMG_5528
条件が良いと、モロカイ島、ラナイ島、そしてマウイ島まで見えることもあるようですが、
このときは水平線あたりがもやっちゃってますね~。

いやでも、この景色でも十分満足なので、ぜいたくは言いません。

Photo12
ダイヤモンドヘッドも、クレーターの形がくっきり見えてます。
この角度も、なかなか見ることないよねぇ。

オアフマップ
前出の地図を改めて見てみると、本当に地図のとおりなんだなーということがよくわかりますね(当たり前だけど)。
印の山頂から、山でさえぎられている西側は除いて、ほぼ270°近くまで見渡せるんじゃないでしょうか。

絶景好きさんにはぜひオススメしたいトレイルコースです

ちなみに私の場合ですが、トレイル入口から頂上まで1時間40分くらいかかりました。
途中で写真を撮ったりしているので、そんなに速いペースではないと思います。

難易度(というより疲労度?)的には、ずっと炎天下で階段続きのココクレーターと比べれば、
こちらのほうがかなり楽な感じがしました。

イメージとしては、ココクレーター>>>クリオウオウ・リッジ・トレイル>>>>>>>ピルボックス・トレイルって感じでしょうか(あくまで個人的な感覚です)。

IMG_5532
絶景を堪能したら、あとは来た道を戻るだけ。
上から見てみると、最後の階段、結構急だったのね…。

下りは感覚的には楽でしたが、足元が悪くて下りにくいところもあったので、
結局1時間30分くらいはかかったかな。

全体の所要時間は、頂上にいた時間も含めて3時間半ほど。
(バス停からトレイル入口までは含めず)

帰りのバス停までがまた一段と遠く感じたりして…。

IMG_5542
炎天下のバス停で待っているのもつらい…。
それほど待たずに来てくれたのでよかったけど。

 

さて、今度はどんな絶景を見に行こうかなぁ~。
思うにこれ以上難易度の高いところは、もう一人だと無謀すぎるので難しいのかなと。

無謀だとわかっていながらも、気になっているのは、バスでカイルアへ行くときにPali Hwyから見える、
やたらとんがってる山。Olomana Trailというんだそうで。
しかし、絶景なのは確かだけど、ほぼロッククライミング状態のところもあって毎年滑落者が出ているらしい…(怖)。

もうひとつ、Haiku Stairs Trail (通称 Stair way to heaven 天国への階段)というところがあって、
画像を見て驚嘆したのだけど(気になる方は検索してみてください)、残念ながらもうずっと閉鎖中のよう(たぶん危険なので?→ と思ってたけど、ハイカーが近隣住民に迷惑を引き起こしたのが主な理由と書かれているサイトがありました)。
閉鎖中でも、監視の目をくぐり抜けて踏破を試みる人も少なくないようですが、さすがにそこまではね…。

どなたか、クリオウオウ・リッジ・トレイルと同程度の難易度で、
比較的バスでアクセスしやすい絶景スポットをご存知でしたら、ぜひぜひ教えてくださいませ。

クリオウオウ・リッジ・トレイルに行ってみた…その4


トレイルコース入口から、山の中を歩くこと約1時間15分。
IMG_5489
木の根っこがゴツゴツしてて、ちょっと歩きにくいですが、
前を行く人を見失わないように、がんばってついていきましょう

じつはこの後の道はとてもわかりやすいので、迷う心配はほとんどないのですが、
このときはそれがわからなかったのでちょっと不安だったのです…。

IMG_5490
すると、こんな不思議な、自然にできたと思われるゲートが。
なにか神秘的な感じ。

ここを過ぎるとすぐに、高い木がなくなって、視界が一気に開けてきます。

IMG_5491
それはつまり、日差しが照りつけるということ。
暑い…だけど、鮮やかな緑がとてもきれいで目にまぶしいです

IMG_5506
さらに最後の20分ほどは、一昨年登ったココクレーターを思わせる階段続き。
もうちょっとで頂上に着きそうなのに、なかなか着かない…。

IMG_5509
この階段には、PLEASE USE STEPS HELP PREVENT EROSION MAHALO と書いてあります。

IMG_5533
そういえば、植生保護のために靴底をゴシゴシするブラシが設置されてましたが、
ブラシが劣化しちゃってて役立たず…。

それはさておき…。

トレイル全体からすると短い距離ですが、最後のきつい階段上りをがんばれば、
素敵なごほうびがもらえますよ~

IMG_5497
おぉ~ あれに見えるはココクレーター!!
あそこに登るのはすごく大変だったけど、こうしてみると小さくて楽そうに見えるなぁ。

IMG_5504
視線を右にずらすと、ハワイカイの街も見えてますよ~。

IMG_5492
そしてさらに視線を右(西)に向けると、連なる山並みの向こうに見えるのは…?

IMG_5516
あれはもしや…?
まだわかりにくいので、もう少し拡大してみましょう。

IMG_5512
そうです! これダイヤモンド・ヘッドですよ。
ワイキキの高層ホテル?もチラッと見えてますね。

位置関係はこんな↓ 感じです。
(iPhoneでパノラマ写真を撮ってみました)
パノラマ3

パノラマ1
(↑ 画像をクリックすると大きくなります)

さらに登っていくと、切り立った崖の向こうに、マカプウのラビットアイランドが見えてきました。IMG_5515
右のほうにココクレーターも写ってますが、改めてこういう地形だったんだなということがよくわかり、
おもしろかったです。

ここまではまだ頂上手前、なのにこのすばらしい景色。
頂上ではいったいどんな絶景が?!

(つづく)

クリオウオウ・リッジ・トレイルに行ってみた…その3


バス停から徒歩約40分(トイレ休憩含む)、やっとスタート地点に到着です。

IMG_5459
しかし、トレイル入口前の道にはトレッキングに来ている人の(?)車がたくさん路駐されてましたが、
この時点でまったく人は見当たらず、ひっそりしています。

それもここへ来るにあたっての心配のひとつで…。
道がわかるのか? ちょっと不安。
まさか遭難することはないでしょうけど…。

IMG_5461
不安ながらも5分ほど歩いていくと、道が二手に分かれるところに↑ の看板。
なになに? Public Hunting Areaとか書いてありますよ。

ハンティングやってるところなんて危ないから入っちゃいけないんじゃないかと思い、
もう一方の道へ進んだんですが、その先には水道局の施設(小屋?)みたいのがあって行き止まり。
ハンティングエリアに入っていくのが正解でした。

IMG_5535
そしてまた5分ほど行くと、今度はこの↑ 看板。
落書きが激しくてわかりにくいんですが、右に進むと、クリオウオウ・リッジ・トレイル、
左に進むとクリオウオウ・ヴァレー・トレイルと示されています。

今回行くのはリッジ・トレイルなので、右に行きますよ。
ちなみに左のヴァレートレイルは上級者コースとのことなので、間違えたら大変です…。

Kuliouou Trail
グーグルマップで見ると、このトレイルコースはこんなふうになってます。
(黄色い星がトレイル入口、ピンクの星が頂上)

ちょっと見にくいのですが、尾根に出るまではひたすらジグザグしながら登り続ける感じ。
山の中なので日差しがないのは救いですが、当然景色も見えないのでちょっと退屈です。
でも気持ちを切り替えて、森林浴気分で歩いていきましょう~。

IMG_5463
傾斜はさほどないのですが、こんなふうに石がごつごつして歩きにくいところが結構あったりします。

IMG_5471
こんなところや…

IMG_5475
こんな道も。
ひたすらジグザグ。

このあたりからやっと、下山してくる人と時々すれ違うようになりました。
ワンコの散歩の人多し。

でも、登っていく人は前にも後ろにもいないんですよね。
不安だから誰かについていきたいのに。

IMG_5476
途中から生えている植物の様子が変わってきたりして、興味深いです。

IMG_5481
何箇所かちょっと道がわかりにくいところがあったんですけど、
上の写真のように、木の幹に目印のリボンがつけられていたりします。
必ずあるってわけじゃないけど…。

一度なんか盛大に間違った方に進んでしまって、ちょうど近くで休憩していたグループの人たちに、
頂上に行くならこっちよ!と教えてもらったりもしました。
教えてもらえてよかった~。

IMG_5534
そして、トレイル入口から約1時間、この休憩処(?)に到着。
別に景色がいいとかってわけでも全然ない場所なんですが、せっかくテーブルとイスがあるので、
座ってしばし休憩。

IMG_5485
小休止の後、再び歩き始めると、やっと前方に頂上に向かう人たちを発見。
(私が追いついたってことかな?)

道に迷うのは嫌なので、見失わないようについていかねば!

(つづく)

クリオウオウ・リッジ・トレイルに行ってみた…その2


さてさて、前記事で無事に目的のバス停で降りられたので、
そこからトレイルコースの入口まで歩いていきましょう。
バス停のあるKalanianaole Hwyから、山側へ上っていくKuliouou Rdへと入っていきますよ。

クリオウオウトレイルマップ
バス停(青い星印)から、黄色い線のように進んでいきます。
(ピンクの星印がトレイルコース入口)

IMG_5451
ただ、Kuliouou Rdはこんな感じの普通の住宅街なので、歩いていてもあまりおもしろくはないです。
並んでいるお宅をジロジロ見るのもなんか悪いですし…。

IMG_5537
でも途中、こんなシャワーツリーのきれいなところもありましたよ。
この時期のハワイはお花がきれいでいいですね。

IMG_5453
バス停から20分くらい歩いたところにあるこの公園(クリオウオウ・パーク)にはトイレがあります。
この先トレイルコースにはトイレがないので、トイレが近い人(=私)は行っておいたほうが安心です。

こういうところにあるトイレは…と覚悟して行ったのですが、意外や意外、外のトイレにしてはかなりきれいでした。なんと、トイレットペーパーもありました(いつもあるのかはわかりませんが)。

IMG_5457
Kuliouou Rdを道なりに進んでいき、行き止まりになる手前をKalaau Plのほうへ右折します。

ここまで来ると、目の前にコオラウ山脈がかなり大きく見えてきます。
あれを登るのかぁと思うとやや不安に。

IMG_5458
Kalaau Plを歩きつつ、振り返ったところ。
遠くに海が見えていて、だいぶ上ってきたことがわかります。

しかし、路駐が多いですねぇ。
停まっている車は、ほとんどトレッキングに行く人のなんじゃないかと思います。
(バス利用者はあまりいないと思うので…)

IMG_5459
そしてKalaau Plの行き止まりがトレイルコースの入口です。
何か手前の貯水場?の標識のほうが目立っちゃってますが、左側にちゃんとトレイルの案内板もありますよ。
(黄色い文字の看板)

ここまで、バス停からトイレ休憩含めて約40分。
ここからがやっとトレッキングの始まりです!

(つづく)

クリオウオウ・リッジ・トレイルに行ってみた…その1


今回の旅行記は時系列に沿って進めようと思ってましたが、やっぱり方向転換。
気分次第で好きな順番に書いていこうと思います

というわけで、ホテルにチェックインしたところから急に5日目にワープします。
その日はトレッキングをしましたよ。
ブログには食べ物のことばかり書いてますが、食べてるばっかりじゃないんです。
(なんか言い訳っぽい? )

毎回ではないですが、トレッキングは今までも何箇所か行ってます。
たとえば2010年には、ベタですがダイヤモンドヘッド。
201009_132

2012年はココクレーター。
IMG_2104

2013年はラニカイのピルボックス・トレイル。
IMG_4322

そして今年行ったのは、クリオウオウ・リッジ・トレイル(Kuliouou Ridge Trail)というところ。
オアフ島の東側に連なるコオラウ山脈の、東南端の山の頂上を目指すトレイルコースです。
標高610メートル。歩行距離は往復約8km。

オアフマップ
↑ この地図上の印のところが山頂で、そこからはラニカイのモクルア・アイランズ~ワイナマロビーチ~
マカプウのラビット・アイランド~ココクレーター~ハワイカイ、そしてダイヤモンドヘッドまでぐるっとパノラマで見渡せるとのこと。


正直言って、私は山登りとかきついのはあまり好きじゃないんです。
だけど、高いところから絶景を見るのが大好き。
このトレイルコースを知ってから1年以上悩んだ挙句、「絶景を見たい」気持ちのほうが勝ったので行ってみることに。

バス派のワタクシですから、もちろんトレイルコースまではバスと徒歩で移動ですよ。

クリオウオウトレイルマップ
↑ この地図の青い星印が目指すバス停(Kalanianaole Hwy & Kuliouou Rd)です。
ワイキキからは#22か#23のバスに乗り、ハワイカイの少し手前なんですが、降車ポイントがちょっとわかりにくいです(目印になるようなものがないので)。
このあたりは地元の人くらいしか降りないからか、アナウンスなしに通り過ぎるバス停があるような?

グーグルマップで現在位置を確認しながら行けば大丈夫かなと思ってたんですが、よりによってそんなときに、
どういうわけか現在位置を示すマークがスタート地点に固定されたままになってしまって確認できず、
やや焦る…。

そろそろかなと思ったあたりで、ドライバーさんにクリオウオウ・ロードで降りたいんですけど~って言ったら、
ちょうどそのバス停にさしかかったところだったようで、ここだよーとバスを止めてくれました。
あぶないあぶない、危うく乗り過ごすところでした。ドライバーさんに聞いてよかった。

IMG_5447
そんでもって、これが降りたバス停。
およそ観光客が降りそうにないところです(笑)。

IMG_5448
ここから、クリオウオウロードを山のほうに向かってどんどん登っていきます。

上の地図だと、黄色い線のように進んで、最後のピンクの星印がトレイルコースの入口。
バス停からは30~40分かかるので、そこまでで既にひと仕事という感じです。
それがこのトレイルコースに行くかどうか悩んだ理由のひとつでもあるんですよね…。

でもまあ今回は行くと決めたので、とにかく前へ進みましょうか

(つづく)